エンドキサン(一般名:シクロホスファミド)

リンパ腫、乳ガン、婦人科ガンの中心的薬剤

製造・販売元
塩野義製薬
対象患者
  • 多発性骨髄腫
  • 悪性リンパ腫
  • 肺ガン
  • 乳ガン
  • 急性白血病
  • 真性多血症
  • 子宮頸ガン
  • 子宮体ガン
  • 卵巣ガン
  • 神経腫瘍(神経芽腫、網膜芽腫)
  • 用法
    静脈内に注射する。または錠剤の服用。
    有効率
    43.9%(多発性骨髄種)、58.1%(悪性リンパ腫)36.2%(乳ガン)、46.4%(卵巣ガン)
    副作用
    • 白血球減少
    • 悪心
    • 嘔吐
    • 脱毛など
    コスト
    1060円または1351円(注射薬)45.5~91円(経口薬)
    禁忌
    • ペンとスタンチンを投与中の患者
    • エンドキサンの成分に対し、重篤な過敏症の既往歴がある患者。

    エンドキサンの紹介

    エンドキサンは比較的古くから、多発性骨髄腫や悪性リンパ腫、肺ガン、乳ガンなどに対して、錠剤として経口投与を長くつづける薬の1つとして用いられてきました。また、おだやか免疫抑制剤の1つとしても、古くから用いられています。

    移植手術のあとや、膠原病、アレルギー疾患に対しても用いられてきましたが、現在ではたくさんの量を静脈内に点滴注射して、抗ガン剤として使うことも多くなっています。とくに悪性リンパ腫の「CHOP療法」、乳ガン「CAF療法」もしくは「CEF療法」の中心薬として用いられています。

    安全かつ効果が最も期待される薬の1つ

    エンドキサンは安全でかつ効果が最も期待される薬の1つです。

    また最近では、骨髄移植をする場合に大量に投与すると非常に顕著な効果を示し、また2週間後に白血球数が確実に回復してくるということが分かっています。

    多発性骨髄腫の治療では、最近は、アルケランにかわられつつあります。しかし今でもまだ中心的な薬の1つとして用いられています。子宮頚ガンや子宮体ガン、卵巣ガンに対しては、白金製剤にくらべると使用することが少し減ってきました。

    主な副作用としては、白血球減少、悪心、嘔吐、脱毛があります。また、注射で大量に投与する場合に、副作用として出血性膀胱炎が出ることがあります。錠剤を経口投与する場合には、この副作用が出ることはありません。

    投与中は水分をたくさんとることが必要

    注射で大量に投与する場合には、尿量がきちんと出るように点滴を多くする必要があります。そうしないと、尿中での薬の濃度が高くなることがあります。濃度が高いと膀胱の刺激症状が強くなり、出血性膀胱炎をおこすことが分かっています。
    そのため、エンドキサンの投与中は、水分をできるだけたくさんとることを心がけることが、投与中の日常生活で必要になります。ベントスタチンなど、作用機序が似ているほかの抗ガン剤をいっしょに使うと、副作用が非常に強く出ることが知られています。そのため、ほかに何の薬を投与されているかということは必ずチェックしなければいけないことになっています。

    投与中の日常生活

    入院治療の場合や、外来でも大量の投与を受けている場合には次のようなことに気をつけましょう。入浴は比較的軽めにしましょう。

    白血球減少がおきている場合、食事では生ものや火が通っていないものには気をつける必要があります。納豆やヨーグルトなどは避けましょう。運転はとくに気をつける必要はありません。飲酒はあまり飲みすぎないようにしたほうが良いと思います。

    非常にまれに肺の障害がおききることがありますので、喫煙量は減らしたほうが良いと思います。また投与中に日光の過敏症がおきることがありますので気をつけましょう。

    This entry was posted in ガン治療薬.