免疫力を支えるミネラル類が豊富「海藻類」

海藻類は食物繊維が非常に多く、便の水分量やかさを増やして腸の掃除をしてくれます。便秘解消に役立つほか、エネルギーが低いので肥満も予防します。そのうえ、体の免疫機能を支えたり、そのパワーを高めるための栄養成分が豊富です。

セレンや亜鉛、ヨウ素などのミネラル類は、不足すると発がんの可能性が高まる成分も多く、これらは一部のがんへの抑制効果があることが実験でわかってきました。海藻類に特有のカロテン類の一種であるフコキサンチンには、強力な抗酸化作用があり、発がんを促すリスクから細胞を守る働きがあります。さらに、動物実験で腫瘍の増殖が抑えられたことが確認され、がん細胞の増殖速度の低下や停止させる効果によってがんを予防することが期待されています。

海藻といえばフコイダンですが、ガンを消滅へと導くフコイダンでも海藻類の強力な抗がん作用について紹介されています。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.