前立腺ガン」タグアーカイブ

リュープリン(一般名:酢酸リュープリン)

ノルバデックスと併用するLH-RH拮抗薬

製造・販売元
武田薬品工業
対象患者
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫
  • 閉経前乳ガン
  • 中枢性思春期早発症
  • 前立腺ガン
用法
皮下注射
有効率
77.8%(子宮内膜症)、83.5%(子宮筋腫)、37.0%(閉経前乳ガン)、90.2%(中枢性思春期早発症)、53.9%(前立腺ガン)
副作用
  • 間質性肺炎
  • アナフィラキー様症状
  • うつ症状
  • 尿路閉塞など
56,785円
テキスト
禁忌
リュープリンの成分または、合成LH-RH、LH-RH誘導体に対して過敏症の既往歴がある。妊婦または妊娠の可能性がある。診断のつかない異常性器出血。

リュープリンの紹介

リュープリンは、閉経前乳ガンと前立腺ガンの治療に主に使われています。「LH-RH」というホルモン括抗薬の1つです。28日から30日に1回、腹部のへそから2cmくらいはなれたところに、左右両側に1回ずつ、交互に皮下注射して投与します。通常は3.75ミリグラム注射をします。

他の薬と併用されることが多い

リュープリンは「LH-RH 」というホルモンを止めるため、まれにうつ状態になったり、女性では生理が止まったり、男性では男性らしさが少なくなっていくという副作用があります。若い方では、乳ガンの患者さんに単独、もしくはノルバデックスというホルモン剤と併用してさらにホルモン療法として強く行う場合に用いられます。
前立腺ガンでは、ホンバンという薬を使います。
リュープリンはこの薬だけでは非常に副作用が少ない薬のひとつですので、ほかの薬と一緒に使われます。

子宮内膜症にも使われる

ガンではありませんが、女性で生理のときに腹痛がおきる子宮内膜症という疾患があります。そのときにも、子宮内膜の増殖を止められたり、生理のときの出血や腹痛が軽減できたりすることから、リュープリンが使われることがあります。

白血病やリンパ腫、小児の悪性腫瘍などで抗がん剤を投与しているときに血小板減少があると、若い女性で生理がある場合、出血が止まらない危険があります。そのようなときに、リュープリンを使って生理を止めることがあります。

移植のあとや、強力な抗ガン剤の使用中にリュープリンを使っている人のほうが、抗ガン剤の治療が終わったあとで卵巣機能の回復が早いということが、外国で証明されて報告されました。

抗ガン剤の使用中に月1回皮下注射すると、女性の場合卵巣機能が非常に早く元に戻って不妊症が少ないということから、不妊症を予防するという意味で使うケースが最近では多くなってきました。また最近では、エイズであらわれるにくしゆカポジ肉腫に対してリュープリンを投与すると、カポジ肉腫が小さくなることが分かりました。
抗腫瘍効果が新しく注目されて使われるようになってきています。
投与中の日常生活
入浴や食事、運動、車の運転、飲酒、きつえん喫煙などには、とくに気をつけることはありません。ただし女性では無月経、男性ではインポテンツなどがおきることがありますので、そのことを十分に理解しましょう。

ゾラデックス(一般名:酢酸ゴセレリン)

男性にも女性にも代表的なホルモン療法剤

製造・販売元
アストラゼネカ株式会社
対象患者
  • 前立腺ガン
  • 閉経前乳ガン
用法
皮下投与する
有効率
71%(前立腺ガン)、32.1%(閉経前の進行・再発ガン)
副作用
  • 顔面紅潮
  • 注射部位の局所反応
  • 性欲減退
  • 勃起力低下
  • 浮腫
  • 発汗
  • 乳房膨張
  • 圧痛
  • AST(GOT)上昇、GPT上昇
  • GPT上昇
  • LDH上昇
  • ALP上昇
  • トリグリセライド上昇
  • コレステロール上昇
  • ほてり
  • めまい
  • 肩こり
  • コスト
    55,635円
    禁忌
    • 妊婦または妊娠の可能性がある
    • ゾラッデクスの成分またはLH-RH作動薬に対して過敏症の既往歴がある

    ゾラッデクスの紹介

    ゾラデックスは、前立腺ガンとhH閉経前乳ガンにホルモン療法として使われる代表的な薬です。

    へその横のあたりに皮下注射する

    ゾラデックスは経口薬では効きませんので、皮下に注射をして投与します。一般には4週間から30日に1回、腹部のへその横あたりに皮下注射をします。これをつづけますと、前立腺がんではおよそ70% 、再発乳がんや進行期の乳がんでは閉経前であれば30%前後に有効性があります。

    ゾラデックスは視床下部から刺激をされて下垂体から出ている「LH-RH」というホルモンに対して作用します。そのためホルモン系統のバランスが悪くなりますので、ほてりや頭重感、めまい、肩こりといった、いわゆる更年期障害のような症状が副作用として出ます。

    ゾラデックスを投与しているとそのほかに、少し体重がふえたり、肝障害しぼうが出ることがあります。中性脂肪や脂肪などの吸収が良くなって、この二つじょ、つしょ、つの値が上昇してくる場合があります。かんぞうまた肝臓にも脂肪がついて脂肪肝になることがあります。体重が増えすぎないように気をつける必要があります。へいようほかのホルモン療法剤を併用する場合があります。前立腺ガン閉経後乳ガン2つのがんに対して、有効性がきちんと示されていますので、今後も使われていくと思います。

    投与中の日常生活

    ゾラデックスを投与中は、妊娠することはできません。ホルモンのバランを故意に制御していますので、更年期障害などの症状がでることを重要視する必要があるでしょう。アリミデックスと同様に、投与しはじめたころに軽い吐き気がありますが、その後は吸収がよくなったり、肥満や肝障害が出る場合があります。

    食事の量や飲酒量を急にふやしたりしないように気をつけたほうが無難です。運動はむしろしていただいたほうがいい場合が多いようです。日光や喫煙、運転などではとくに気をつける必要はありません。

    プラトシン/ブリプラチン/ランダ(一般名:シスプラチン)

    代表的な白金製剤の1つ。多くのガンに有効な薬

    製造・販売元
    • 販売元(協和発酵株式会社)
    • 販売元(日本化薬株式会社)
    対象患者
    • 睾丸腫瘍
    • 膀胱ガン
    • 腎盂・尿管腫瘍
    • 前立腺ガン
    • 頭頸部ガン
    • 非小細胞ガン
    • 食道ガン
    • 骨肉腫
    用法
    静脈に点滴注射する。1回の点滴に要する時間は1.5時間~2時間
    有効率
    30~60%
    副作用
    • 急性腎不全
    • 汎血球減少などの骨髄抑制
    • 聴力低下
    • 難聴など
    コスト
    17,960
    禁忌
    • 重篤な腎障害がある
    • プラトシンの成分または他の白金を含む薬剤に対して過敏症の既往歴がある
    • 妊婦または妊娠の可能性がある

    プラトシン/ブリプラチン/ランダの紹介

    この薬は、睾丸腫瘍や肺ガン、悪性リンパ種、神経芽細胞腫、胃胃ガンなどの代表的なガンで最も強く作用する薬です。

    腎障害があると投与できない

    この薬は腎臓から排泄されますので、重篤な腎障害がある場合には投与できません。薬を選ぶ場合に、腎障害がないことが基準になります。

    尿素窒素やクレアチニンなどの物質の血中濃度ではかるだけでなく、24時間尿から尿中にクレアチニンがどれくらい出ているかを計算して「クレアチニン・クレアランス」という値を出します。その値がある程度以上ないと、この薬を投与できません。

    どうしても投与する場合は、値によって投与量を計算して投与することになります。腎臓から排泄されますので、急性腎不全をおこすことがあります。それに注意をするために、点滴の水分量を多くすることが必要です。

    この薬は、吐き気を最も強くおこす薬の1つです。そのため、静脈に点滴注射をする場合には、ある程度時間をかけて行うこと、またこの薬を点滴すおうとる前に必ず嘔吐を止める薬を点滴することが重要です。

    有効率は非常に高く、この薬が入っていますと、30~40% 以上有効です。
    最近ではこの薬が単剤で使われることは少なくなっています。胃ガンでは5-FUの併用、肺ガンでもこの薬以外に、カルボプラチンやフィルデシンなどの別の薬と併用したり、りしゆンパ腫の場合にはサイドシンやアラノシン、キロサイドといった薬と併用することが増えています。

    投与中の日常生活

    この薬は腎臓に負担をかけるために、脱水症にならないように気をつける必要があります。脱水症になると腎臓に行く血液量が減りますので、腎臓からこの薬の排泄が悪くなります。

    この薬剤の血中濃度が高くなると効きすぎてしまいます。そのため、水分を多くとるということが重要です。重篤な腎障害がある場合には、この薬を投与してはいけません。

    この薬が、たとえば1日しか投与されてはいけないものが3日も投与されたり、5日投与するという治療内容なのにそれ以上に長く投与されますと、
    重篤な腎障害が出ます。その場合、気づいた時点で至急対応しないと、腎臓の機能が戻らなくなることがあります。

    イホマイド(一般名:イホスファミド)

    肺ガン、移植などに広く使われている薬

    製造・販売元
    塩野義製薬株式会社
    対象患者
    • 小細胞肺ガン
    • 前立腺ガン
    • 子宮頸ガン
    • 骨肉腫
    • 悪性リンパ腫
    用法
    静脈内に点滴注射する。24時間点滴を持続して行う。
    有効率
    42.4%(小細胞ガン)、24.1%(前立腺ガン)、22.2%(子宮頸ガン)、9.5%(骨肉腫)
    副作用
    • 食欲不振
    • 悪心
    • 白血球減少
    • 出血性膀胱炎
    • 排尿障害など
    コスト
    4499円
    禁忌
    ペストスタンチン投与中の患者。イホマイドの成分に対し、重篤な過敏症の既往歴がある患者。腎臓または膀胱に重篤な障害がある患者

    イホマイドの紹介

    イホマイドは、保険が適応されている小細胞ガンや前立腺ガンなどの疾患以外に、骨髄移植にも用いられることがあります。

    エンドキサンと構造が似ている

    イホマイドはアルキル化剤として多くのガンに有効です。一方で、量が多く必要で、また多く投与すると出血性膀胱炎をきたしやすいという欠点があります。

    イホマイドは、エンドキサンという薬と構造が非常に似ています。そのためエンドキサンと同じように、出血性膀胱炎がおきやすくなります。ただし最近では、イホマイドもしくはエンドキサンの投与中に出血性膀胱炎を防ぐメスナという薬も出てきていますので、それほど心配せずに使っても良いと思います。

    2~3剤の薬の併用療法が一般的

    イホマイドが単剤で用いられることは少なく、一般にはラステットやメソトレキセート、アルケランなど、ほかの強力な薬といっしょに用います。

    イホマイドを併用療法として使う治療の中で、「ICE療法」という治療があります。イホマイドとカルボプラチン、ラステットという3つの薬を使うために、頭文字をとって「ICE療法」と略してよんでいます。

    このように3つくらいの薬の併用療法というのが一般的です。骨髄移植の場合にも、一般にはイホマイドとラステットを使うというふうに、2剤もしくは3剤をいっしょに使うことが多いです。最近は末梢血幹細胞移植などの移植が増加していますので、イホマイドはエンドキサンと並んで、今後さらに使用が増加すると考えられます。

    投与中の日常生活

    入浴については、とくに気をつけることはありません。食事や運動についても、とくに気をつけることはありまきつえんせん。車の運転、飲酒、喫煙についても同様です。

    むしろ投与中は、尿の色に気をつけましょう。出血性膀胱炎がひどくおきることがありますので、血尿が出た場合にはただちに投与を控えるか、投与されておきた場合には、緊急に医師に知らせる必要があります。

    UFT(一般名:テガフール・ウラシル)

    おだやかな経口抗ガン剤のひとつ

    製造・販売元
    大鵬薬品工業株式会社
    対象患者
    • 頭頸部ガン
    • 胃ガン
    • 結腸・直腸ガン
    • 肝臓ガン
    • 胆嚢・胆管ガン
    • すい臓ガン
    • 肺ガン
    • 乳ガン
    • 膀胱ガン
    • 前立腺ガン
    • 子宮頸ガン
    用法
    カプセルまたは顆粒を服用する。
    有効率
    25.4%(胃ガン)、30.2%(乳ガン)、8.3%(結腸・直腸ガン)、31.0%(頭頸部ガン)など
    副作用
    • 食欲不振
    • 悪心
    • 嘔吐
    • 下痢
    • 白血球減少
    • 血小板減少
    • 貧血
    • 肝障害
    • 色素沈着 など
    コスト
    1,018円
    禁忌
    • UFTの成分に対し、重篤な過敏症の既往歴のある患者
    • テガフール、ギメラシル、オテラシルカリウム配合剤投与中の患者および投与中止後7日以内の患者

    UFTの紹介

    UFTは、結腸・直腸ガンや胃ガンの術後に、日本で最も多く使用されている薬の1つです。術後2週間以上が経過した時点から、術後の再発予防に使われることが多いです。外科の先生方が処方する薬の中で最も多い薬の1つで、毎日2~3回経口投与されます。

    安全に長く使うことができる

    副作用としては食欲不振や消化管の軽い障害が出ますが、比較的安く、長く使用することができます。また、UFTや5ーFUなどに共通する副作用として、それらの薬に対する過敏症がある患者さんには使用できません。

    また長く使用している患者さんの一部に、手と足に色素沈着がおこる「手足症候群」という副作用が出ることがあります。将来的には、「UFT・ロイコポリン併用療法」というのが、代表例として最も使われるようになってくるでしょう。

    これはUFTにロイコポリンという薬を併用する療法です。UFTは単剤での有効率は20% から30% と低いため、将来的にはロイコポリンと併用する、もしくはカンプトという薬と併用することが考えられています。またアメリカでは、オキサリプラチンという薬と併用する動いているということが考えられています。

    投与中の日常生活

    UFTは消化管での比較的軽い副作用があるだけで、日常生活でとくに気をつける点は少ないと思います。入浴や喫煙、車の運転には、とくに気をつける必要はありません。投与の初期に軽い悪心や吐き気がある場合、食事は刺激の少ないものにしたほうがいいと思います。
    悪心や吐き気がある場合には、飲酒もひかえたほうが良いでしょう。手足症候群がおきた場合には、日光に過敏になることがありますので気をつけましょう。
    手足症候群は5-FUでも副作用がでやすい症状です。