強い抗酸化成分力ロテンとリコピンがぎっしり「にんじん」

にんじんにたっぷり含まれているβカロテンは必要に応じて体内のビタミンAに変化し、皮膚や粘膜などの健康を保ち、がんを抑制するメカニズムを維持する働きをもっています。

そのほかのカロテン類も豊富に含まれており、それらは発がんの原因になる活性酸素を撃退する役割をもっています。一般的に使われる西洋にんじんのオレンジ色は、βカロテンがぎっしり含まれている証拠。

また、トマトと同じ赤色成分のリコピンも含まれ、色の赤い金時にんじんはリコピンの含有量が多くなっています。また、αカロテンも豊富で、βカロテン以上の抗酸化力をもつともいわれています。このほか、テルペン類や植物性ステロールといった発がんを抑制する作用が認められた成分も含まれています。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.