未分類」カテゴリーアーカイブ

菜食主義は大腸ガンの予防に役立つのか?

菜食主義は大腸ガンの予防に役立つのでしょうか。便秘は、大腸ガンにも悪影響を与えるのは周知のとおりです。英オックスフォード大学の研究者による有名な調査では、菜食主義者のほうが非菜食主義者よりも、心肺血管障害やガンの発症が少ないことが指摘されています。

その後、同じチームによっておこなわれた大腸ガンに関する研究結果が2004年に発表されています。この調査は、菜食主義者4653人(男性1597人、女性3056人)、非菜食主義者6345人(男性2565人、女性3780人 を17年間にわたって追跡したものです。いずれの群も、調査開始時の平均年齢は3歳で、17年後の平均年齢50歳の時点で大腸ガンの発症に差があるかどうかを調査しました。

結果は、菜食主義者の群で大腸ガン発痛者は4653人中39人(0.84% )、非菜食主義者の群では63 45人中56人(0.8% )でした。この数値では菜食主義者のほうが大腸ガンの発症率がやや低いのですが、優位な差は認められません。

この調査では、食材による大腸ガンの危険も調べています。それによると、肉類を食べない群より食べる群のほうで大腸ガンの危険率が高まっています。魚に関しては、1週間に1回以上食べる群よりも、1回以下の群のほうで危険率がやや増加しています。

新鮮な果物を週に10回前後食べている群、野菜も多く食べている群、野菜摂取が多くかつライ麦パンを食べている群で、危険率が低下する結果となっています。結局、この調査では、菜食主義者のほうが大腸ガンになりにくいというよりも、菜食主義者が食べている、肉以外の魚や野菜、果物などの食材のほうが大腸ガン発症の危険率が低下することが明らかにされたといえます。

日頃から食物繊維を意識して摂る習慣が重要です。「がんと闘う植物性食品」も同様の効果からガンを抑制するものと思われます。

さらにガン患者たちに評価の高い野草酵素なども酵素ばかりに目を向けられているイメージですが、実は野菜の食物繊維がガンと闘って勝利している部分が大きいように感じます。野菜や果物などは本来、人間のもつ免疫力を高める作用が強いように思います。
もちろん、肉や魚のたんぱく質も重要ですが、これらは少ない量で十分足りるのかもしれません。大昔には肉や魚を食べる習慣はほとんどなかったわけですからDNA的に消化が難しいということかもしれません。

1日10個食べると効果的「いちご」

いちごはデザイナーフーズピラミッド の「ペリー類」のひとつ。ビタミンCが豊富で、1日の推奨量(ほとんどの人が不足していない量) 100mgを約10粒程度で補える程です。ビタミンCは免疫機能を強固にしたり、発がん物質の生成を抑える役割をもっています。ジャムやジュースにするなど、調理をするとビタミンC が壊れやすいので、生のままで食べるのがおすすめです。

赤い色素成分であるアントシアニン、フラボノイド、ケルセチンなど強力な抗酸化ポリフェノール類が多く、細胞膜や遺伝子を傷つけたり、がん細胞増殖の抑制システムのじゃまをする活性酸素から守ってくれます。食物繊維のペクチンも豊富。腸内の善玉菌を増やして免疫力を高めます。また、発がん物質など有害物質を吸着して排出する役割ももっています。

がん予防、治療にも大きな期待が寄せられている「ビタミンC」 | ビタミン効果にビタミンCのがん抑制効果についての詳細記事があります。

βグルカンががんを抑制「きのこ」

きのこ類にはβグルカンという多糖類(消化しにくい糖質の鎗称で、食物繊維の一種) が多く含まれています。βグルカンは、体本来がもつ免疫機能を高め、白血球の働きを活性化する作用をもつことがわかっています。
そのうえ、がんの発生、がん細胞の分化、増殖を抑える効果、腫瘍の悪性化を防ぐ働きがあるとされています。βグルカンは、ほとんどのきのこに含まれています。

きのこの種類によって少しずつ健康効果が異なるので、種類を変えながら少量ずつでも毎日食べることをおすすめします。きのこ類に豊富な食物繊維は、腸内での発がん物質を吸着して排出させるほか、善玉菌を増やして腸内環境を整え、免疫力を増強する働きもあります。調理する時は、水で洗わずに汚れをペーパータオルなどでふき取るだけにすると大切な成分のロスが少なくてすみます。

霊芝・アガリスク | ガン患者に評判の健康食品