Archive for the Category: 少しでも早くガンを見つけるために

胃痛や胃の不快症状は要注意、胃がんが隠れているケースも

胃がん対策にピロリ菌除菌 がんの予防ということ視点でもおすすめしたい検査があります。まず、胃がんの予防として挙げられるのが、ピロリ菌感染の有無を調べる検査です。 40代以上の人や、30歳代以下であっても胃痛や胃の不快症状 […]

Leave a comment

女性は30歳代に「乳ガン検査」を欠かさない

マンモグラフィだけでなくエコー検査も欠かさない 乳がんについて、女性は、30歳前半から徐々に増え始め、他のがんに比べて比較的若い頃から注意が必要ながんの代表です。 乳がんの検査で一般的なのが、マンモグラフィと超音波検査で […]

Leave a comment

20歳以上の女性は年に1度は「子宮頸がん」検査を行う

これは女性に限った検査ですが、20歳以上の女性は、1年に1度は、「子宮頸がん検査」を受けておくと安心です。 「子宮ガン」2つのタイプがある | 健康メモ https://health-memo.com/2016/06/0 […]

Leave a comment

40歳を過ぎたら喫煙者、これまでに喫煙していた人は「胸部CT検査」を受ける

男女ともに40歳以上の人で、喫煙者、さらに過去に喫煙歴のある人は特に注意をして、1〜2年に1度の胸部CT検査を受けておきたいものです。 肺がん検査として、もっともよく行われているのは胸部単純X線検査です。この胸部単純X線 […]

Leave a comment

40歳を過ぎたら胃の内視鏡検査を受ける

男女ともに40歳を過ぎたら、年に一度、胃内視鏡検査を受けることはガンの早期発見には欠かせません。一般的な胃がん検診の検査法には、先にも挙げた胃バリウム検査の他、ペプシノゲン検査、ヘリコバクター・ピロリ菌抗体検査、胃内視鏡 […]

Leave a comment

簡易なガン検診の本来の目的まで理解する

なぜこうした精度に疑問があるような検査が自治体などで「がん検診」として広く行われているのかと、疑問に思うかもしれません。 それは、がん検診がなにを目的としているか、ということにその答えがあります。しかし実は、職場や自治体 […]

Leave a comment

最新のPET検査も がん検診には万能ではない

腫瘍マーカー採血や検診などの一般採血では早期がんは見つからないはちょっと意外だったかもしれませんが、PET検査も万能ではないのです。 がん検診のひとつとして、人間ドックなどで行われている検査に「PET(ペット)検査」とい […]

Leave a comment

腫瘍マーカー採血や検診などの一般採血では早期がんは見つからない

一般的な簡易健康診断だけではがんの発見にならないということで、検診などで別料金を払って行うオプション検査項目が「腫瘍マーカー採血」です。 腫瘍マーカーとは、悪性腫瘍(がん)の指標となる特殊な物質のことで、がんがある場合に […]

Leave a comment

便潜血検査で陰性だからといって100%安心しない

勤務している会社や自治体の健診で「大腸がん検査」として行われているのが、「便潜血検査」です。この検査を受けて「便潜血が陰性だったから、大腸がんは大丈夫」と安心している人も多いはずです。 急増する大腸がんは40代からが要注 […]

Leave a comment

早期発見のために 胃バリウム検査の精度とリスクとの兼ね合い

検査による医療被ばくにも注意 職場の健診や人間ドックで行われている検査に、胃バリウム検査があります。この検査は胃がんや食道がんの早期発見を目的に広く行われていますが、内視鏡治療が行えるぐらいの早期がんを、この胃バリウム検 […]

Leave a comment