ガン予防の基礎知識」カテゴリーアーカイブ

魚の焦げの害をなくしてくれる「大根おろし」

だいこんはアブラナ科の野菜で、辛み成分であるイオウ化合物やイソチオシアネート、メチルメルカブタンを豊富に含んでいます。
これらは切ったり、すりおろすことで酵素が働いて作られます。高い抗酸化カによって細胞のがん化やがんの発生を防ぐので、おろした場合は汁ごと食べるのがおすすめ。

消化酵素であるジアスターゼは、胃壁を守り、消化を助ける役割をもっています。このほか、だいこんおろしには、焼き魚などの焦げた部分に生じる発がん物質の作用を抑えるオキシターゼ酵素やビタミンCも含まれています。

発がんそのものの予防のほかに、体内での発がん物質の作用を抑えるという、ふたっの効果が期待できる食品です。菓の部分には、βカロテンやカルシウムがたっぷり含まれているので、妙めるなどしてぜひ活用しましょう。

ちなみに唐揚げやフライなどに添えられているレモンも同様の効果があります。

1日に1種類は食べたい大豆製品「大豆」

大豆は、植物性たんばく質が豊富。大豆特有の大豆サポニンは血中コレステロール値や中性脂肪値を下げるだけでなく、「抗変異原性」という細胞の突然変異を抑制する働きがあることがつきとめられ、発がんを抑える働きが期待されています。

また、大豆に含まれるポリフェノールの一種、イソフラボンは、骨粗鬆症の予防や更年期障害の予防、改善に効果があるとして注目されています。

また、女性ホルモンとよく似た作用を示すことから、一部のがんへの抑制効果があると考えられています。大豆には、豆腐や納豆、ゆば、豆乳など加工品が多くあります。

それぞれの健康効果はさまざまで、大豆そのものを食べた場合とは異なりますが、大豆サポニンは大豆加工品に多く含まれているので、毎日1種類は食べることがおすすめです。

大豆の様々な効能、効果はこちら。

熱にも壊れないビタミンCが豊富に含まれる「じゃがいも」

じゃがいもには抗酸化力の高いビタミンCと、食物繊維がたっぷり含まれています。とくに、いも類のビタミンCは加熱しても壊れにくく、効率よく食べることができるという特徴があり、細胞同士をくっつける働きをもつコラーゲンの合成を助け、血管や皮膚、骨を強くしてくれます。

抗ウイルス作用のほか、細胞にコラーゲンの綱をはりめぐらせて、がん化を防ぎます。ケルセチンによるがん抑制効果、アルカロイドによるがんの増殖抑制効果も得られます。
また、食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、発がん物質の生成に問わる悪玉菌ができるのを抑えます。さらに、余分なナトリウムを排出して血管を守って、血圧の上昇を抑えるカリウムも豊富です。芽の部分には毒性があるので、調理の際は、しっかりとえぐり取るようにしましょう。

イオウ化合物が血栓も防ぐ「たまねぎ」

たまねぎやねぎ、にんにくを切った時のツンとくる独特の香りが「イオウ化合物」です。従来から、このイオウ化合物は血管に血栓(血の塊) ができるのを防いだり、殺菌作用、鎮静作用をもつとされてきました。

これに加えて、発がん物質を抑制したり、発がん物質を無毒化する酵素に働きかけて発がんを抑制する作用が解明され、現在では、高いがん予防効果が期待されています。

たまねぎを切ったり刻んだりすることで酵素が働いて、アブラナ科野菜に多く含まれる、がん抑制効果の高いイソチオシアネートも作られるので、イオウ化合物との相乗効果が得られると考えられます。このほか、ポリフェノールの一種であるケルセチンが豊富という特徴があり、発がんを促す活性酸素の書から細胞を守る働きももっています。

優れた鎮静作用で心身ともにリラックス「セロリ」

セロリは、古代ギリシャ時代からすでに利用されていたセリ科の野菜です。独特の芳香をもつために敬遠されることもありますが、セロリの健康効果はその香り成分にあります。

香り成分のテルペン類のなかでも「モノテルペン」を豊富に含み、動物実験で発がんを抑制する効果が認められています。また、アピイン、セダリノッド、セネリンにはすぐれた神経沈静効果があり、頭痛やいらいらを抑え、ストレスで疲れた心を癒してくれます。
とくに葉にはアピインが豊富で、疲労回復を助ける効果もあります。セロリの葉にはβカロテンも多いので、捨てずに刻んで食べるとよいでしょう。セロリにはカリウムも多く、余分な食塩を排出して血管や胃壁を守る効果もあります。消臭効果があるので、にんにくを食べたあとにもおすすめです。

紫色のもと「ナスニン」が活性酸素を撃退「なす」

なすの特徴である皮の紫色は、強い抗酸化作用をもつ色素「ナスニン」という成分です。ナスニンは、がん化を促す活性酸素から細胞を守る働きがあるので、なすは皮ごと食べるのがコツ。

また、ナスニンの高い抗酸化力は、がん遺伝子を抑え込む作用をもつ物質のじゃまをする活性酸素を除去してくれます。さらに、体内に入ってきた発がん物質が活発になるのを抑えたり、腫瘍を抑制することも動物実験でわかっています。

ナス科の野菜には、アルカロイドを非常に多く含んでいるという特徴があります。植物中のアルカロイドは2500種類以上も見つかっていますが、がん細胞の増殖を抑えたり、腫瘍の成長を抑える働きをもっているため、医薬品にも幅広く使われています。

香りと辛み成分にがん抑制効果がある「しょうが」

しょうが独特の辛みと、清涼感のある香り成分にがん予防効果が期待できます。なかでも、しようが特有のフェノール化合物(ジングロン、ショウガオール) が豊富です。
フェノール化合物は、活性酸素によって遺伝子が傷つけられるのを防いで、がんの発生を抑える作用があると考えられています。香り成分にはテルペン類など何種類もの抗酸化成分が含まれており、相乗効果によって、非常に高い抗酸化力がもたらされます。

このため発がんを促す酸化成分を無害化して消去する働きが期待できるのです。古来から薬味や香草科として使われているように、肉や魚の食材に繁殖した細菌に対する強力な抗菌、殺菌作用のほか、生臭さを消す効果もあります。また、肉をおろししょうがに漬けておくと、たんばく質を分解する酵素が働いて肉をやわらかくしてくれます。

しょうがの詳しい効能、効果はこちら

疲労回復や免疫力のアップ「にんにく」

デザイナーズピラミッドでも最上階に分類されている「にんにく」。古代ギリシャ時代から、疲労回復や抗菌作用をもつことが知られています。

特有の刺激的な香りには、免疫力を高める強い効果があります。このにおいのもとは、イオウ化合物である「ジアリルスルフィド」「アリシン」「アホエン」など。

おろす、刻む、加熱するなどして、香りを十分に引き出して食べるとよいでしょう。また、これらのにおい成分には、発がん物質の毒性を消す酵素の働きを助けたり、発がんを促す活性酸素を消去したり、がん細胞が増えるのを防ぐ働きがあり、高いがん予防効果が期待されます。
ただし、いくらがん予防効果が高いといっても、食べ過ぎは禁物。イオウ化合物の作用が強くなり過ぎて胃の粘膜を荒らしてしまうこともあります。1日に生なら1片、加熱済みでも2片にとどめましょう。

にんにくでガンを予防する

香り成分に抗酸化作用「しそ」

しそ特有の香り成分であるテルペン類( シリアルアルデヒド、リモネン、ピネン) には、強力な殺菌作用があります。このテルペン類は動物実験で発がんを抑制する効果が認められ、細胞のがん化を促す活性酸素を無毒化する高い抗酸化効果があると考えられており、青じそと赤じその両方で効果が期待できます。

しそ科の香辛料( ローズマリーやセージなど) にも、動物実験ではありますが、一部のがんに対する抑制効果が確認されている物質が豊富に含まれています。
これらは油に溶けやすいので、魚の調理や妙め物など抽を使った料理の薬味に使うと効果的です。
青じそにはがんを増殖させる物質を抑制するオレアノール酸も含まれ、β-カロテンやビタミンC 、ビタミンEなども豊富なので、抗酸化力がさらにパワーアップします。

ガンに負けない食品たち

がんと闘う植物性食品ではにんにく、キャベツ、甘草、大豆、しょうがを特に強力であると紹介しましたがこれはアメリカのデザイナーズプログラムが基礎にあります。

デザイナーフーズプログラムは、アメリカ主導の研究なので、日本では日常的に食べていても、アメリカではほとんど食べない食品はリストから抜けています。
例えば海藻類や、きのこ類、野菜類です。このほか、リスト中のブロッコリーに含まれ、高いがん予防効果があることが確認された成分は、同じアブラナ科の野菜であるわさびやだいこん、かぶにも多く含まれていることがわかっています。
ですから「リストにないので効果がない」と判断しないようにしてください。
このように、食品の植物学上の分類が同じであれば似通った成分を含んでいる可能性は大きく、また、未知の成分も今後発見されるかもしれません。各食品にはさまざまな成分が存在し、食べる食品の種類が増えることで体内で補完し合ったり、相乗効果をもたらしていることを忘れないようにしてください。

デザイナーフーズ以外でガンの予防が期待できる野菜類

    野菜類

  • ユリ科:にら、ねぎ、グリーンアスパラガス
  • ナス科:ししとうがらし、とうがらし
  • セリ科:せり、パセリ、みつば
    アブラナ科:だいこん、かぶ、わさび、ちんげんさい、ラディッシュ、小松菜、クレソン、かいわれ菜、白菜
  • ウリ科:かぼちゃ、とうがん、にがうり
  • キク科:ごぼう、しゅんぎく、ふき、れた、レタス、サラダ菜、ふきのとう、サニーレタス
  • きのこ類

  • しいたけ、えのきたけ、マッシュルーム、まつたけ、しめじ、まいたけ、エリンギ、なめこ
  • 海藻類

  • わかめ、昆布、とろろ昆布、ひじき、もじく、のり、めかぶ
  • 香辛料・ハーブ類

  • 青じそ、みょうが、カレー粉、ミント、ローリエ
  • 穀類・豆類・種実類

  • 雑穀、とうもろこし、そらまめ、グリーンピース、さやえんどう、さやいんげん、えだまめ、豆腐、納豆、生揚げ、きなご、ごま
  • 果実類

  • 柑橘類:すだち、かぼす、ライム、みかん
  • 嗜好品

  • ココア

こうした食品を十分に食べる機会がない人などは「野草酵素」などもおすすめです。人間の生活に欠かせない触媒としての酵素を高い品質を維持した状態で摂ることができます。