香り成分に抗酸化作用「しそ」

しそ特有の香り成分であるテルペン類( シリアルアルデヒド、リモネン、ピネン) には、強力な殺菌作用があります。このテルペン類は動物実験で発がんを抑制する効果が認められ、細胞のがん化を促す活性酸素を無毒化する高い抗酸化効果があると考えられており、青じそと赤じその両方で効果が期待できます。

しそ科の香辛料( ローズマリーやセージなど) にも、動物実験ではありますが、一部のがんに対する抑制効果が確認されている物質が豊富に含まれています。
これらは油に溶けやすいので、魚の調理や妙め物など抽を使った料理の薬味に使うと効果的です。
青じそにはがんを増殖させる物質を抑制するオレアノール酸も含まれ、β-カロテンやビタミンC 、ビタミンEなども豊富なので、抗酸化力がさらにパワーアップします。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.