抗酸化ビタミンががんリスクを低下「かぼちゃ」

かぼちゃはββカロテンやビタミンC 、Eの宝庫。これらは抗酸化ビタミンと呼ばれ、体のがん化を促す活性酸素やストレス、免疫機能の低下といったさまざまながんのリスクに対抗するパワーが高い成分です。

カロテノイド全般が多く含まれますが、なかでもβカロテンが豊富。体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を健康に保ちます。また、近年、βカロテンも注目されるようになりましたがこちらも、動物実験で特定のがん細胞数を大幅に減少させたという報告が出ています。
さらに、細胞をがん化させる活性酸素の毒性を打ち消す効果も高いことも明らかになっています。黄色の色素成分には、カロテノイドの一種であるルティンが含まれ、細胞の老化やがん化を防いだり、一部のがんを抑制する働きがあります。

緑黄色野菜に豊富に含まれているルテイン

ルテインは黄色の色素で、緑黄色野菜や果物のほか人間の体にも含まれています。特に目の組織(黄斑部や水晶体)に多く含まれます。
目の機能を強化したり、目の病気を予防するのに役立つということで注目される成分ですが、とても強力な抗酸化作用があって、ガンの抑制などについても有効であることが、近年の研究でわかっています。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.