ノイアップ(一般名:ナルトグラスチム)

同じ薬剤でノイトロジン(一般名:レノングラスチム)、グラン(一般名:フィルグラスチム)もあります。

遺伝子工学的につくられた白血球増加剤

製造・販売元
協和発酵工業株式会社
対象患者
骨髄移植時の好中球数減少症、小児再生不良性貧血にともなう好中球減少症、先天性特発性好中球減少症
用法
皮下注射が多いが30分くらいで点滴することもある。
有効率
ガン化学療法による好中球減少症に対する有効率100%(卵巣ガン)、100%(横紋筋肉腫)、92.7%(悪性リンパ腫全般)
副作用
  • 発熱
  • 腰痛
  • 胸痛
  • 筋肉痛
  • 食欲不振
  • LDH上昇
  • 間質性肺炎
コスト
13,000円
禁忌
本剤または、ほかの顆粒球コロニー形成刺激因子製剤に過敏症の患者

ノイアップの紹介

この薬は、骨髄移植後の好中球数の増加促進や化学療法にともをつ好中球減少、再生不良性貧血などの好中球減少に有効な薬です。

投与した人のほぼ100%で白血球がふえる

静脈内に点滴注射をする場合と、皮下投与する場合があります。皮下注射では、静脈注射にくらべると約3分の1と少ない量で同じ効果を出すことができます。ただし注射をすると、出血するような血小板が少ない場合には、静脈内に点滴注射をすることが多いので、皮下投与と静脈投与と2つの方法で投与します。

この薬を投与した方のほとんど1000% で白血球を増やすことができます。増えすぎて発熱や腰痛、骨痛、筋肉痛といった副作用が出ることがあります。まれに白血球が増えすぎて何万にもなりますと、問質性肺炎をおこすことがあります。

この薬は大腸菌の遺伝子組み替え産物なので、大腸菌のタンパク質に対するアレルギーがあると過敏症が出ることがあるので、投与できません。この薬は白血球が減ってから使うと、効果が上がるのに時問がかかりますが、少し低めになったときに予防的に使いはじめると、抗生物質の点滴を少なくできたり、入院期問を短くするということができるという利点があります。現在では、ガンの種類による制限はまったなく、すべてのガンの化学療法のあとに使って良いことになっています。一般には白血球が2000、好中球の値が1000以下になったときに保険の適応になります。

投与中の日常生活

この薬の投与中は、白血球が減少して感染にかかりやすくなっています。皮膚や肛門の周囲を洗ったり、うがいをしたりしてなるべく清潔にしましょう。ただし、長時間入浴すると疲れるので、入浴は短めにし、毎日シャワーを浴びるようにしましょう。

食事は、生野菜などの細菌がついている可能性があるものや、納豆・ヨーグルトといった生菌の含まれているものは避け、加熱したものを食べたほうがよいでしょう。日光に関する制限はありません。

車の運転は問題ありません。喫煙・飲酒はひかえましょう。この薬の投与中は肺に負担がかかり問質性肺炎をおこすことがあるで、とくに喫煙はさけたほうがよいでしょう。この薬を投与されているということは、強い化学療法を受けているということなので、運動もさけたほうが無難です。

ガン治療薬 Leave a comment

ゾフラン(一般名:塩酸オンダンセトロン)

有効な制吐剤のひとつ。世界では最も多い

製造・販売元
三共株式会社
対象患者
シスプラチンなどの抗悪性腫瘍剤投与に伴う消化器症状
用法
静脈内にゆっくり投与する。錠剤またはシロップを服用する。
有効率
80~90%
副作用
  • 発熱
  • 頭痛
  • 頭重感
  • AST(GOT)、ALT(GPT)上昇
  • 便秘
コスト
7,600円
禁忌
ゾフランの成分に対して過敏症の既往歴がある

ゾフランの紹介

ゾフランは、世界では最も使われている制吐剤の1つです。しかし、日本では1回の投与量が4mgまでと決まっていて、注射薬にもその制限があります。そのためもあって、日本では現在、2番目によく使われる薬になっています。

プラトシンなどのような非常に強い抗がん剤を点滴する前に、30分ほど、50ccの生理食塩水に入れて点滴をする、もしくは静脈内にゆっくり注射をすることによって効果を発揮します。ほかのセロトニン括抗薬と同じように、非常に強力で安全に使われる薬の一つです。帰宅してからの吐き気を止めるために、カイトリルやセロトーンと同じように、ゾフランにも錠剤があります。
帰宅後に、吐き気がくる前に予防的にのでもらいます。一般には1日3回で6回分、2日分の処方になります。

投与中の日常生活

支持療法の1つですので、とくに日常生活などに気をつけることはありせん。しかし逆にいうと、ゾフランを使っている問は強力な化学療法が行われていますので、過度な運動や施行などをひかえたほうが良いと思います。
仕事なども、同じように少しセーブして働いたほうが良いでしょう。食事については、抗ガン剤によって白血球減少が出るかどうかが問題ですが、ゾフランではとくに制限する必要はありません。

ガン治療薬 Leave a comment

カイトリル(一般名:塩酸グラニセトロン)

世界で最もよく使われる制吐剤

製造・販売元
日本ロシュ株式会社
対象患者
シスプラチンなどの抗悪性腫瘍剤投与及び造血幹細胞移植前処置時の放射線全身照射に伴う悪心・嘔吐などの消化器症状
用法
静脈注射、または静脈内に点滴注射する。1回の点滴に要する時間は30分以内。錠剤、細粒の服用。
有効率
80~9%(抗悪性s腫瘍剤投与にともなう消化器症状に対する制吐効果。
副作用
  • 頭痛
  • 発熱
  • AST(GTO)上昇、ALT(GET)上昇
コスト
7,9888円
禁忌
カイトリルの成分に対して過敏症の既往歴がある

カイトリルの紹介

カイトリルは、世界で最もよく使わせいとれている制吐剤(吐き気どめ)の1つです。比較的古くて安全性がきちんと確立されています。また、プラトシンの抗悪性腫瘍剤の投与については、日本ではこの薬が最も強力に吐き気をおさえる薬の1つです。

脳の嘔吐中枢に直接働く

点滴は50~100ccの生理食塩水にカイトリルを入れて、30分以内に行うことが多いです。カイトリルにデカドロンなどのステロイドホルモンを入れて、吐き気をさらにおさえることがあります。

カイトリルは「セロトニン括抗薬」といい、吐き気や嘔吐をコントロールする脳の嘔吐中枢に直接はたらいて吐き気をおさえる薬です。最近では注射薬だけでなく錠剤や細粒も出ています。

点滴を終わって家に帰ってからも、予防的にコントロールするために服用していただくと、吐き気が圧倒的に少なくなるということが分かっています。きわめてまれに過敏症や手足のふるえなどが出ることがあります。しかしそれは非常に少なく、外来で安全に使われる薬の1つです。

現在は、プラトシンなどの強力な抗ガン剤の投与にともなう吐き気や、移植や放射線照射にともなう吐き気に保険が適応されています。残念ながら疾患での吐き気どめには保険が適用されていませんが、それらにも有効であることが分かっています。

日本ではカイトリルが非常にたくさん使われていて、市場でもナンバーワンです。一方、アメリカやヨーロッパでは、ゾフランという薬が最も使われています。これは日本とアメリカの保険の承認の量のちがいによります。

投与中の日常生活

入浴については、とくに気をつけることはありません。カイトリルを使っている場合には、一般に吐き気が強くおきる薬が使われていることが多いので、食事の量は制限しましょう。運動についても同様です。車の運転や飲酒、喫煙については、とくに気をつけることはありません。

ガン治療薬 Leave a comment

リュープリン(一般名:酢酸リュープリン)

ノルバデックスと併用するLH-RH拮抗薬

製造・販売元
武田薬品工業
対象患者
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 閉経前乳ガン
  • 中枢性思春期早発症
  • 前立腺ガン
用法
皮下注射
有効率
77.8%(子宮内膜症)、83.5%(子宮筋腫)、37.0%(閉経前乳ガン)、90.2%(中枢性思春期早発症)、53.9%(前立腺ガン)
副作用
  • 間質性肺炎
  • アナフィラキー様症状
  • うつ症状
  • 尿路閉塞など
56,785円
テキスト
禁忌
リュープリンの成分または、合成LH-RH、LH-RH誘導体に対して過敏症の既往歴がある。妊婦または妊娠の可能性がある。診断のつかない異常性器出血。

リュープリンの紹介

リュープリンは、閉経前乳ガンと前立腺ガンの治療に主に使われています。「LH-RH」というホルモン括抗薬の1つです。28日から30日に1回、腹部のへそから2cmくらいはなれたところに、左右両側に1回ずつ、交互に皮下注射して投与します。通常は3.75ミリグラム注射をします。

他の薬と併用されることが多い

リュープリンは「LH-RH 」というホルモンを止めるため、まれにうつ状態になったり、女性では生理が止まったり、男性では男性らしさが少なくなっていくという副作用があります。若い方では、乳ガンの患者さんに単独、もしくはノルバデックスというホルモン剤と併用してさらにホルモン療法として強く行う場合に用いられます。
前立腺ガンでは、ホンバンという薬を使います。
リュープリンはこの薬だけでは非常に副作用が少ない薬のひとつですので、ほかの薬と一緒に使われます。

子宮内膜症にも使われる

ガンではありませんが、女性で生理のときに腹痛がおきる子宮内膜症という疾患があります。そのときにも、子宮内膜の増殖を止められたり、生理のときの出血や腹痛が軽減できたりすることから、リュープリンが使われることがあります。

白血病やリンパ腫、小児の悪性腫瘍などで抗がん剤を投与しているときに血小板減少があると、若い女性で生理がある場合、出血が止まらない危険があります。そのようなときに、リュープリンを使って生理を止めることがあります。

移植のあとや、強力な抗ガン剤の使用中にリュープリンを使っている人のほうが、抗ガン剤の治療が終わったあとで卵巣機能の回復が早いということが、外国で証明されて報告されました。

抗ガン剤の使用中に月1回皮下注射すると、女性の場合卵巣機能が非常に早く元に戻って不妊症が少ないということから、不妊症を予防するという意味で使うケースが最近では多くなってきました。また最近では、エイズであらわれるにくしゆカポジ肉腫に対してリュープリンを投与すると、カポジ肉腫が小さくなることが分かりました。
抗腫瘍効果が新しく注目されて使われるようになってきています。
投与中の日常生活
入浴や食事、運動、車の運転、飲酒、きつえん喫煙などには、とくに気をつけることはありません。ただし女性では無月経、男性ではインポテンツなどがおきることがありますので、そのことを十分に理解しましょう。

ガン治療薬 , , , , Leave a comment

フェアストン(一般名:クエン酸トレミフェン)

閉経後の乳ガンのホルモン剤ル

製造・販売元
日本化薬株式会社
対象患者
  • 閉経後乳ガン
  • 錠剤を服用
用法
テキスト
有効率
28.6%(40mg)、12.3%(120mg)
副作用
  • ALT(GPT)上昇
  • テキスト
  • AST(GOT)上昇
  • トリグリセライド上昇
  • LDH上昇
  • コレステロール上昇
  • γ-GTP上昇
  • 白血球減少
  • など

コスト
573,7円
禁忌
妊婦または妊娠している可能性がある

フェアストンの紹介

フェアストンは、閉経後の乳ガンのに対して用いられるホルモン療法のひとつ。

再発予防のために長期間服用する

フェアストンだけで抗ガン作用があるわけではなく、閉経後乳ガンの患者さんが、手術のあとで再発を予防するために長い問服用する薬です。ほかの抗ガン剤をいっしょに服用する場合もあります。

フェアストンは非常に弱い薬ですので、とくに副作用がないことがフェアストンの長所です。一方で、そのような弱い薬ですので、2年から5年といった長期問にわたって服用しなければ、服用しない方に対して有意差が出ることはありません。
これはノルバデックスなど、ほかのホルモン剤と同様です。フェアストンのような薬は、ホルモン療法剤としていくつか必要ですので、この薬は今後も使われていくことになると思います。

投与中の日常生活

入浴についてはとくに気をつけることはありません。フェアストンを投与されていますと、食欲が出たり、食べ物の吸収が良くなったりします。そのため中性脂肪やコレステロールが上昇することがあります。また同じことが原因で、γ-GTPが上昇して脂肪肝になったり、AST(GOT) やALT(GPT)が上昇することもありますので食事摂取量に注意しましょう。
運動はむしろしてもらったほうが、脂肪肝を防ぐために予防的な意味があります。
車の運転は問題ありません。飲酒については少しひかえないと、脂肪肝が強く出ることがあります。

ガン治療薬 Leave a comment

ヒスロンH(一般名:酢酸メロキシプロゲステロン)

最も多く使われているホルモン製剤の1つ

製造・販売元
ファルマシア株式会社
対象患者
  • 乳ガン
  • 子宮体ガン(内膜ガン)
用法
錠剤を服用する。
有効率
33.2%(乳ガン)、23.6%(子宮体ガン)
副作用
  • 血栓症(脳梗塞、心筋梗塞、肺塞症、腸間膜血栓症、網膜血栓症、血栓性静脈炎など)
コスト
386,1円
禁忌
手術後1週間以内。脳梗塞や血栓静脈炎などの血栓疾患、または既往歴がある。心臓弁膜症・心房細胞・心内膜炎・重篤な心不全の心疾患がある。ホルモン剤を投与されている。妊婦または、妊娠の可能性のある。ヒスロンHに対して過敏症がある。診断未確定の性器出血、乳房病変のある患者。重篤な肝障害がある。

薬剤名の紹介

ヒスロンHは、乳ガンや子宮ガンのホルモン療法として非常によく使われている薬です。

転移予防もしくは再発予防に使われる

まれに投与中に体重が増えて脂肪肝になったり、血液が増えて多血症になたりして、血栓症をおこすことがあります。血栓性静脈炎や、女性のピルを服用したときに認められるような副作用がありますので注意が必要です。

あまりに脂肪肝が強くなったり、体重が増えたり、血栓症が多い場合には、この薬の使用を中止します。

ヒスロンHは主に、単独で転移予防もしくは手術後の再発予防に使われます。一般的には2年から5年以上、長期にわたって投与することが多いようです。最近ではヒスロンHのほかに、種々の酵素阻害剤を併用する場合があります。

投与中の日常生活

食物に関する制限はありません。ただし、一般にホルモン療法を行っているときには食欲がでます。また、食欲がでない場合でも、栄養の吸収が20~30% よくなり、体重が増えます。したがって、カロリーを制限し、食事量を減らしたほうがよいでしょう。
まれにコレステロールが高くなることがあるので、食事療法が必要になります。脂肪がつきやすくなるので、できるだけ運動したほうがよいでしょう。日光、喫煙・飲酒に関する制限はありません。

未分類 , Leave a comment

ノルバデックス(一般名:クエン酸タキモキシフェン)

世界で最も使われているホルモン剤の1つ

製造・販売元
アストラゼネカ株式会社
対象患者
乳ガン
用法
錠剤を服用
有効率
26.4%(再発率減少)、14.5%(死亡率減少)、43.9%(進行・再発乳ガン)
副作用
  • 無月経
  • 月経異常
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 食欲不振
928,4円
テキスト
禁忌
妊婦または、妊娠している可能性がある。ノルバッデクスの成分に対して過敏症の既往歴がある。

薬剤名の紹介

ノルバデックスは、世界で最も使われている、乳ガン対するホルモン療法剤の1つです。注射するときに、「LH・RH」というホルモンを抑制する、「LH・RHアゴニスト」という薬をいっしょに使うことがあります。

錠剤を長期間にわたって服用する

錠剤を5年以上服用することで、再発率が低下することが証明されている薬の1つです。アリミデックスとくらべると、5年間服用した場合の成績では五% ほど低くなっていますが、10年以上にわたり成績が出ている薬としてはノルバデックスしかありませんので、まだ長期にわたって使われています。一方で、卵巣がんや子宮がんの率が高くなることがあります。
患者さんによっては長く投与していますと、5年たちましたからやめましょうといったときに、不安になってやめられないという方がおられます。ただしつづけたからといって、10年後の再発率が低下するという証拠はまだありません。

もっと長期に使う利点があるかどうかについては、もう少ししないとまだ分かりません。おそらく2~3年以内に、10年間での再発率が出ることになるでしょう。

長く投与していると、無月経や月経異常のために更年期障害のような症状がでることがあります。副作用としては、食欲不振や悪心などもあります。

逆に食欲が出たり、脂肪肝になってしまう場合もありますので、生活習慣病の率が高くなることがあります。そのあたりのこともよく理解していただいたうえで、長期間の服用を勧めることになります。世界中で乳ガンは現在、どんどんふえています。それに応じてノルバデックスも将来的に使われていくことになるでしょう。

投与中の日常生活

入浴については、とくに気をつけることはありません。食事については症状によりますが、悪心、嘔吐、食欲不振がない方では、食欲がかえって増して、太る場合があります。脂肪肝になることがありますので、できるだけ運動するようにしましょう。車の運転では、とくに気をつけることはありません。吸収が良くなっているので、多く飲酒すると脂肪肝が強く出ることがあります。

ガン治療薬 Leave a comment

ゾラデックス(一般名:酢酸ゴセレリン)

男性にも女性にも代表的なホルモン療法剤

製造・販売元
アストラゼネカ株式会社
対象患者
  • 前立腺ガン
  • 閉経前乳ガン
用法
皮下投与する
有効率
71%(前立腺ガン)、32.1%(閉経前の進行・再発ガン)
副作用
  • 顔面紅潮
  • 注射部位の局所反応
  • 性欲減退
  • 勃起力低下
  • 浮腫
  • 発汗
  • 乳房膨張
  • 圧痛
  • AST(GOT)上昇、GPT上昇
  • GPT上昇
  • LDH上昇
  • ALP上昇
  • トリグリセライド上昇
  • コレステロール上昇
  • ほてり
  • めまい
  • 肩こり
  • コスト
    55,635円
    禁忌
    • 妊婦または妊娠の可能性がある
    • ゾラッデクスの成分またはLH-RH作動薬に対して過敏症の既往歴がある

    ゾラッデクスの紹介

    ゾラデックスは、前立腺ガンとhH閉経前乳ガンにホルモン療法として使われる代表的な薬です。

    へその横のあたりに皮下注射する

    ゾラデックスは経口薬では効きませんので、皮下に注射をして投与します。一般には4週間から30日に1回、腹部のへその横あたりに皮下注射をします。これをつづけますと、前立腺がんではおよそ70% 、再発乳がんや進行期の乳がんでは閉経前であれば30%前後に有効性があります。

    ゾラデックスは視床下部から刺激をされて下垂体から出ている「LH-RH」というホルモンに対して作用します。そのためホルモン系統のバランスが悪くなりますので、ほてりや頭重感、めまい、肩こりといった、いわゆる更年期障害のような症状が副作用として出ます。

    ゾラデックスを投与しているとそのほかに、少し体重がふえたり、肝障害しぼうが出ることがあります。中性脂肪や脂肪などの吸収が良くなって、この二つじょ、つしょ、つの値が上昇してくる場合があります。かんぞうまた肝臓にも脂肪がついて脂肪肝になることがあります。体重が増えすぎないように気をつける必要があります。へいようほかのホルモン療法剤を併用する場合があります。前立腺ガン閉経後乳ガン2つのがんに対して、有効性がきちんと示されていますので、今後も使われていくと思います。

    投与中の日常生活

    ゾラデックスを投与中は、妊娠することはできません。ホルモンのバランを故意に制御していますので、更年期障害などの症状がでることを重要視する必要があるでしょう。アリミデックスと同様に、投与しはじめたころに軽い吐き気がありますが、その後は吸収がよくなったり、肥満や肝障害が出る場合があります。

    食事の量や飲酒量を急にふやしたりしないように気をつけたほうが無難です。運動はむしろしていただいたほうがいい場合が多いようです。日光や喫煙、運転などではとくに気をつける必要はありません。

    ガン治療薬 , Leave a comment

    アリミデックス(一般名:アナストロゾール)

    経口薬で再発率の低下を示した

    製造・販売元
    アストラゼネカ株式会社
    対象患者
    閉経後乳ガン
    用法
    錠剤を服用する
    有効率
    33.33%
    副作用
    • ほてり
    • 吐き気
    • 脱毛など
    コスト
    662,6円
    禁忌
    • 妊婦または、妊娠の可能性がある
    • 過敏症の既往歴がある

    アリミデックス紹介

    アリミデックスは閉経後乳ガンに最もよく使われる薬です。ノルバデックススを使った代表的なホルモン療法と比較すると、5年間で有意な差が出たということで有名になった薬です。

    経口薬で長期に投与できる

    経口薬であること、長期に投与できるということがアリミデックスの利点です。投与をはじめたばかりのころに、ほてりや吐き気が多少みられる点をのぞくと、比較的安全に長く使うことができる薬です。

    アリミデックスは閉経後乳ガンの薬ですので、妊娠している方や若い方には、使いにくい薬です。残念ながらアリミデックスはまだ、この薬単独での成績しか報告されていません。

    ホルモン剤や抗ガン剤と併用した場合に、はたして効果が増強されるかどうかについては、成績がまだ出ていません。現在は単独で使うことが原則になっています。乳ガンの術後に再発を予防する場合、投与していない方にくらべると投与していた方が、5%以上再発が少なくなること、そしてそれがノルバデックスを使った代表的なホルモン療法よりも優れていることが最近報告されました。

    投与中の日常生活

    投与しはじめたころに軽い吐き気がありますが、その後は一般に吸収がよくなったり、肥満や肝障害が出る場合があります。食事の量や飲酒量を急にふやしたりしないように気をつけたほうが無難です。運動はむしろしていただいたほうが良い場合が多いようです。日光や喫煙、運転などではとくに気をつける必要はありません。

    ガン治療薬 Leave a comment

    アフェマ(一般名:塩酸ファドロゾール水和物)

    ノルバデックスやアルミデックスにかわる閉経後乳ガンの薬

    製造・販売元
    ノバルティス ファーマ株式会社
    対象患者
    閉経後乳ガン
    用法
    錠剤を服用する。
    有効率
    37.5%
    副作用
    • 吐き気
    • 嘔吐
    • 食欲不振
    • 腹痛
    • 疲労感
    • めまい
    コスト
    324円
    禁忌
    • 妊婦または妊娠している可能性がある
    • 授乳中
    • アフェマに対して過敏症の既往歴がある

    アフェマの紹介

    アフェマは、アリミデックスという薬にかわる閉経後乳ガン薬です。投与してすぐに、みられますが、少ない薬です。吐き気や嘔吐がまれに比較的安くて副作用の少ない薬です。ただしアフェマはまだ第一選択薬ではありません。

    使いやすい薬

    アフフェマとアリミデックスは、幸いなことに有効である群がちがいますので、一方が無効になつたからといって、もう一方が無効であるとは限りません。どちらか一方を処方して、それが効かなくなつた場合にはもう一方を使うというケースがよくあります。

    アフェマは一般に、3ヶ月以上処方しませんと効果が出てきません。現在はまだ、長期問投与して再発率を低下させる効果について、アリミデックスほどきちんとしたデータが出ていません。今後の試験の結果が待たれているところです。

    ただ臨床からの印象としては、比較的副作用が少なく、外来で服用するだけで腫瘍マーカーや乳ガンが小さくなることが、経験として20~30% の方にみられますので、抗ガン剤にくらべて非常に使用しやすい薬の1つといえます。投与をはじめて最初の1週間から10目前後で、吐き気や嘔吐、食欲不振、腹痛、疲労感、めまいなどの副作用が出ることがあります。

    投与中の日常生活

    入浴、食事、運動、車の運転、喫煙、飲酒などには、とくに気をつけることはありません。

    ガン治療薬 Leave a comment