優れた鎮静作用で心身ともにリラックス「セロリ」

セロリは、古代ギリシャ時代からすでに利用されていたセリ科の野菜です。独特の芳香をもつために敬遠されることもありますが、セロリの健康効果はその香り成分にあります。

香り成分のテルペン類のなかでも「モノテルペン」を豊富に含み、動物実験で発がんを抑制する効果が認められています。また、アピイン、セダリノッド、セネリンにはすぐれた神経沈静効果があり、頭痛やいらいらを抑え、ストレスで疲れた心を癒してくれます。
とくに葉にはアピインが豊富で、疲労回復を助ける効果もあります。セロリの葉にはβカロテンも多いので、捨てずに刻んで食べるとよいでしょう。セロリにはカリウムも多く、余分な食塩を排出して血管や胃壁を守る効果もあります。消臭効果があるので、にんにくを食べたあとにもおすすめです。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.