イオウ化合物が血栓も防ぐ「たまねぎ」

たまねぎやねぎ、にんにくを切った時のツンとくる独特の香りが「イオウ化合物」です。従来から、このイオウ化合物は血管に血栓(血の塊) ができるのを防いだり、殺菌作用、鎮静作用をもつとされてきました。

これに加えて、発がん物質を抑制したり、発がん物質を無毒化する酵素に働きかけて発がんを抑制する作用が解明され、現在では、高いがん予防効果が期待されています。

たまねぎを切ったり刻んだりすることで酵素が働いて、アブラナ科野菜に多く含まれる、がん抑制効果の高いイソチオシアネートも作られるので、イオウ化合物との相乗効果が得られると考えられます。このほか、ポリフェノールの一種であるケルセチンが豊富という特徴があり、発がんを促す活性酸素の書から細胞を守る働きももっています。

This entry was posted in ガン予防の基礎知識.