発がん物質を解毒する「ブロッコリー」

ブロッコリーの先祖はキャベツで、アブラナ科の野菜です。キャベツ同様にイソチオシアネート、ステロール、インドールなど高いがん予防効果が期待される成分が豊富に含まれています。
また、スルフォラファンには、発がん物質を無毒化したり、それらを体外に排泄させる作用をもつ酵素を活性化する、といったがん抑制作用が発見されています。
この成分は茎にも多いので捨てずに食べましょう。ブロッコリーは、100g当たりのビタミンCが120mgと豊富で、レモン果汁8個分にも相当します。
また、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特徴もあります。ポリフェノールの一種であるケルセチン、βカロテン、ビタミンEといった抗酸化物質も多く、発がんを促す活性酸素の働きを抑えてくれる成分がたっぷり含まれています。

ブロッコリーにはコレステロールを下げる作用もあるので積極的にとりたい食品です。

コレステロールを下げる食品(ブロッコリー)

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.