投稿者「malignant-tumor」のアーカイブ

20歳以上の女性は年に1度は「子宮頸がん」検査を行う

これは女性に限った検査ですが、20歳以上の女性は、1年に1度は、「子宮頸がん検査」を受けておくと安心です。

「子宮ガン」2つのタイプがある | 健康メモ
https://health-memo.com/2016/06/04/%e3%80%8c%e5%ad%90%e5%ae%ae%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%80%8d2%e3%81%a4%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%97%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b/

子宮がんには、子宮の上部の広い内腔をもつ子宮体部という部分にできる「子宮体がん」と、子宮の下側の細くなっている頸部にできる「子宮頸がん」の2種類があります。

子宮体がんは子宮の内膜に発生するがんです。月経がある年齢の女性では月経によって子宮内膜が定期的にはがれ落ちるため、子宮体がんが発生する頻度は少ないとされていましたが、近年では食生活の欧米化による肥満や月経不順の方の増加などにより若年者にも多くみられる傾向にあります。

閉経後の50〜60代に発症する人が増え、妊娠・出産を経験していない人に比較的多いとされています。一方の子宮頸がんは、ヒトパピローマウィルスというウィルス感染が原因で起こること多いがんです。

20歳代の若年層で発生率が急激に増加して、30~40歳代に発症のピークがありますが、がん検診で早期発見が可能ながんとして知られています。

子宮頸がん検査では、腹鏡を用い子宮頸部を直接観察し、表面の粘膜やおりもの(帯下)の状態を調べます。がんが発生しやすい部位を中心に綿棒やへラ、ブラシで擦り、細胞を採取し顕微鏡で詳細な評価(細胞診) をします。

検査後にまれに出血するケースもありますが、はとんど痛みはありません。細胞診と合わせて、ヒトパピローマウィルスの感染を調べる検査もよく行われます。細胞診で異常がみられた場合は、コルポスコピー(腹拡大鏡)検査で子宮頸部の粘膜を詳細に観察し、粘膜の組織を採取することもあります。

子宮頸がん検査は、一般の産婦人科や女性専用クリニック、健診センターで受けられます。「自宅でできる子宮がん検診」といった自分で行う簡易な子宮がん検査などもありますが、がんが発生しやすい部位から細胞が上手くとれていない場合が多いため、おすすめできません。

細胞診で異常がなく、ヒトパピローマウィルスへの感染もない人では、2~3 年に一度の子宮頸がん検査でいいと思います。しかしウィルス感染がある場合は、1年に一度、・細胞診を継続したはうがいいとされています。検診受診者のうち約1%程度に精密検査が必要となり、精密検査が必要な受診者の中で実際にがんが発見されるのが約10% 近くと高率であることからも検診の重要性がわかります。

子宮頸がんの予防に関しては、ワクチン接種が有効とされています。ヒトパピローマウィルスは性交渉で感染するため、10代前半のうちにワクチンを接種しておくと、その後ウイルスと出会う機会があったとしても、ウィルスの増殖を抑え、ウィルス由来のがん発生は確実に減少します。

性交渉経験が既にある女性への有効性もある程度あるようです。しかしワクチンで予防できない子宮頸がんも存在すること、ワクチン接種によって重篤な副作用を招く可能性があることも忘れてはなりません。ちなみに子宮体がんは、今のところ、効果が認められたがん検診法はありませんが、骨盤MRIや経腱超音波での子宮内膜の評価が発見には有用とされています。

子宮体がんは比較的早期の段階で出血が起こることもあるため、不正性器出血があった時にはすぐに医療機関を受診すれば、早期発見につながります。

40歳を過ぎたら喫煙者、これまでに喫煙していた人は「胸部CT検査」を受ける

男女ともに40歳以上の人で、喫煙者、さらに過去に喫煙歴のある人は特に注意をして、1〜2年に1度の胸部CT検査を受けておきたいものです。

肺がん検査として、もっともよく行われているのは胸部単純X線検査です。この胸部単純X線検査では、一般的に肺がんの大きさがっ品程度の大きさにならないと画像としてとらえにくいという欠点があります。

レントゲン検査は、撮影も簡単ですし、費用も安く大人数をさばく検診などでは大変有効ですが、早期発見という点では適している検査ではないといわざるを得ません。
画像を読影する医師の技量にかなり左右される面がある検査のひとつであり、早期の肺がんはもちろんですが、かなり進行した肺がんですら、できている部位によっては見落としや発見しつらい面が多々あることでも有名ですので、注意が必要です。

肺がんの早期発見に有用とされているのが、胸部CT検査です。CTとは、computerized tomography の略で日本語でコンピュータ断層撮影装置といいます。
これは体の外周からX線を照射し、コンピュータ処理によって人体を輪切り状にした断層写真をつくる画像検査です。CT検査では、単純X線検査では判別できないような小さな病変や、X線では映りにくい部位の異常も詳細に見ることができます。

日本では、肺がんの一次検診にCTを使うケースはまだ限られていますが、米国ではCT検診を年に一度受けることでがんの死亡率が20 %低下したというデータもあります。

今後は、CTによる肺がん検診が増えていく可能性も考えられますが、被ばく量が胸部単純X線検査に比べて多いという点は考慮しないといけない問題だと思われます。

特に喫煙者や喫煙歴のある人、喫煙者のそばにいて副流煙に接する機会の多い人は、人間ドックや検診センターなどで、高分解能CTによる肺がん検診を受けてみるといいと思います。先にも述べたように、PET検査は肺がんの早期発見には適さないので注意してください。

自分でできる!肺ガン検査キット | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める

40歳を過ぎたら大腸内検査も行う

40歳を過ぎたら胃の内視鏡検査を受けると紹介しましたが、同じく40歳を過ぎたら大腸内検査を行うことが早期ガンの発見には必須です。

男女ともに40代以上の人は、数年に一度は「大腸内視鏡検査」も受けることが非常に大切です。検査の頻度は、大腸ポリープや家族内の遺伝の有無など、各人でそれぞれ変わってきます。

大腸がんは胃がんに比べると進行が比較的緩やかであるとされているため、大腸ポリープが検査で見つからなかったような方は検査間隔を徐々に空けていっても問題ないと思われます。

大腸がん検診の検査法として、もっともよく行われているのが便潜血検査ですが、便潜血でわかる大腸がんは前述したとおり、かなり進行した状態のがんであるケースが多いのです。

早期の大腸がんや大腸ポリープの段階で早期発見したいのであれば、やはり大腸内視鏡検査が最適な検査法です。大腸内視鏡検査は、肛門から内視鏡(大腸カメラ) を入れて、大腸の粘膜全体を観察するものです。がんだけでなく、将来がんに変化するポリープなどの微細な病変も、発見できる確率の高い検査です。大腸内視鏡検査も、一般には胃内視鏡の場合と同じように「つらい・苦しい」というイメージが少なくないようです。

検査を受ける人がつらいと感じるポイントは3点あります。
ひとつは、検査の間中、スコープが肛門を刺激し続ける機械的な圧迫感があること。また複雑に曲がりくねった大腸にスコープを通していくには高い技術が必要です。
内視鏡医の技量によっては、S状結腸や横行結腸でスコープをうまく折り畳めず、内視鏡を押し込まれることで、腹部全体を棒で突き上げられるような痛みと圧迫感が生じることがあります。
3つ目は、大腸内視鏡検査では、胃の場合と同様に大腸の粘膜を広げて観察する必要があり、大腸に空気をパンパンに入れるので、下腹部やおへその周辺に不快な膨張感を感じる、ということです。大腸は、150cmほどの長い管がアコーディオンのようにギネッと折り畳まれて70cmほどの長さになってお腹の中に収まっています。

そのため大腸内視鏡検査では、大腸の内壁の襲を十分に広げて、ヒダとヒダの間に隠れた病変まで見逃さずに観察することが重要です。上のヒダを広げるために大腸に空気を入れるのですが、鎮静剤を使わない従来の検査では、この時の膨張感による苦痛が強いため、内視鏡医は短時間で観察せざるを得ず、詳細な診察ができないというデメリットがありました。精度の高い検査を受けるためには、大腸内視鏡検査も軽い鎮静剤を利用して十分に観察ができるタイプの検査を選ぶことが大切です。

さらに、一部の病院やクリニックでは空気の200倍ほど吸収の早い炭酸ガスを使用することで、検査後のお腹の張りをなくす工夫をしています。

また大腸内視鏡は胃カメラよりもより挿入に高い技術が必要になりますので、医師の経歴などを確認し、内視鏡検査・治療を専門にしている医師を受診すると安心です。この検査でポリープやがんと疑われる病変が見つかった時は、特殊染色や拡大機能を利用して詳しく調べます。内視鏡で治療可能と判断した場合には、その場で内視鏡治療を行い切除することも可能です。大腸内視鏡検査は、ポリープがまったくない人であれば2〜5年に一度くらいでいいでしょう。過去にポリープがあった人や家族内に大腸がんや大腸ポリープの有無がある人は、医師と相談して検査の頻度を決めていきます。

どうしても時間がとれない人のための自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キットも活用しましょう。

40歳を過ぎたら胃の内視鏡検査を受ける

男女ともに40歳を過ぎたら、年に一度、胃内視鏡検査を受けることはガンの早期発見には欠かせません。一般的な胃がん検診の検査法には、先にも挙げた胃バリウム検査の他、ペプシノゲン検査、ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査、胃内視鏡検査などがあります。

ペプシノゲン検査というのは、胃の消化酵素ペプシンをつくるペプシノゲンという物質を調べる検査です。この検査は胃の萎縮(胃粘膜の薄さ)の度合いを調べるもので、胃粘膜の萎縮がある人は胃がんのリスクが高いという、間接的に胃がんリスクを推測するものです。

直接的に胃がんを見つける検査ではないので、注意してください。また胃の萎縮が進んで腸上皮化生という状態になると、ピロリ菌が生息できないほど荒れた胃粘膜となり、発がんリスクが高い状態にもかかわらず、ピロリ菌が消滅してしまうことがあります。ピロリ菌の有無だけを調べるヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査も、

ピロリ菌の有無を調べるだけであるため、胃がん検査としてはまったく不十分です。最近、ABC検診(別名/胃がんリスク検診) という胃がんのリスクを血液検査から推察する検診が行われるようになってきています。ABC 検診とはピロリ菌感染の有無とペプシノゲン判定による胃粘膜の萎縮(薄さ)の程度を血液検査で調べ、胃がんになるリスクをAからDに4分類します。その分類でリスクがあると判定された方には胃内視鏡検査による精密検査がすすめられています。

血液検査のみで行えるため手軽ですが、胃がんそのものを見つけることができる検査ではありませんし、一度検査を受けた方はその後の定期検査に用いることができません。あくまで胃がんリスク検診(リ・ス・ク)であって、胃がん検診とは違います。胃がん検診としていかにも胃がんを血液検査だけで簡単に見つけることが可能だと謳っている事業者もいますので注意してください(自宅で簡単にできる胃がん検診などと宣伝している場合もあります)。

胃がんには大きくわけて、比較的悪性度の低い分化型と悪性度の高い未分化型の2つのタイプがあります。ABC検診は分化型胃がんのリスクを判定しますが、未分化型胃がんのリスクは判定できません。未分化型胃がんの割合が半数近くあるとの報告もありますので、胃がんの半数近くが無意味な検査となってしまう可能性があることにも注意が必要です。

胃のがんを調べるのであれば、粘膜を詳細に直接診ることができる胃内視鏡検査が最適です。よく胃内視鏡検査の欠点として挙げられるのは、口から内視鏡(胃カメラ)を入れるのが「苦しい、つらい」」という感覚です。つらいと感じる理由はおもに3点あります。ひとつは、内視鏡が喉の奥から食道に入る時に、「おえっ」となる嘔吐反射が起こること、ふたつ目が喉にスコープが触れている機械的な圧迫感、そして3つ目が胃の内部を観察するために胃の中に空気をパンパンに入れるため、胃の膨張感や突き上げられるような苦しさが生じる、ということです。

最近では、軽い鎮静剤を使うことで、胃内視鏡検査のこうしたデメリットを克服できるようになってきています。検査を受ける人は軽くウトウトした状態で過ごせますし、検査する内視鏡医も胃粘膜の襲を伸ばして粘膜を隅々まで十分に観察できるのが利点です。胃内視鏡検査には、検診などでも多く採用されている「経鼻内視鏡検査」といって、スコープを鼻から入れて食道や胃を観察するタイプもありますが、この場合は鎮静剤を使わないのが一般的で、検査中の患者さんが苦痛からゲップを頻繁にしてしまうことも多くあります。

そのため、胃の中に空気を十分に入れることができずに、粘膜を十分に伸ばした状態での観察がきちんとできないこともありえます。また経鼻内視鏡は、狭く出血しやすい鼻の中を通すためにスコープが細いのが特徴です。先端についているカメラのレンズも小さく、光源も暗いため、解像度が低い暗い画像になり、視野も狭くなってしまいます。やはり検査の精度という点では、口から入れるハイビジョン画像の胃カメラに利点があります。さらに、ハイビジョン内視鏡であれば広い視野で明るく詳細な画像が得られ、観察においても処置においても、性能が格段に高くなります。

また、健診センターなどで行われている流れ作業での内視鏡検査を受ける際にも注意が必要です。多くの検査数を短時間でさばかなければいけないため、あらかじめ検査時間が短く設定されていることが多く、健診契約のお金の関係から、「生検検査などは行ってはいけない」などと制約も多く存在しており、十分な精度という点で注意が必要です。こうした検査方法や使用機器の詳細にっいても、医師や健診センターによく確認して、納得して内視鏡検査を受けることを心がけるといいでしょう。

胃内視鏡検査で胃がんが疑われる粘膜異常が発見された時は、特殊な薬液で粘膜を染色したり、その部分の細胞を採取して顕微鏡で精密検査を行い、がんの有無などを調べます。胃.がんの進行は大腸がんなどと比べると比較的早いとされているため、40歳を過ぎたら胃内視鏡検査は1年に1回程度定期的に受けるべきでしょう。
以前ピロリ菌がいた方や胃粘膜の萎縮や腸上皮化生があるなどリスクの高い人は特に注意して、厳密にチェックしていくことが大切です。

簡易なガン検診の本来の目的まで理解する

なぜこうした精度に疑問があるような検査が自治体などで「がん検診」として広く行われているのかと、疑問に思うかもしれません。

それは、がん検診がなにを目的としているか、ということにその答えがあります。しかし実は、職場や自治体などで採用されている一般的ながん検診は、「ごく初期の小さながんもすべて見落としなく発見する」ことを目的としているわけではありません。

がん検診の対象となるのは、そのがんになる人数が多く、またそれによって死亡する人が多い種類のがんです。そしてがん検診の目的は、検診によってがんの発見を増やし、さらに適切な治療につなげることで、国や集団全体としてがんによる死亡を減少させることです。

つまり、徹底的に調べ上げてがんを見つけだすことががん検診の目的ではなく、極端にいえば、死亡率に影響しないような小さながんは見つけなくてもいい、というのが、自治体などの一般的ながん検診のスタンスです。集団としてのがん死亡率低下が、目指す地点だからです。

しかし、個人の人生でいえば「小さながんなら見つけなくてもいい」とは、誰も思わないはずです。がんが大きくなればなるほど治療にかかる身体的・経済的・精神的負担は大きくなりますし、ステージが進めば生存率も下がります。がんはできるだけ小さいうちにできるだけ初期のうちに発見するに越したことはないのです。

国のがん死亡率がどれだけ低下しても、自分が不幸にもがんで命を落とす側になってしまったら、まったく意味がありません。そう考えると、がんを防ぐためには、精度の高いがん検査を自ら選んで受け、自分で自分の健康と命を守っていく必要があります。

がんの発生が増える40代以降は、きちんとした精度の高いがん検査を受けることをぜひ習慣にしましょう。特に、胃がんや大腸がんといった消化器のがんでは、専門医による内視鏡検査で定期的に検査を受けることをおすすめします。
胃バリウム検査や便潜血検査はもちろん、人間ドックの高額なPET検査であっても、早期の消化器がんは発見が難しいからです。

適切ながん検査によって早期発見・早期治療につながるといわれているがんは、胃がん、大腸がん、肺がん、子宮頸がん、乳がんの5 つです。

臓器ごとのがん検査の検査法などは次から説明していきますが、胃がん、大腸がん、肺がんに加えて、男性では50代後半になったら血液検査で前立腺がんの腫瘍マーカー検査(PSA)を、女性では比較的若い時期から乳がん、子宮頚がん検査を受けると非常に効果的ながん対策になるものと思われます。

最新のPET検査も がん検診には万能ではない

腫瘍マーカー採血や検診などの一般採血では早期がんは見つからないはちょっと意外だったかもしれませんが、PET検査も万能ではないのです。

がん検診のひとつとして、人間ドックなどで行われている検査に「PET(ペット)検査」というものがあります。PETは、positron emission tomography (陽電子放出断層撮影) の略です。

ガン細胞はブドウ糖を栄養素として成長するため、通常の細胞の約3~10倍ものブドウ糖を消費するといわれています。PET検査は、がん細胞がブドウ糖を多く消費する性質を利用して、ブドウ糖に近い成分のFDGと呼ばれる放射性物質を体内に注射し、その放射性物質ががんに集まる様子を画像としてとらえる検査です。

現在、がんを早期発見する検査として主流になっているCT検査やMRI検査は、映し出された臓器の形態や病変の形から、がんを見つけ出すものです。

これに対してPET検査は、がん細胞のブドウ糖の取り込みやすさという性質を利用して、がんを見つけ出す仕組みとなっています。PET検査は、もともと転移を含めたがん病巣の広がりや、がんの再発を見るための検査として開発されたもので、がんを早期で発見するのが本来の目的ではありませんでした。それにもかかわらず新しいがん検診機器としてマスコミが大々的に報道し、一部の検診クリニックの誇大広告などもあり、「すべてのがんが見つかる」というような大きな誤解が広がっていった実態があります。

そのため、最新のPET検査といえどもやはり万能ではありません。ブドウ糖の代謝が促進されている再発がんは数ミリの大きさでも捉えられること多いですが、ブドウ糖の取り込みが少ない早期がんは、PET検査では判別がとても難しいといわれています。また部位(臓器) たよっても、見つけすいがんと、見つけにくいがんがあります。

PET検査のメリットとしては、がんの転移や再発を早期に、より小さな病変で見つけることが可能という点です。一方、デメリットは食道や胃、大腸、肝臓などの早期がんの発見が難しいことや、放射性物質のFDG が集まりやすい脳や肝臓、腎臓、勝胱などのがんが見つけにくいこと、血糖値が高い人は診断が難しい点などが挙げられます。

さらに早期の肺がんはFDGががん細胞に集まりにくいため、胸部CTのほうが発見しやすいとされています。

最近ではPETにCT検査を組み合わせるPET/CT検査が増えており、PETの弱点を補う工夫がされていますが、それでも特に粘膜の微細な変化のみである早期の消化器がんは、こうした検査では発見するのは難しいのが現状です。

国立がん研究センターのがん予防・検診研究センターでは、ある年のがん検診でのPET検査陽性率の解析を行っています。それによると、1年間でがん総合検診を受けた約3000人中、約150人にがんが見つかり、そのうちPET検査で陽性となったのは15%に過ぎないというデータが発表されています。

これは、逆にいうと、85%のがんはPET検査では発見できないということです。同センター検診部長の医師は「PET検診の意義は小さいのではないか」ともコメントしていました。

PET検査装置は、最大で約10億円台の初期投資がかかるとされています。PET装置メーカーやPET装置を取り扱う商社や薬剤メーカーなどがこぞって医療機関に売り込んだことから、初期投資回収のために誇大広告をし、「すべてのがんが見つかるがん検診」として、誤解が広がっていったともいわれています。

人間ドックで最新のPET検査を受けたから、「がんの心配はゼロ」とは決していい切れないことを知っておいてほしいと思います。

腫瘍マーカー採血や検診などの一般採血では早期がんは見つからない

一般的な簡易健康診断だけではがんの発見にならないということで、検診などで別料金を払って行うオプション検査項目が「腫瘍マーカー採血」です。

腫瘍マーカーとは、悪性腫瘍(がん)の指標となる特殊な物質のことで、がんがある場合に特徴的にみられる酵素やたんばく質、ホルモンなどが増えていないかどうか、血液検査などで調べます。

この腫瘍マーカー検査を通常の健康診断や人間ドックのオプションとして、わざわざ追加料金を払ってオーダーしている人もよく見かけますが、腫瘍マーカーはもともとがんを早期に見つける検査ではありません。

本来、血液検査の腫瘍マーカーは、進行がんに対して手術や抗がん剤治療を行い、その効果測定をしたり、がん再発の有無の指標となるために用いられるものです。腫瘍マーカーは、がんが別の臓器に転移するぐらい大きくなって(進行して)初めて、異常値になることがほとんどで、場合によっては、がんがかなり進行した段階でも腫瘍マーカーは基準値内を示すこともよくあります。

つまり、たとえ腫瘍マーカーが基準値範囲内であっても、「体内にがんがない」ことにはまったくならないので注意が必要です。たとえば、P-53 という腫瘍マーカーは、2007年に乳がん、大腸がん、食道がんの診断に保険適用が認められた比較的新しい腫瘍マーカーです。早期がんでも陽性になることがあるといわれていますが、早期がんで陽性になる確率は5~20 % 以下としているケースが多いです。

またCEAは、胃がんや大腸がんの腫瘍マーカーとして知られていますが、進行胃がんの30〜40 % にしか検出されません。CEA は肝臓がん、胆道がんなどの消化器系がん以外のがんでも異常値を示す反面、臓器特異性は低いので、この検査だけでは正確な診断はまったくできません。

また異常値を示すのは進行がんが多く、早期がんの診断には適さないので注意が必要です。CEA は喫煙や加齢でも上昇することがあるともいわれます。

がんが身近な病気になった最近では、がん検診を特徴として売り出しているクリニックや検診センターなどで「全がん腫瘍マーカー検査」と称してCEA、CA19-9、SCC、NSE、P-53 ca-125 、AFP 、PIVKA-Ⅱ といった、多くの腫瘍マーカー値を高額な料金で採血・測定しているところもあります。

しかし、腫瘍マーカーの性質をよく考えれば、こうした検査はがんの早期発見にははとんど意味のない医療行為だとわかります。血液検査で調べられる腫瘍マーカーで唯一、例外的に早期発見に役立つといえるのは、前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA のみです。PSA は、前立腺がんの初期の段階で異常値を示すことが比較的多いため、早期発見の指標として有用といわれています。

反対に、自覚症状の出にくいがんの代表である食道がん、胃がん、大腸がんに関しては、腫瘍マーカー検査で早期にがんを見つけることはまず期待できませんので注意してください。

各種の腫瘍マーカー値は正常であったにもかかわらず、早期の消化器がんが発見された症例はたくさんの症例があります。不確実な検査の値に頼るよりも、内視鏡検査で実際に粘膜を診ることのほうが、消化器系の早期がんの発見には欠かせないということです。

また、がんが体の中にできてくると一般的な採血でも多少の異常値が出るのでは、と誤解されている患者さんたちを診察室でよく目にします。

一般的な採血を行うことによってわかることといえば、各臓器の働き(機能)が異常になっていないか? 生活習慣病の指標となるコレステロール値や血糖値、尿酸値などに異常がないか、などであり、仮にがんがある臓器にできたとしても採血でわかるぐらいその臓器の働きに影響を与えるのはかなりがんが進行してしまった段階といえます。

検診や病院で行われる一般的な採血では、がんの有無はわかりませんので注意してください。また、血液中のアミノ酸解析で「がんリスク」や「病気のリスク」を分析する高額な費用のかかるアミノインデックスなどの検査が行われるようになってきましたが、まだ現段階では早期がんをきちんと正確に診断できうる検査ではないといえます。

現在、国立がん研究センターと各企業が共同で、検診などの血液検査などで簡易にがんや認知症などを調べることができる研究を開始しております。人の血液や唾液、尿などに含まれるマイクロRNAと呼ばれる22塩基はどからなる小さなRNA を調べることにより、がんや認知症などを早期に発見しようという研究で、がん等の疾患に伴って人の血液中などでその種類や量が変動することが明らかになってきています。

こうした血液中のマイクロRNA量は、がんの転移やがんの消退などの病態の変化や抗がん剤の感受性の変化に相関することがわかってきており、今までにない新しいがんや認知症などの疾患マーカーとして大いに期待されています。

便潜血検査で陰性だからといって100%安心しない

勤務している会社や自治体の健診で「大腸がん検査」として行われているのが、「便潜血検査」です。この検査を受けて「便潜血が陰性だったから、大腸がんは大丈夫」と安心している人も多いはずです。

急増する大腸がんは40代からが要注意

しかし内視鏡医の専門医曰く、この検査は早期の大腸がんや大腸ポリープの発見には、ほとんど意味をなしていません。なぜなら、早期の大腸がんや大腸ポリープで、便潜血検査が陽性になることは極めて少ないからです。

早期の大腸がんや大腸ポリープは、大腸の管腔に占める大きさがまだまだ小さいため、便が通過する際にはポリープやがんに擦れることなく、便はスルッと通過してしまいます。そのため、出血することなく、便潜血検査では陰性という判定になるのです。

特に、大腸の始まりの部分であるお腹の右側の盲腸部・上行結腸・横行結腸では、便がまだ水分を多く含む状態で、便がやわらかくて固形になっていないため、大腸がんや大腸ポリープに便が引っかかり、出血や痛みなどの症状が出るケースははとんどありません。

逆に便潜血が陽性になるのは、大腸がんがかなり進行して、便のとおりが悪くなるぐらい大きくなっている場合がほとんどです。進行した大腸がんにより狭くなった腸を便が通過する時にがんの表面が擦れて出血し、血がつくようになるからです。大腸がんは自覚症状のないがんの代表ですから、便潜血検査で明らかに出血がわかるような段階では、かなり進行した「手遅れ大腸がん」の状態になっていることが多いのです。

また便潜血が陽性になる原因の大部分を占めるのは、日本人に多い「痔」が切れて便に血がつくケースです。特に内痔核と呼ばれる肛門の内側にできる痔は、自覚症状がないことも多く、検査が陽性になって大腸内視鏡検査を受けてみて初めて痔に気づく人も少なくありません。

早期の大腸がんや大腸ポリープの早期発見は難しいうえに、がんとは関係のないところで陽性の結果が出てヒヤリとする例も多いのが、便潜血検査ということです。なんとなくこの検査を受けているだけで安心しているという人は、要注意だと思われます。

主婦の方で定期健診の機会が少ない方はこちらの自分でできる!病院に行かずに行う大腸ガン検査キットがおすすめです。

早期発見のために 胃バリウム検査の精度とリスクとの兼ね合い

検査による医療被ばくにも注意

職場の健診や人間ドックで行われている検査に、胃バリウム検査があります。この検査は胃がんや食道がんの早期発見を目的に広く行われていますが、内視鏡治療が行えるぐらいの早期がんを、この胃バリウム検査で見つけられることばほとんどないといっていいでしょう。

ごく早期の胃がんや食道がんは、粘膜の凹凸を伴うことは少なく、粘膜の微細な色彩変化として現れているケースが大半です。
それに対して胃バリウム検査は、大量の放射線を照射することで胃や食道の粘膜の凹凸を「影絵」の原理で見るものです。

そのため凹凸のない早期の胃がんや食道がんを発見することは、原理的に難しいのが現実です。特に食道は口からストレートに胃につながる臓器で、バリウムが留まることなく一瞬で胃内に落ちてしまうため、バリウム検査で早期の食道がんをとらえることは非常に困難であるといえます。

結果として胃バリウム検査で発見された胃がん、食道がんは、すでに進行した状態になっていることが多く、かなりの確率で外科的手術や抗がん剤での治療になってしまいます。

内視鏡で治療できるようなごく早期のがんは、ほとんど見つけられません。さらに胃バリウム検査は、多量の放射線を照射して臓器を撮影するため、「被ばく」という問題が生じます。放射能は体に蓄積されやすく、遺伝子の本体であるDNAを傷つけて、がんを発生させます。つまり医療被ばくによる「発がん」のリスクがあるということです。

イギリスのオックスフォード大学のグループでは、日本人で75歳までにがんを発症する人のうち、3.2% は放射線診断による被ばくによってがんが誘発されると推計しています。この数値は調査した15か国のうち、一番高いものでした。

これは、被ばく線量のかなり多い胃バリウム検査が広く行われていることも、大きく関係していると推察されます。
胃バリウム検査は、検診センターなどで撮影する直接撮影(大きなフィルムで撮影する方法)では1回の撮影で15〜25 msyの被ばく量ですが、検診車などで撮影する間接撮影(小さなフィルムで撮影する方法) では20〜30msyもの被ばく量になります。

胸部X線写真(胸部レントゲン撮影)の1回の被ばく量が0.1msyですから、胃バリウム検査では、胸部X線写真の150~300倍もの被ばくを受けることになります。特に検診車での検査は、「職場に検診車が来てくれて助かる」と思っていた人も多いかもしれませんが、被ばく量が特に多いことはあまり知られていません。

放射線によってDNAが傷ついて発がんする被ばく量は、50~200msyといわれていますので、1回の胃バリウム検査で発がんすることはありませんが、毎年胃バリウム検査を受けているとDNAが次第に傷つき、がんが発生してしまう可能性は否定できない事実です。

また、バリウムを飲むこと自体も苦痛を伴います。バリウムとともに服用する胃を膨らませる目的の発泡剤では、ゲップを我慢しなくてはならず、なにより腹部の不快な膨張感に耐えなければなりません。検査のあとはバリウムを排出するために下剤を飲みますが、それでもバリウムを出せずに苦しむ人も多くいます。

健康維持のためと称して、苦しいうえに精度の低い胃バリウム検査を受け、放射線被ばくが原因でがんになってしまったのでは、なんのための検査かわかりません。

医療関係者、特にドクターで胃バリウム検査を受けている人は今の時代ほとんどいないのではないかと思われます。胃バリウム検査を積極的に受けているのは、よっぽど不勉強な医師か、バリウムの味が好きで、台の上でクルクル回るのが好きな医師ぐらいでしょうか。

自分で出来る!胃カメラをやらずに胃がん検査、ガン胃がん検査セット(ピロリ菌検査含む)

早期発見のために 職場の簡易な健診だけでは不足

定期健診だけで安心してはいけない

企業などの事業者は、働く人の健康管理のために定期的な健康診断を実施することが義務づけられています。これが、職場の定期健診と呼ばれるものです。労働安全衛生法で、一般健康診断の項目として挙げられているのは、次の11項目です。

  1. 既往症および業務歴の調査
  2. 自覚症状および他覚症状の有無の検査
  3. 身長、体重、腹囲、視力、聴力の検査
  4. 胸部エックス線検査および噂疲検査
  5. 血圧の測定
  6. 貧血検査
  7. 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
  8. 血中脂質検査(LDLコレステロール、HDLコレステロール、血清トリグリセライド)
  9. 血糖検査
  10. 尿検査(尿中の糖および尿蛋白の有無)
  11. 心電図検査

こうした定期健康診断は、多くの人を対象に、病気を効率よく、また低コストで発見するためのスクリーニング検査です。

肥満や高血圧、高血糖、動脈硬化といった生活習慣病を中心に、心臓疾患や肝障害、腎障害といった深刻な病気につながる兆候がないかを大まかにチェックするものです。

厚生労働省が平成20年から行っている、40歳以上の人を対象とした特定健康診査、通称メタボ健診も、同様の目的の検査といえます。

これらの健康診断では基準値というものが示されますが、この基準値とは健康な人のデータの上端・下端の各2.5% を除いた95% の人の平均データを表しています。この基準を外れた人の中から病気が発見されることが多いので、いわば病気の確率が高い人と低い人をふるいにかけてわけている、という性質の検査です。

そのため各検査の数値が基準値内だからといって、完全な健康体というわけではありません。これらの検査でわかるのは各臓器の働きが平均データの中に収まっているか否かという機能の異常があるかないかを見ているだけに過ぎません。

またこれらの検査の指標だけでは、早期のがんの有無はまったくわかりません。検査の目的が異なるからです。生活習慣病のチェックという点では定期健診にも一定の意義がありますが、ことにがんの有無に関しては、「定期健診を受けているから安心」とは決していえないことを覚えておいてください。

病院に行かずに出来るガン検査キット

忙しくて定期検査ができない人のためのガン検査キット