Archive for the Category: ガン予防の基礎知識

魚の焦げの害をなくしてくれる「大根おろし」

だいこんはアブラナ科の野菜で、辛み成分であるイオウ化合物やイソチオシアネート、メチルメルカブタンを豊富に含んでいます。 これらは切ったり、すりおろすことで酵素が働いて作られます。高い抗酸化カによって細胞のがん化やがんの発 […]

Leave a comment

1日に1種類は食べたい大豆製品「大豆」

大豆は、植物性たんばく質が豊富。大豆特有の大豆サポニンは血中コレステロール値や中性脂肪値を下げるだけでなく、「抗変異原性」という細胞の突然変異を抑制する働きがあることがつきとめられ、発がんを抑える働きが期待されています。 […]

Leave a comment

熱にも壊れないビタミンCが豊富に含まれる「じゃがいも」

じゃがいもには抗酸化力の高いビタミンCと、食物繊維がたっぷり含まれています。とくに、いも類のビタミンCは加熱しても壊れにくく、効率よく食べることができるという特徴があり、細胞同士をくっつける働きをもつコラーゲンの合成を助 […]

Tagged Leave a comment

イオウ化合物が血栓も防ぐ「たまねぎ」

たまねぎやねぎ、にんにくを切った時のツンとくる独特の香りが「イオウ化合物」です。従来から、このイオウ化合物は血管に血栓(血の塊) ができるのを防いだり、殺菌作用、鎮静作用をもつとされてきました。 これに加えて、発がん物質 […]

Tagged Leave a comment

優れた鎮静作用で心身ともにリラックス「セロリ」

セロリは、古代ギリシャ時代からすでに利用されていたセリ科の野菜です。独特の芳香をもつために敬遠されることもありますが、セロリの健康効果はその香り成分にあります。 香り成分のテルペン類のなかでも「モノテルペン」を豊富に含み […]

Leave a comment

紫色のもと「ナスニン」が活性酸素を撃退「なす」

なすの特徴である皮の紫色は、強い抗酸化作用をもつ色素「ナスニン」という成分です。ナスニンは、がん化を促す活性酸素から細胞を守る働きがあるので、なすは皮ごと食べるのがコツ。 また、ナスニンの高い抗酸化力は、がん遺伝子を抑え […]

Leave a comment

香りと辛み成分にがん抑制効果がある「しょうが」

しょうが独特の辛みと、清涼感のある香り成分にがん予防効果が期待できます。なかでも、しようが特有のフェノール化合物(ジングロン、ショウガオール) が豊富です。 フェノール化合物は、活性酸素によって遺伝子が傷つけられるのを防 […]

2 Comments

疲労回復や免疫力のアップ「にんにく」

デザイナーズピラミッドでも最上階に分類されている「にんにく」。古代ギリシャ時代から、疲労回復や抗菌作用をもつことが知られています。 特有の刺激的な香りには、免疫力を高める強い効果があります。このにおいのもとは、イオウ化合 […]

3 Comments

香り成分に抗酸化作用「しそ」

しそ特有の香り成分であるテルペン類( シリアルアルデヒド、リモネン、ピネン) には、強力な殺菌作用があります。このテルペン類は動物実験で発がんを抑制する効果が認められ、細胞のがん化を促す活性酸素を無毒化する高い抗酸化効果 […]

Leave a comment

ガンに負けない食品たち

がんと闘う植物性食品ではにんにく、キャベツ、甘草、大豆、しょうがを特に強力であると紹介しましたがこれはアメリカのデザイナーズプログラムが基礎にあります。 デザイナーフーズプログラムは、アメリカ主導の研究なので、日本では日 […]

1 Comment