Author Archives: malignant-tumor

菜食主義は大腸ガンの予防に役立つのか?

s

菜食主義は大腸ガンの予防に役立つのでしょうか。便秘は、大腸ガンにも悪影響を与えるのは周知のとおりです。英オックスフォード大学の研究者による有名な調査では、菜食主義者のほうが非菜食主義者よりも、心肺血管障害やガンの発症が少 […]

未分類 Leave a comment

大量ビタミンC投与が副作用のないガン治療として定着するか?

s

「ビタミンC」が、がんの治療に活用されはじめました。もともとビタミンCにはガンを抑制する効果が広く知られ「ブロッコリーに含まれるカロチン、ビタミンC 、ケルセチンがガンを抑制」というのは多くの方が知っている知識かもしれま […]

治療の最前線 1 Comment

1日10個食べると効果的「いちご」

s

いちごはデザイナーフーズピラミッド の「ペリー類」のひとつ。ビタミンCが豊富で、1日の推奨量(ほとんどの人が不足していない量) 100mgを約10粒程度で補える程です。ビタミンCは免疫機能を強固にしたり、発がん物質の生成 […]

未分類 Tagged Leave a comment

βグルカンががんを抑制「きのこ」

s

きのこ類にはβグルカンという多糖類(消化しにくい糖質の鎗称で、食物繊維の一種) が多く含まれています。βグルカンは、体本来がもつ免疫機能を高め、白血球の働きを活性化する作用をもつことがわかっています。 そのうえ、がんの発 […]

未分類 Leave a comment

免疫力を支えるミネラル類が豊富「海藻類」

s

海藻類は食物繊維が非常に多く、便の水分量やかさを増やして腸の掃除をしてくれます。便秘解消に役立つほか、エネルギーが低いので肥満も予防します。そのうえ、体の免疫機能を支えたり、そのパワーを高めるための栄養成分が豊富です。 […]

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

発がん物質のだけでなく塩分も排出する「きゅうり」

s

きゅうりは、95%が水分です。カリウムが豊富で、余分な塩分を排出させる働きをもっています。テルペン類のなかでも苦み成分のククルビタシンが多く、発がん物質を無毒化したり、抗腫瘍作用に貢献しています。 ポリフェノール類も含ま […]

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

がん細胞の増殖を抑制する「カリフラワー」

s

カリフラワーはブロッコリーから品種改良されたもので、アブラナ科のキャベツの仲間です。これらの野菜に共通して含まれる抗がん作用が期待できるイソテオシアネート、ポリフェノール類が豊富で、ビタミンC 、食物繊維を多く含んでいま […]

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

発がん物質を解毒する「ブロッコリー」

s

ブロッコリーの先祖はキャベツで、アブラナ科の野菜です。キャベツ同様にイソチオシアネート、ステロール、インドールなど高いがん予防効果が期待される成分が豊富に含まれています。 また、スルフォラファンには、発がん物質を無毒化し […]

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

発がん物質を追い出し免疫力を高める「ピーマン」

s

各色のピーマンには色素成分であるβ -カロテンをはじめとするカロテン類が豊富です。これらは抽との相性がよく、妙め物などにすると吸収がよくなります。 とうがらしの伸問であるピーマンは、辛み成分であるカブサイシンが多く、発が […]

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

加熱によりさらに効果がアップする「トマト」

s

トマトはβカロテンが多く、その強い抗酸化成分が細胞のがん化を防いでくれます。トマトの赤い色は豊富に含まれるリコピンによるものです。 リコピンは、カロテン類のなかでももっとも高い抗酸化カをもち、しかも一部のがんの抑制効果が […]

ガン予防の基礎知識 Leave a comment