がん細胞の増殖を抑制する「カリフラワー」

カリフラワーはブロッコリーから品種改良されたもので、アブラナ科のキャベツの仲間です。これらの野菜に共通して含まれる抗がん作用が期待できるイソテオシアネート、ポリフェノール類が豊富で、ビタミンC 、食物繊維を多く含んでいます。
イソチオシアネートはわさびやだいこんの辛み成分でもありますが、がん細胞を無毒化する強力な作用をもっています。カリフラワーは糖質も含むため、ほんのりとした甘味も特徴です。
また、イオウ化合物を含み、がん細胞の増殖を抑える働きがあるとされています。茎にも含まれているので捨てずに食べましょう。
カリフラワーに含まれるビタミンC は加熱しても壊れにくく、がん化を促すさまざまな物質から細胞を守る働きも期待できます。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.