1日に1種類は食べたい大豆製品「大豆」

大豆は、植物性たんばく質が豊富。大豆特有の大豆サポニンは血中コレステロール値や中性脂肪値を下げるだけでなく、「抗変異原性」という細胞の突然変異を抑制する働きがあることがつきとめられ、発がんを抑える働きが期待されています。

また、大豆に含まれるポリフェノールの一種、イソフラボンは、骨粗鬆症の予防や更年期障害の予防、改善に効果があるとして注目されています。

また、女性ホルモンとよく似た作用を示すことから、一部のがんへの抑制効果があると考えられています。大豆には、豆腐や納豆、ゆば、豆乳など加工品が多くあります。

それぞれの健康効果はさまざまで、大豆そのものを食べた場合とは異なりますが、大豆サポニンは大豆加工品に多く含まれているので、毎日1種類は食べることがおすすめです。

大豆の様々な効能、効果はこちら。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.