発がん物質を追い出し免疫力を高める「ピーマン」

各色のピーマンには色素成分であるβ -カロテンをはじめとするカロテン類が豊富です。これらは抽との相性がよく、妙め物などにすると吸収がよくなります。

とうがらしの伸問であるピーマンは、辛み成分であるカブサイシンが多く、発がんのリスクを高めてしまう活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が強力です。苦み成分であるテルペン類は発がん物質を無害化する働きをもち、このふたつに高いがん予防効果が期待されています。
また、クロロフィルも含まれ、微生物を用いた実験で遺伝子が傷つくのを防ぐ効果や発がん物質を吸着して排出する働きが確認されています。ビタミンC も多く、体の免疫力そのものを高める効果ももっています。どちらも熟に弱いので、生食や妙め物など加熱時問が短いメニューがおすすめです。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.