便潜血検査で陰性だからといって100%安心しない

勤務している会社や自治体の健診で「大腸がん検査」として行われているのが、「便潜血検査」です。この検査を受けて「便潜血が陰性だったから、大腸がんは大丈夫」と安心している人も多いはずです。

急増する大腸がんは40代からが要注意

しかし内視鏡医の専門医曰く、この検査は早期の大腸がんや大腸ポリープの発見には、ほとんど意味をなしていません。なぜなら、早期の大腸がんや大腸ポリープで、便潜血検査が陽性になることは極めて少ないからです。

早期の大腸がんや大腸ポリープは、大腸の管腔に占める大きさがまだまだ小さいため、便が通過する際にはポリープやがんに擦れることなく、便はスルッと通過してしまいます。そのため、出血することなく、便潜血検査では陰性という判定になるのです。

特に、大腸の始まりの部分であるお腹の右側の盲腸部・上行結腸・横行結腸では、便がまだ水分を多く含む状態で、便がやわらかくて固形になっていないため、大腸がんや大腸ポリープに便が引っかかり、出血や痛みなどの症状が出るケースははとんどありません。

逆に便潜血が陽性になるのは、大腸がんがかなり進行して、便のとおりが悪くなるぐらい大きくなっている場合がほとんどです。進行した大腸がんにより狭くなった腸を便が通過する時にがんの表面が擦れて出血し、血がつくようになるからです。大腸がんは自覚症状のないがんの代表ですから、便潜血検査で明らかに出血がわかるような段階では、かなり進行した「手遅れ大腸がん」の状態になっていることが多いのです。

また便潜血が陽性になる原因の大部分を占めるのは、日本人に多い「痔」が切れて便に血がつくケースです。特に内痔核と呼ばれる肛門の内側にできる痔は、自覚症状がないことも多く、検査が陽性になって大腸内視鏡検査を受けてみて初めて痔に気づく人も少なくありません。

早期の大腸がんや大腸ポリープの早期発見は難しいうえに、がんとは関係のないところで陽性の結果が出てヒヤリとする例も多いのが、便潜血検査ということです。なんとなくこの検査を受けているだけで安心しているという人は、要注意だと思われます。

主婦の方で定期健診の機会が少ない方はこちらの自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キットがおすすめです。

This entry was posted in 少しでも早くガンを見つけるために.