魚の焦げの害をなくしてくれる「大根おろし」

だいこんはアブラナ科の野菜で、辛み成分であるイオウ化合物やイソチオシアネート、メチルメルカブタンを豊富に含んでいます。
これらは切ったり、すりおろすことで酵素が働いて作られます。高い抗酸化カによって細胞のがん化やがんの発生を防ぐので、おろした場合は汁ごと食べるのがおすすめ。

消化酵素であるジアスターゼは、胃壁を守り、消化を助ける役割をもっています。このほか、だいこんおろしには、焼き魚などの焦げた部分に生じる発がん物質の作用を抑えるオキシターゼ酵素やビタミンCも含まれています。

発がんそのものの予防のほかに、体内での発がん物質の作用を抑えるという、ふたっの効果が期待できる食品です。菓の部分には、βカロテンやカルシウムがたっぷり含まれているので、妙めるなどしてぜひ活用しましょう。

ちなみに唐揚げやフライなどに添えられているレモンも同様の効果があります。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.