菜食主義は大腸ガンの予防に役立つのか?

菜食主義は大腸ガンの予防に役立つのでしょうか。便秘は、大腸ガンにも悪影響を与えるのは周知のとおりです。英オックスフォード大学の研究者による有名な調査では、菜食主義者のほうが非菜食主義者よりも、心肺血管障害やガンの発症が少ないことが指摘されています。

その後、同じチームによっておこなわれた大腸ガンに関する研究結果が2004年に発表されています。この調査は、菜食主義者4653人(男性1597人、女性3056人)、非菜食主義者6345人(男性2565人、女性3780人 を17年間にわたって追跡したものです。いずれの群も、調査開始時の平均年齢は3歳で、17年後の平均年齢50歳の時点で大腸ガンの発症に差があるかどうかを調査しました。

結果は、菜食主義者の群で大腸ガン発痛者は4653人中39人(0.84% )、非菜食主義者の群では63 45人中56人(0.8% )でした。この数値では菜食主義者のほうが大腸ガンの発症率がやや低いのですが、優位な差は認められません。

この調査では、食材による大腸ガンの危険も調べています。それによると、肉類を食べない群より食べる群のほうで大腸ガンの危険率が高まっています。魚に関しては、1週間に1回以上食べる群よりも、1回以下の群のほうで危険率がやや増加しています。

新鮮な果物を週に10回前後食べている群、野菜も多く食べている群、野菜摂取が多くかつライ麦パンを食べている群で、危険率が低下する結果となっています。結局、この調査では、菜食主義者のほうが大腸ガンになりにくいというよりも、菜食主義者が食べている、肉以外の魚や野菜、果物などの食材のほうが大腸ガン発症の危険率が低下することが明らかにされたといえます。

日頃から食物繊維を意識して摂る習慣が重要です。「がんと闘う植物性食品」も同様の効果からガンを抑制するものと思われます。

さらにガン患者たちに評価の高い野草酵素なども酵素ばかりに目を向けられているイメージですが、実は野菜の食物繊維がガンと闘って勝利している部分が大きいように感じます。野菜や果物などは本来、人間のもつ免疫力を高める作用が強いように思います。
もちろん、肉や魚のたんぱく質も重要ですが、これらは少ない量で十分足りるのかもしれません。大昔には肉や魚を食べる習慣はほとんどなかったわけですからDNA的に消化が難しいということかもしれません。

未分類 Leave a comment

大量ビタミンC投与が副作用のないガン治療として定着するか?

「ビタミンC」が、がんの治療に活用されはじめました。もともとビタミンCにはガンを抑制する効果が広く知られ「ブロッコリーに含まれるカロチン、ビタミンC 、ケルセチンがガンを抑制」というのは多くの方が知っている知識かもしれません。

2005年に米国で「ビタミンCはがん細胞だけを殺す」という注目の論文が発表されて以来、研究が盛んになり、代替療法ながら副作用のない最先端治療として、米国では既に1万人もの医師が採用しているのです。日本でも治療を受けられるクリニックが増加中です。

「高濃度ビタミンC点滴療法」と呼ばれるがんの治療法は、1回に60gもの超高濃度のビタミンCを点滴で直接静脈に投与します。これが。健康な人が1日に必要なビタミンC は1gとされるので尋常ではない量ですが、「大量に血中に投与することでがん細胞に作用する」というガン治療です。

しかも、乳がん、前立腺がん、肺がん、肝臓がん、大腸がんをはじめ、多くのがんに有効との報告があるといいます。ビタミンCががんに効くのはなぜか。「それは強い抗酸化作用でがん細胞を攻撃するためです。ビタミンCは体内の活性酸素を除去する過程で、活性酸素の一種である過酸化水素を発生します。
正常な細胞はこの過酸化水素を分解して無害化する酵素を持っていますが、がん細胞はこの酵素が少ないため分解できません。

ビタミンCを大量に投与すると、過酸化水素が大量に発生し、がん細胞を攻撃すると考えられています。ビタミンC を大量投与するプログラムを確立したのは、30年以上研究を重ねてきた米国カンザス州の「国際人間機能改善センター」です。。ここでの実施件数は年間3000件にも及ぶそうです。

患者は、他の病院でがん治療を受けながら、ここでビタミンC点滴療法を受けます。「ビタミンCは抗がん剤による免疫力低下や痛みなどの副作用の軽減にも有効」なのです。大量に投与することで弊害は? と心配になりますが、「ビタミンCは水溶性で余分にあると排出されるため、副作用の心配もほとんどありません。

「点滴療法を始めて3ヶ月間でがんが小さくなるなど、驚くべき効果も報告されています。まだ、手探り段階であることは確かですし、保険適用外のため全額自費負担というのはネックになりますが、副作用のない治療に、期待は高まる一方です。

治療としてのビタミンCの大量投与だけでなく日頃からビタミンCを多く含む食品をできるだけ摂るようにすることもガン抑制にはとても大切です。

治療の最前線 1 Comment

1日10個食べると効果的「いちご」

いちごはデザイナーフーズピラミッド の「ペリー類」のひとつ。ビタミンCが豊富で、1日の推奨量(ほとんどの人が不足していない量) 100mgを約10粒程度で補える程です。ビタミンCは免疫機能を強固にしたり、発がん物質の生成を抑える役割をもっています。ジャムやジュースにするなど、調理をするとビタミンC が壊れやすいので、生のままで食べるのがおすすめです。

赤い色素成分であるアントシアニン、フラボノイド、ケルセチンなど強力な抗酸化ポリフェノール類が多く、細胞膜や遺伝子を傷つけたり、がん細胞増殖の抑制システムのじゃまをする活性酸素から守ってくれます。食物繊維のペクチンも豊富。腸内の善玉菌を増やして免疫力を高めます。また、発がん物質など有害物質を吸着して排出する役割ももっています。

がん予防、治療にも大きな期待が寄せられている「ビタミンC」 | ビタミン効果にビタミンCのがん抑制効果についての詳細記事があります。

未分類 Leave a comment

βグルカンががんを抑制「きのこ」

きのこ類にはβグルカンという多糖類(消化しにくい糖質の鎗称で、食物繊維の一種) が多く含まれています。βグルカンは、体本来がもつ免疫機能を高め、白血球の働きを活性化する作用をもつことがわかっています。
そのうえ、がんの発生、がん細胞の分化、増殖を抑える効果、腫瘍の悪性化を防ぐ働きがあるとされています。βグルカンは、ほとんどのきのこに含まれています。

きのこの種類によって少しずつ健康効果が異なるので、種類を変えながら少量ずつでも毎日食べることをおすすめします。きのこ類に豊富な食物繊維は、腸内での発がん物質を吸着して排出させるほか、善玉菌を増やして腸内環境を整え、免疫力を増強する働きもあります。調理する時は、水で洗わずに汚れをペーパータオルなどでふき取るだけにすると大切な成分のロスが少なくてすみます。

未分類 Leave a comment

免疫力を支えるミネラル類が豊富「海藻類」

海藻類は食物繊維が非常に多く、便の水分量やかさを増やして腸の掃除をしてくれます。便秘解消に役立つほか、エネルギーが低いので肥満も予防します。そのうえ、体の免疫機能を支えたり、そのパワーを高めるための栄養成分が豊富です。

セレンや亜鉛、ヨウ素などのミネラル類は、不足すると発がんの可能性が高まる成分も多く、これらは一部のがんへの抑制効果があることが実験でわかってきました。海藻類に特有のカロテン類の一種であるフコキサンチンには、強力な抗酸化作用があり、発がんを促すリスクから細胞を守る働きがあります。さらに、動物実験で腫瘍の増殖が抑えられたことが確認され、がん細胞の増殖速度の低下や停止させる効果によってがんを予防することが期待されています。

海藻といえばフコイダンですが、ガンを消滅へと導くフコイダンでも海藻類の強力な抗がん作用について紹介されています。

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

発がん物質のだけでなく塩分も排出する「きゅうり」

きゅうりは、95%が水分です。カリウムが豊富で、余分な塩分を排出させる働きをもっています。テルペン類のなかでも苦み成分のククルビタシンが多く、発がん物質を無毒化したり、抗腫瘍作用に貢献しています。

ポリフェノール類も含まれ、とくに線色の色素成分であるクロロフィルには、発がん物質を排出する働きがあるとされています。含まれる植物性ステロールによって、発がんを抑える効果や抗腫瘍作用が期待できます。

また、きゆうりにはビタミンCも含まれ、体内での発がん物質の生成を抑え、免疫システムを強化させる働きをもっています。ただし、ビタミンC を破壊するアスコルビナーゼという酵素も含まれていますので、酢やレモン、ドレッシングと組み合わせる食べ方がおすすめです。

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

がん細胞の増殖を抑制する「カリフラワー」

カリフラワーはブロッコリーから品種改良されたもので、アブラナ科のキャベツの仲間です。これらの野菜に共通して含まれる抗がん作用が期待できるイソテオシアネート、ポリフェノール類が豊富で、ビタミンC 、食物繊維を多く含んでいます。
イソチオシアネートはわさびやだいこんの辛み成分でもありますが、がん細胞を無毒化する強力な作用をもっています。カリフラワーは糖質も含むため、ほんのりとした甘味も特徴です。
また、イオウ化合物を含み、がん細胞の増殖を抑える働きがあるとされています。茎にも含まれているので捨てずに食べましょう。
カリフラワーに含まれるビタミンC は加熱しても壊れにくく、がん化を促すさまざまな物質から細胞を守る働きも期待できます。

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

発がん物質を解毒する「ブロッコリー」

ブロッコリーの先祖はキャベツで、アブラナ科の野菜です。キャベツ同様にイソチオシアネート、ステロール、インドールなど高いがん予防効果が期待される成分が豊富に含まれています。
また、スルフォラファンには、発がん物質を無毒化したり、それらを体外に排泄させる作用をもつ酵素を活性化する、といったがん抑制作用が発見されています。
この成分は茎にも多いので捨てずに食べましょう。ブロッコリーは、100g当たりのビタミンCが120mgと豊富で、レモン果汁8個分にも相当します。
また、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特徴もあります。ポリフェノールの一種であるケルセチン、βカロテン、ビタミンEといった抗酸化物質も多く、発がんを促す活性酸素の働きを抑えてくれる成分がたっぷり含まれています。

ブロッコリーにはコレステロールを下げる作用もあるので積極的にとりたい食品です。

コレステロールを下げる食品(ブロッコリー)

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

発がん物質を追い出し免疫力を高める「ピーマン」

各色のピーマンには色素成分であるβ -カロテンをはじめとするカロテン類が豊富です。これらは抽との相性がよく、妙め物などにすると吸収がよくなります。

とうがらしの伸問であるピーマンは、辛み成分であるカブサイシンが多く、発がんのリスクを高めてしまう活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が強力です。苦み成分であるテルペン類は発がん物質を無害化する働きをもち、このふたつに高いがん予防効果が期待されています。
また、クロロフィルも含まれ、微生物を用いた実験で遺伝子が傷つくのを防ぐ効果や発がん物質を吸着して排出する働きが確認されています。ビタミンC も多く、体の免疫力そのものを高める効果ももっています。どちらも熟に弱いので、生食や妙め物など加熱時問が短いメニューがおすすめです。

ガン予防の基礎知識 Leave a comment

加熱によりさらに効果がアップする「トマト」

トマトはβカロテンが多く、その強い抗酸化成分が細胞のがん化を防いでくれます。トマトの赤い色は豊富に含まれるリコピンによるものです。
リコピンは、カロテン類のなかでももっとも高い抗酸化カをもち、しかも一部のがんの抑制効果が認められています。また、がん細胞の増殖を抑えるシステムのじゃまをする活性酸素から細胞を守る働きももっています。

リコピンは熱を加えると吸収効率が高まるので、生のトマトを焼いたり、スープやシチューに入れるような加熱する料理に使うと効果がアップ。
トマトの旬でない時期には、完熟トマトで作った水煮やジュースを利用してもよいでしょう。ビタミンCも多く、免疫機能を強化し、抗酸化作用ももっています。できるだけ、色の濃い完熟したものを選ぶのがポイントです。

ガン予防の基礎知識 Leave a comment