未分類」カテゴリーアーカイブ

ヒスロンH(一般名:酢酸メロキシプロゲステロン)

最も多く使われているホルモン製剤の1つ

製造・販売元
ファルマシア株式会社
対象患者
  • 乳ガン
  • 子宮体ガン(内膜ガン)
用法
錠剤を服用する。
有効率
33.2%(乳ガン)、23.6%(子宮体ガン)
副作用
  • 血栓症(脳梗塞、心筋梗塞、肺塞症、腸間膜血栓症、網膜血栓症、血栓性静脈炎など)
コスト
386,1円
禁忌
手術後1週間以内。脳梗塞や血栓静脈炎などの血栓疾患、または既往歴がある。心臓弁膜症・心房細胞・心内膜炎・重篤な心不全の心疾患がある。ホルモン剤を投与されている。妊婦または、妊娠の可能性のある。ヒスロンHに対して過敏症がある。診断未確定の性器出血、乳房病変のある患者。重篤な肝障害がある。

薬剤名の紹介

ヒスロンHは、乳ガンや子宮ガンのホルモン療法として非常によく使われている薬です。

転移予防もしくは再発予防に使われる

まれに投与中に体重が増えて脂肪肝になったり、血液が増えて多血症になたりして、血栓症をおこすことがあります。血栓性静脈炎や、女性のピルを服用したときに認められるような副作用がありますので注意が必要です。

あまりに脂肪肝が強くなったり、体重が増えたり、血栓症が多い場合には、この薬の使用を中止します。

ヒスロンHは主に、単独で転移予防もしくは手術後の再発予防に使われます。一般的には2年から5年以上、長期にわたって投与することが多いようです。最近ではヒスロンHのほかに、種々の酵素阻害剤を併用する場合があります。

投与中の日常生活

食物に関する制限はありません。ただし、一般にホルモン療法を行っているときには食欲がでます。また、食欲がでない場合でも、栄養の吸収が20~30% よくなり、体重が増えます。したがって、カロリーを制限し、食事量を減らしたほうがよいでしょう。
まれにコレステロールが高くなることがあるので、食事療法が必要になります。脂肪がつきやすくなるので、できるだけ運動したほうがよいでしょう。日光、喫煙・飲酒に関する制限はありません。

ファルモルビシン(一般名:塩酸エビルビシン)

老人にも使用可能な協力な薬剤

製造・販売元
協和発酵工業株式会社
対象患者
  • 急性白血病
  • 悪性リンパ腫
  • 乳ガン
  • 卵巣ガン
  • 胃ガン
  • 肝ガン
  • 尿路上皮ガン
用法
静脈内にゆっくり点滴注射する。肝ガンの場合には、肝動脈内に点滴注射する。膀胱ガンの場合は膀胱腔内に注入する。
有効率
23.5%(急性白血病)、64.3%(悪性リンパ腫)、38.6%(乳ガン)、58.4%(表在性膀胱ガン)など
副作用
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 白血球減少
  • 食欲不振
  • 脱毛
  • テキスト
  • 膀胱腔内注入では頻尿、排尿痛などの局所刺激症状

コスト
7,591円
禁忌
心機能異常またはその既往歴のある患者。ファルモルビシンに対して重篤な過敏症の既往歴のある患者。他のアントラサイクリン系薬などの心毒性を有する薬剤による治療が限界量に達している患者。

ファルモルビシンの紹介

ファルモルビシンは、アドリアシンの類似薬ということで開発されましたが、副作用のうちの心毒性が弱いということで選ばれる場合が多いようです。とくに老人例での白血病や悪性リンパ種によく使われています。

心毒性の危険が強い人に使われる

欧米、とくにヨーロッパでは乳ガンに対して、エンドキサン、アドリアシン、5-FUという薬を組み合わせた治療のほかに、心臓に毒性が少ないという理由から、むしろエンドキサン、ファルモルビシン、5-FUといった薬を使う「CEF療法」がよく行われています。

日本では残念ながら、投与量の一部までしか保険が適用されないために、まだ、普及が十分ではありません。血液系の腫瘍では、心毒性の危険がある人に、ファルモルビシンが使われています。アドリアシンと同じように、点滴のときに血管から漏れますと、強い静脈炎をおこしますので投与中に注意が必要です。

肝臓ガン、膀胱ガンなどで、肝動脈内や膀胱腔内に注入する場合には、時間をかけて行います。30分から60分程度時間をかけます。

静脈内に点滴注射をする場合には、ゆっくり時間をかけながらワンショットで投与をするか、もしくは30分程度時間をかけて点滴をする場合が多いです。最近、24時間かけてゆっくり投与するというような方法も考えられましたが、まだ一般的ではありません。長くかけたほうが副作用が少なく、吐き気が少ないという特徴があります。

与中の日常生活

白血球減少がある場合には入浴をひかえ、シャワーだけにしましょう。食事は、生野菜などの細菌がついている可能性があるものや、納豆、ヨーグルトといった菌が含まれているものは避け、加熱したものを食べましょう。

膀胱内にファルモルビシンを投与したときには、膀胱刺激があるので、人浴や運転、運動などをひかえましょう。。喫煙・飲酒に関する制限はありません。ただし、食欲不振が強い場合には飲酒をひかえましょう。

ダカルバジン(一般名:ダカルバジン)

ホジキリンパ腫もようやく2002年に保険承認

製造・販売元
協和発酵工業株式会社
対象患者
  • 悪性黒色腫
  • ホジキリンパ腫
用法
静脈内に点滴注射する。1回の点滴に要する時間は3~5時間
有効率
24.2%(悪性黒色腫)
副作用
  • 貧血
  • 白血球減少
  • 血小板減少
  • AST(GOT)・ALT(GPT)、Al-P・LDH総ビリルビンの上昇
  • 光線過敏症
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 胃痛
  • ふらつき
  • 蕁麻疹
  • 脱毛
  • 静脈炎
  • 血管痛
コスト
31,062円
禁忌
  • ダカルバジンの成分に対して重篤な過敏症の既往歴がある患者
  • 妊婦または妊娠の可能性のある人

ダカルバジンの紹介

ダカルバジンは、欧米では20年以上前から使用されていました。日本では、悪性黒色腫で保険が承認されていましたが、ホジキンリンパ腫でも2002年3月から承認されました。

できるだけゆっくり点滴することが必要

ダカルバジンは静脈内に点滴注射をするときに、非常にゆっくり点滴をすることが必要です。

量によってもことなりますが、血管痛やアレルギーが多いために、ゆっくり点滴しないと患者さんが血管を痛がるからです。できるだけゆっくり点滴したほうが効果も高く、副作用も少ないことが知られています。およそ3~5時問程度の時間をかけて行うのが一般的です。

ホジキンリンパ腫では標準治療として必ず用いられる薬で、8回投与を行って治療するというのが全世界的に一般的になっています。ただし最近では、若い女性にこの薬を投与すると、20年以上にわたって不妊症になりやすいということが知られてきています。そのため、この薬による8コースの治療を、最近では4コースにしようという動きもアメリカではみられています。

しかしまだ、それが標準化されているわけではありません。ダカルバジンは、ホジキンリンパ腫では標準治療、また悪性黒色腫でも、3剤のうちの標準治療薬として用いられており、必ずこの薬が使われるということになります。

併用する薬の代表例としては、悪性黒色腫の場合には、このダカルバジンのほかに、アドリアシンといった薬、ホジキンリンパ腫では、アドリアシンとブレオマイシン、フィルデシンといった薬で四剤を用いるのが一般的です。将来の見通しとしては、ダカルバジンはまだ標準治療として用いられていますので、十分長い問、将来にわたっても使われることになると思います。

投与中の日常生活

白血球が減少している場合には、入浴をひかえシャワーだけにしたほうがよい場合があります。また、投与直後にふらつくことがあるので、入浴時には注意しましょう。白血球が減少している場合には、食事は生野菜などの細菌がついている可能性があるものや、納豆やヨーグルトといった生菌の含まれているものは避け、加熱したものを食べたほうがよいでしょう。

紫外線にあたると、投与したときに血管痛やアレルギーがおこります。

また、投与後に患者さんの体に紫外線が当たると、光線過敏症がおこることがあるので、注意が必要です。さらに、点滴をした場所の血管が痛むことがあるので、注意しましょう。運転に関する制限はありません。ダカルバジンの投与中は、肺に負担がかかります。問質性肺炎や肺の線維症といった、肺の中が少し固くなるような副作用があとになっておきる場合きつえんがあります。そのため、喫煙は控えたほうがよいといわれています。運動に関する制限はありません。