ガンに負けない食品たち

がんと闘う植物性食品ではにんにく、キャベツ、甘草、大豆、しょうがを特に強力であると紹介しましたがこれはアメリカのデザイナーズプログラムが基礎にあります。

デザイナーフーズプログラムは、アメリカ主導の研究なので、日本では日常的に食べていても、アメリカではほとんど食べない食品はリストから抜けています。
例えば海藻類や、きのこ類、野菜類です。このほか、リスト中のブロッコリーに含まれ、高いがん予防効果があることが確認された成分は、同じアブラナ科の野菜であるわさびやだいこん、かぶにも多く含まれていることがわかっています。
ですから「リストにないので効果がない」と判断しないようにしてください。
このように、食品の植物学上の分類が同じであれば似通った成分を含んでいる可能性は大きく、また、未知の成分も今後発見されるかもしれません。各食品にはさまざまな成分が存在し、食べる食品の種類が増えることで体内で補完し合ったり、相乗効果をもたらしていることを忘れないようにしてください。

デザイナーフーズ以外でガンの予防が期待できる野菜類

    野菜類

  • ユリ科:にら、ねぎ、グリーンアスパラガス
  • ナス科:ししとうがらし、とうがらし
  • セリ科:せり、パセリ、みつば
    アブラナ科:だいこん、かぶ、わさび、ちんげんさい、ラディッシュ、小松菜、クレソン、かいわれ菜、白菜
  • ウリ科:かぼちゃ、とうがん、にがうり
  • キク科:ごぼう、しゅんぎく、ふき、れた、レタス、サラダ菜、ふきのとう、サニーレタス
  • きのこ類

  • しいたけ、えのきたけ、マッシュルーム、まつたけ、しめじ、まいたけ、エリンギ、なめこ
  • 海藻類

  • わかめ、昆布、とろろ昆布、ひじき、もじく、のり、めかぶ
  • 香辛料・ハーブ類

  • 青じそ、みょうが、カレー粉、ミント、ローリエ
  • 穀類・豆類・種実類

  • 雑穀、とうもろこし、そらまめ、グリーンピース、さやえんどう、さやいんげん、えだまめ、豆腐、納豆、生揚げ、きなご、ごま
  • 果実類

  • 柑橘類:すだち、かぼす、ライム、みかん
  • 嗜好品

  • ココア

こうした食品を十分に食べる機会がない人などは「野草酵素」などもおすすめです。人間の生活に欠かせない触媒としての酵素を高い品質を維持した状態で摂ることができます。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.