月別アーカイブ: 2017年12月

ノイアップ(一般名:ナルトグラスチム)

同じ薬剤でノイトロジン(一般名:レノングラスチム)、グラン(一般名:フィルグラスチム)もあります。

遺伝子工学的につくられた白血球増加剤

製造・販売元
協和発酵工業株式会社
対象患者
骨髄移植時の好中球数減少症、小児再生不良性貧血にともなう好中球減少症、先天性特発性好中球減少症
用法
皮下注射が多いが30分くらいで点滴することもある。
有効率
ガン化学療法による好中球減少症に対する有効率100%(卵巣ガン)、100%(横紋筋肉腫)、92.7%(悪性リンパ腫全般)
副作用
  • 発熱
  • 腰痛
  • 胸痛
  • 筋肉痛
  • 食欲不振
  • LDH上昇
  • 間質性肺炎
コスト
13,000円
禁忌
本剤または、ほかの顆粒球コロニー形成刺激因子製剤に過敏症の患者

ノイアップの紹介

この薬は、骨髄移植後の好中球数の増加促進や化学療法にともをつ好中球減少、再生不良性貧血などの好中球減少に有効な薬です。

投与した人のほぼ100%で白血球がふえる

静脈内に点滴注射をする場合と、皮下投与する場合があります。皮下注射では、静脈注射にくらべると約3分の1と少ない量で同じ効果を出すことができます。ただし注射をすると、出血するような血小板が少ない場合には、静脈内に点滴注射をすることが多いので、皮下投与と静脈投与と2つの方法で投与します。

この薬を投与した方のほとんど1000% で白血球を増やすことができます。増えすぎて発熱や腰痛、骨痛、筋肉痛といった副作用が出ることがあります。まれに白血球が増えすぎて何万にもなりますと、問質性肺炎をおこすことがあります。

この薬は大腸菌の遺伝子組み替え産物なので、大腸菌のタンパク質に対するアレルギーがあると過敏症が出ることがあるので、投与できません。この薬は白血球が減ってから使うと、効果が上がるのに時問がかかりますが、少し低めになったときに予防的に使いはじめると、抗生物質の点滴を少なくできたり、入院期問を短くするということができるという利点があります。現在では、ガンの種類による制限はまったなく、すべてのガンの化学療法のあとに使って良いことになっています。一般には白血球が2000、好中球の値が1000以下になったときに保険の適応になります。

投与中の日常生活

この薬の投与中は、白血球が減少して感染にかかりやすくなっています。皮膚や肛門の周囲を洗ったり、うがいをしたりしてなるべく清潔にしましょう。ただし、長時間入浴すると疲れるので、入浴は短めにし、毎日シャワーを浴びるようにしましょう。

食事は、生野菜などの細菌がついている可能性があるものや、納豆・ヨーグルトといった生菌の含まれているものは避け、加熱したものを食べたほうがよいでしょう。日光に関する制限はありません。

車の運転は問題ありません。喫煙・飲酒はひかえましょう。この薬の投与中は肺に負担がかかり問質性肺炎をおこすことがあるで、とくに喫煙はさけたほうがよいでしょう。この薬を投与されているということは、強い化学療法を受けているということなので、運動もさけたほうが無難です。

ゾフラン(一般名:塩酸オンダンセトロン)

有効な制吐剤のひとつ。世界では最も多い

製造・販売元
三共株式会社
対象患者
シスプラチンなどの抗悪性腫瘍剤投与に伴う消化器症状
用法
静脈内にゆっくり投与する。錠剤またはシロップを服用する。
有効率
80~90%
副作用
  • 発熱
  • 頭痛
  • 頭重感
  • AST(GOT)、ALT(GPT)上昇
  • 便秘
コスト
7,600円
禁忌
ゾフランの成分に対して過敏症の既往歴がある

ゾフランの紹介

ゾフランは、世界では最も使われている制吐剤の1つです。しかし、日本では1回の投与量が4mgまでと決まっていて、注射薬にもその制限があります。そのためもあって、日本では現在、2番目によく使われる薬になっています。

プラトシンなどのような非常に強い抗がん剤を点滴する前に、30分ほど、50ccの生理食塩水に入れて点滴をする、もしくは静脈内にゆっくり注射をすることによって効果を発揮します。ほかのセロトニン括抗薬と同じように、非常に強力で安全に使われる薬の一つです。帰宅してからの吐き気を止めるために、カイトリルやセロトーンと同じように、ゾフランにも錠剤があります。
帰宅後に、吐き気がくる前に予防的にのでもらいます。一般には1日3回で6回分、2日分の処方になります。

投与中の日常生活

支持療法の1つですので、とくに日常生活などに気をつけることはありせん。しかし逆にいうと、ゾフランを使っている問は強力な化学療法が行われていますので、過度な運動や施行などをひかえたほうが良いと思います。
仕事なども、同じように少しセーブして働いたほうが良いでしょう。食事については、抗ガン剤によって白血球減少が出るかどうかが問題ですが、ゾフランではとくに制限する必要はありません。

カイトリル(一般名:塩酸グラニセトロン)

世界で最もよく使われる制吐剤

製造・販売元
日本ロシュ株式会社
対象患者
シスプラチンなどの抗悪性腫瘍剤投与及び造血幹細胞移植前処置時の放射線全身照射に伴う悪心・嘔吐などの消化器症状
用法
静脈注射、または静脈内に点滴注射する。1回の点滴に要する時間は30分以内。錠剤、細粒の服用。
有効率
80~9%(抗悪性s腫瘍剤投与にともなう消化器症状に対する制吐効果。
副作用
  • 頭痛
  • 発熱
  • AST(GTO)上昇、ALT(GET)上昇
コスト
7,9888円
禁忌
カイトリルの成分に対して過敏症の既往歴がある

カイトリルの紹介

カイトリルは、世界で最もよく使わせいとれている制吐剤(吐き気どめ)の1つです。比較的古くて安全性がきちんと確立されています。また、プラトシンの抗悪性腫瘍剤の投与については、日本ではこの薬が最も強力に吐き気をおさえる薬の1つです。

脳の嘔吐中枢に直接働く

点滴は50~100ccの生理食塩水にカイトリルを入れて、30分以内に行うことが多いです。カイトリルにデカドロンなどのステロイドホルモンを入れて、吐き気をさらにおさえることがあります。

カイトリルは「セロトニン括抗薬」といい、吐き気や嘔吐をコントロールする脳の嘔吐中枢に直接はたらいて吐き気をおさえる薬です。最近では注射薬だけでなく錠剤や細粒も出ています。

点滴を終わって家に帰ってからも、予防的にコントロールするために服用していただくと、吐き気が圧倒的に少なくなるということが分かっています。きわめてまれに過敏症や手足のふるえなどが出ることがあります。しかしそれは非常に少なく、外来で安全に使われる薬の1つです。

現在は、プラトシンなどの強力な抗ガン剤の投与にともなう吐き気や、移植や放射線照射にともなう吐き気に保険が適応されています。残念ながら疾患での吐き気どめには保険が適用されていませんが、それらにも有効であることが分かっています。

日本ではカイトリルが非常にたくさん使われていて、市場でもナンバーワンです。一方、アメリカやヨーロッパでは、ゾフランという薬が最も使われています。これは日本とアメリカの保険の承認の量のちがいによります。

投与中の日常生活

入浴については、とくに気をつけることはありません。カイトリルを使っている場合には、一般に吐き気が強くおきる薬が使われていることが多いので、食事の量は制限しましょう。運動についても同様です。車の運転や飲酒、喫煙については、とくに気をつけることはありません。