ヒスロンH(一般名:酢酸メロキシプロゲステロン)

最も多く使われているホルモン製剤の1つ

製造・販売元
ファルマシア株式会社
対象患者
  • 乳ガン
  • 子宮体ガン(内膜ガン)
用法
錠剤を服用する。
有効率
33.2%(乳ガン)、23.6%(子宮体ガン)
副作用
  • 血栓症(脳梗塞、心筋梗塞、肺塞症、腸間膜血栓症、網膜血栓症、血栓性静脈炎など)
コスト
386,1円
禁忌
手術後1週間以内。脳梗塞や血栓静脈炎などの血栓疾患、または既往歴がある。心臓弁膜症・心房細胞・心内膜炎・重篤な心不全の心疾患がある。ホルモン剤を投与されている。妊婦または、妊娠の可能性のある。ヒスロンHに対して過敏症がある。診断未確定の性器出血、乳房病変のある患者。重篤な肝障害がある。

薬剤名の紹介

ヒスロンHは、乳ガンや子宮ガンのホルモン療法として非常によく使われている薬です。

転移予防もしくは再発予防に使われる

まれに投与中に体重が増えて脂肪肝になったり、血液が増えて多血症になたりして、血栓症をおこすことがあります。血栓性静脈炎や、女性のピルを服用したときに認められるような副作用がありますので注意が必要です。

あまりに脂肪肝が強くなったり、体重が増えたり、血栓症が多い場合には、この薬の使用を中止します。

ヒスロンHは主に、単独で転移予防もしくは手術後の再発予防に使われます。一般的には2年から5年以上、長期にわたって投与することが多いようです。最近ではヒスロンHのほかに、種々の酵素阻害剤を併用する場合があります。

投与中の日常生活

食物に関する制限はありません。ただし、一般にホルモン療法を行っているときには食欲がでます。また、食欲がでない場合でも、栄養の吸収が20~30% よくなり、体重が増えます。したがって、カロリーを制限し、食事量を減らしたほうがよいでしょう。
まれにコレステロールが高くなることがあるので、食事療法が必要になります。脂肪がつきやすくなるので、できるだけ運動したほうがよいでしょう。日光、喫煙・飲酒に関する制限はありません。

This entry was posted in 未分類.