その12、体を清潔に

いつもキレイに

約200年前に、イギリスで、煙突掃除を職業としている人々の問に陰嚢の皮膚がんんが発生し、職業がんの発見となりました。
その後、煙突のすすの中に皮膚がんの原因となるものが見つかり、仕事をした後は体を洗うようになり、この皮膚がんはみられなくなりました。
これは、体を清潔にすることでがんの発生が予防できたよい例です。
このほか、海外で体を洗う習慣がない人々に皮膚がんや子宮頚がんが多発しました。発がん物質に接触しても、入浴やシャワーを浴びることによって体を清潔に保つことで体についた発がん物質を除くことができます。
皮膚の汚れが溜まりやすい部分はいつも清潔に保つようにしましょう。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.