フルツロン(一般名:ドキシフルリジン)

消化器ガン、乳ガンの経口治療薬

製造・販売元
日本ロシュ株式会社
対象患者
  • 胃ガン
  • 結腸・直腸ガン
  • 乳ガン
  • 子宮頸ガン
  • 膀胱ガン
用法
カプセルを服用
有効率
14.3%(胃ガン)、39.5%(乳ガン)、29.6%(膀胱ガン)など
副作用
  • 下痢
  • 白血球減少
  • 食欲不振
コスト
726.6円
禁忌
  • フルツロンの成分に対し、重篤な過敏症の既往歴がある
  • テガール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合剤が投与中、中止後に7日以内

フルツロンの紹介

フルツロンは胃ガンや大腸ガン、乳ガン、子宮頚ガンなどで治療を希望する患者さんに最も多く使われている薬の1つです。とくに外科医が術後に、1日3~4回に分けて投与する例が非常に多い薬の1つです。

通院治療で処方が可能

フルツロンは副作用が非常に軽いということで、通院治療で処方できるということが利点の1つです。短所はとくにありません。一般にはフルツロンだけでは、10数% から30% くらいの有効率です。

乳ガンではエンドキサンを併用したり、大腸ガンや直腸ガンではカンプトなど、ほかの薬をいっしょに投与する場合があります。

フルツロンも含めて、5-FUの系列のきそ薬はすべて、治療の基礎となる薬の1つです。

一般には今後、併用療法がどんどん広げられていくことが考えられます。下痢や食欲不振があまり強い場合には、フルツロンを投与することができません。しかし一時的に中止したり、投与する量を減量するとまた症状が軽くなります。
そのため長く使用することができます。フルツロンは配合剤からできています。それは5-FU単独にくらべるとフルツロンの利点となるのですが、逆に配合されている薬のうち、どれかにアレルギーがあると使えないという場合があります。

投与中の日常生活

入浴や車の運転、喫煙にはとくに気をつける必要はありません。食事については、フルツロンを投与しはじめたころに軽い吐き気などがあるようであれば、食欲の出るようなものに切り替えたり、また飲酒をひかえたりする必要があります。
日光は手足症候群が出たかどうかで、ひかえるかどうかを決めたほうが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です