Archive for the Category: 少しでも早くガンを見つけるために

最新のPET検査も がん検診には万能ではない

腫瘍マーカー採血や検診などの一般採血では早期がんは見つからないはちょっと意外だったかもしれませんが、PET検査も万能ではないのです。 がん検診のひとつとして、人間ドックなどで行われている検査に「PET(ペット)検査」とい […]

1 Comment

腫瘍マーカー採血や検診などの一般採血では早期がんは見つからない

一般的な簡易健康診断だけではがんの発見にならないということで、検診などで別料金を払って行うオプション検査項目が「腫瘍マーカー採血」です。 腫瘍マーカーとは、悪性腫瘍(がん)の指標となる特殊な物質のことで、がんがある場合に […]

Leave a comment

便潜血検査で陰性だからといって100%安心しない

勤務している会社や自治体の健診で「大腸がん検査」として行われているのが、「便潜血検査」です。この検査を受けて「便潜血が陰性だったから、大腸がんは大丈夫」と安心している人も多いはずです。 急増する大腸がんは40代からが要注 […]

Leave a comment

早期発見のために 胃バリウム検査の精度とリスクとの兼ね合い

検査による医療被ばくにも注意 職場の健診や人間ドックで行われている検査に、胃バリウム検査があります。この検査は胃がんや食道がんの早期発見を目的に広く行われていますが、内視鏡治療が行えるぐらいの早期がんを、この胃バリウム検 […]

Leave a comment

早期発見のために 職場の簡易な健診だけでは不足

定期健診だけで安心してはいけない 企業などの事業者は、働く人の健康管理のために定期的な健康診断を実施することが義務づけられています。これが、職場の定期健診と呼ばれるものです。労働安全衛生法で、一般健康診断の項目として挙げ […]

Leave a comment