キロサイド(一般名:シタラビン)

白血病の特効薬として、また今後リンパ腫にも

製造・販売元
日本新薬株式会社
対象患者
  • 急性白血病
  • 消化器ガン
  • 肺ガン
  • 乳ガン
  • 女性器ガン
  • 膀胱腫瘍
用法
静脈内に点滴投与、またはワンショットで投与する。1回の点滴に要する時間は30分~1時間程度。膀胱腫瘍の場合は、膀胱内に注入する。
有効率
60.7%(急性白血病)、39.2%(消化器ガン)、72.7%(女性器ガン)、30.6%(膀胱腫瘍)など
副作用
  • 悪心
  • 食欲不振
  • 膀胱内注入の場合、白血球減少、膀胱刺激症状
コスト
4,125円
禁忌
キロサイドに対する重篤な過敏症の既往歴のある患者。

キロサイドの紹介

キロサイドは最も古くから使われている薬の1つで、1940年代から使用されています。急性白血病や肺ガン対して、代表的な薬の1つとして知られています。現在も中心的な薬の1つです。

急性白血病など60%の有効率

キロサイドは、静脈内に点滴投与またはワンショット(1回)で投与します。アメリカでは早くから認められていた、中等度もしくは大量の投与が、最近日本でも認められるようになり、有効率が高くなってきました。

とくに急性白血病や悪性リンパ腫では、60%以上の有効率を示します。

主な副作用としては、悪心、嘔吐などがあります。キロサイドを高濃度に入れますと、中枢神経系、とくに脳脊髄液中に約1% から0.1% 、キロサイドが分布することによって、嘔吐が強く出たりします。

一方で、頭の中にもキロサイドが行きますので、頭の中に病気がある場合でも効果があることがあります。また刺激性が比較的少ないので、脳脊髄液の中に直接、少量の薬を入れる場合があります。これは「髄腔内投与」といいます。

比較的コントロールしやすい薬

キロサイドは、点滴や注射をすると、すぐに血中濃度が上がるという利点があります。逆にいうと、ワンショットもしくは短時問で点滴した場合には、非常に短い時問で血中濃度が高くなります。濃度が低くなるのも早いです。

逆に24時問持続点滴をしますと、非常に長く有効性が保たれます。比較的コントロールがしやすい薬です。キロサイドは、ほかの薬と組み合わせることによって非常に効果を発揮します。併用する薬の代表例としては、急性白血病ではイダルビシンやダウノルビシン、急性リンパ性自血痛では、アドリアシン、リンパ腫では、プラトシンといった白金製剤といっしょに使われます。

血中に投与するものとしては、キロサイドは将来的にもこのまま残っていくでしょう。経口薬としては、スタラシドという薬がQOLを改善するためしに開発されています。また、脂肪にとける形にしたものが現在開発中です。
これは中枢神経に転移したガンや白血病に対して、有効率が非常に高くなっています。現在注目されている薬の1つで、デポサイトとよばれています。
投与中の日常生活
キロサイドの投与中、ほとんどの場合は入院生活をします。外来で点滴をする場合には、約2週間後に白血球減少が非常に強く出ますので、一般には食物や入浴などの制限があります。感染症に気をつけましょう。膀胱内注入の場合には、膀胱刺激症状がありますので、その後出血性膀胱炎や、膀胱炎の症状が出ることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です