加熱によりさらに効果がアップする「トマト」

トマトはβカロテンが多く、その強い抗酸化成分が細胞のがん化を防いでくれます。トマトの赤い色は豊富に含まれるリコピンによるものです。
リコピンは、カロテン類のなかでももっとも高い抗酸化カをもち、しかも一部のがんの抑制効果が認められています。また、がん細胞の増殖を抑えるシステムのじゃまをする活性酸素から細胞を守る働きももっています。

リコピンは熱を加えると吸収効率が高まるので、生のトマトを焼いたり、スープやシチューに入れるような加熱する料理に使うと効果がアップ。
トマトの旬でない時期には、完熟トマトで作った水煮やジュースを利用してもよいでしょう。ビタミンCも多く、免疫機能を強化し、抗酸化作用ももっています。できるだけ、色の濃い完熟したものを選ぶのがポイントです。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.