がんと闘う植物性食品

1990年から、アメリカの国立がん研究所を中心に、「デザイナーフーズプログラム」として、食品、栄養、薬理、遺伝、生化学などの専門家が垣根を越えて、食品中のがん予防に役立つ機能性成分やその作用を突き止めようと研究が進められました。
そして、ふだん食べている食品のなかにある、がんから身を守る成分が次々と明らかになってきたのです。

いわゆるガン抑制やガン防止にも注目されているファイルケミカルによる免疫アップとは少し異なるのが特徴ですが、共通している部分も多々あります。
人の体の免疫力を高めたり、活性酸素を抑えるといった食品は当然、野菜や海藻に多く含まれ、動物性のたんぱく質などにはほとんど含まれないのが特徴です。ガン患者は、ガンが発覚した時点でこれまでの食習慣や生活習慣を180度かえていく必要があります。そのときに重要なのが食習慣であり、こうした植物性の食品になります。ただし、可能な限り農薬を使用しない無農薬の野菜を食べるようにします。
最近では、オーガニックの野菜の通販(あんしん・おいしい・たのしい大地を守る会のお試し野菜セット980円から
)などもあるので利用してもいいかもしれません。
その際にオーガニックであるか、減農薬であるか?無農薬であるか?をしっかり確かめて購入したほうがいいでしょう。

発がん物質を無害化できる効能は、野菜・きのこ、豆類、海藻類、果物類に多く含まれるので意識して食べるようにします。

「デザイナーフーズピラミッド」とは、がん予防に期待できる植物性食品を重要度別に分類し、疫学調査の結果をもとにピラミッド状に図示したもので、頂点に近いものほどがん予防への重要度は高いとされています。ただし、まだ解明されていない食品や成分もあり、今後の研究を待つ必要があります。ふだん食べている身近な野菜や果物、お茶、香草科にも予防効果が期待できる、という程度に覚えておくとよいですね。
ピラミッドの上に位置する食品別に。

  • にんにく、キャベツ、甘草、大豆、しょうが
  • にんじん、セロリ、バースニップ
  • たまねぎ、茶、ターメリック、玄米、全粒小麦、亜麻
  • オレンジ、レモン、グレープフルーツ
  • トマト、なす、ピーマン
  • ブロッコリー、カリフラー、芽キャベツ
  • メロン、バジル、タラゴン、エンバク、ハッカ、オレガノ、きゅうり、タイム、アサツキ、ローズマリー、セージ、じゃがいも、大麦、ベリー類
This entry was posted in ガン予防の基礎知識.