急性白血病」タグアーカイブ

ロイナーゼ(一般名:L-アスパラギナーゼ)

小児の急性リンパ性白血病に有効

製造・販売元
協和発酵工業株式会社
対象患者
    急性白血病(慢性白血病の急性転化例を含む)、悪性リンパ腫
用法
静脈に点滴注射する。1回の点滴に要する時間は60分。
有効率
75%(リンパ性白血病)、53.8%(細網肉腫(68.9%)、リンパ肉腫など
副作用
  • ショック
  • 気道閉塞
  • 循環不全
  • 脳出血
  • 脳梗塞
  • 肺出血
  • 重篤な急性膵炎
  • 意識障害を伴う高アンモニア血症
  • 肝不全
  • コスト
    5,607円
    禁忌
    ロイナーゼに対して重篤な過敏症の既往歴がある

ロイナーゼの紹介

ロイナーゼは、慢性白血病の中のりパ性急性転化や悪性リンパ腫、あるいは急性リンパ性白血病によく用いられます。

1回目の投与でショックが起きることがある

ロイナーゼは、細菌からつくられた酵素です。患者さんがその細菌に対してアレルギーがあると、ショックなどをおこします。この酵素は、細胞がアミノ酸を利用する効率を悪くして、細胞を飢餓状態に追いこむように作用します。

静脈内の点滴注射では、1回目の投与のときに、ショックやアナフィラキシーというアレルギーなどの症状がよく出ます。また出血や肝機能障害などがおこることがあるので、とくに気をつける必要があります。1回日にこれらの症状がでると、2回目以降の投与ができなくなります。1回目にこれらの症状がなければ、2回目以降は安全に投与できる可能性が高くなります。

肝臓の細胞の機能もおさえられて肝障害が起きる

ロイナーゼを投与すると、肝臓などのようなタンパク質をたくさんつくる場所の細胞の機能もいっしょにおさえられるため、肝障害がおこります。この肝障害は、AST(GOT)やA LT(GPT)が上がるタイプの肝障害ではありません。
アルブミンや凝固因子など、毎日つくられているようなタンパク質をつくることができなくなるタイプの障害です。

凝固因子が非常に減ることから、凝固異常がおこります。まれに、凝固因子が減りすぎたために、脳出血や肺出血などの出血傾向をおこすことがあります。

また、すい臓に負担をかけて急性すい炎をおこすこともあります。点滴はなるべくゆっくりと行います。単剤で用いる場合もありますが、一般にはリンパ性白血病のある治療と別の治療との間で用いたり、あるいはある治療と併用して4週間程度利用されることが多いです。

併用される薬の代表例としては、メソトレキセート、プレドニンなどのような、リンパ性の白血病に使われる薬があります。この系統の薬はロイナーゼしかありませんので、将来的にもしばらく使われていくことになると思います。
投与中の日常生活
血液の凝固異常や出血傾向がみられる場合があるので、皮膚をこすったり、体を温めたり、清拭することはできません。入浴は、シャワーだけにしたほうが無難です。肝機能障害が強く出るので、油の多いものを食べたり、たくさんの量を食べたりといった肝臓に負担をかける食事はひかえます。
薬の吸収が悪くなる可能性があるので、飲酒はできません。ロイナーゼを使う場合、心臓に負担がかかる薬と併用することが多く、その場合には運動もできなくなります。

メソトレキセート(一般名:メトトレキサート)

免疫抑制剤としてだけでなく抗ガン剤も古くから認められている

製造・販売元
武田薬品工業株式会社
対象患者
  • 急性白血病
  • 慢性リンパ性白血病
  • 慢性骨髄性白血病
  • 絨毛性疾患(絨毛ガン、破壊胞状奇胎、胞状奇胎)
  • CMF療法:乳ガン
  • メトトレキセート・ロイコボリン救助療法(肉腫(骨肉腫、軟部肉腫など)
  • 急性白血病の中枢神経系および睾丸への浸潤に対する寛解、悪性リンパ腫の中枢神経への浸潤に対する寛解
  • メトトレキセート・フルオロウラシル交代療法
  • 胃ガンに対するフルオラシル抗腫効果の増強
用法
静脈内、髄腔内または筋肉に注射する。また必要に応じて動脈内または腫瘍に注射。
有効率
単剤でおよそ20%
副作用
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 脱毛
  • 白血球減少
  • 貧血
  • ALT(GPT)上昇
  • AST(GOT)上昇
コスト
1,066円
禁忌
  • メソトレキセートの成分に対し重篤な過敏症の既往歴がある
  • 肝障害
  • 腎障害
  • l胸水・腹水

メソトレキセートの紹介

メソトレキセートは最も古い抗ガン剤の1つで、急性白血病やリンパ性白血病などに使われる薬の1つです。

また、絨毛ガンといって、妊娠にともう「胞状奇胎」という腫瘍にともなって肺転移がおこりますが、そのような状態に使われている薬の1つです。また最近ではあまり使われなくなりましたが、乳ガンで「CMF療法」という弱い化学療法を行う場合の代表的な薬の1つでもあります。さらに、骨肉腫や軟部肉腫、ほかの肉腫などで現在も最も使われている薬の1つです。
胃ガンでは、メソトレキセートと5-FUをいっしょに使う場合があります。

短時間で点滴が可能

メソトレキセートは葉酸代謝、つまそりビタミンB6に関する核酸合成の阻害をするという機序が非常にきちんと解明されていますので、昔からずっと使われています。点滴が非常に短時問でできるという利点があります。
リンパ性疾患や絨毛性のガンなどには、標準的な治療の1つとして今後も使われていくと思います。

メソトレキセートを投与して、効果が強く出過ぎた場合や、口内炎が強く出た場合などには、メソトレキセートの効果を弱めるロイコポリンという薬を投与することがあります。これは「ロイコポリン救援療法」とよばれるものです。

吐き気や嘔吐、食欲不振や脱毛がおきますが、人によって個人差が非常にあります。肝障害や腎障害があると、メソトレキセートが肝臓で分解されにくくなったり、腎臓から排泄されにくくなったりします。そのため薬の効果が強く出る場合がありますから気をつけましょう。

投与中の日常生活

メソトレキセートを投与中は一般に、口内炎や下痢、粘膜障害がおきやすくなります。口腔内や肛門周囲などを清潔に保つように気をつけましょう。

食事については、刺激性の高いものや、口にしみたりする酸味の強いものはひかえましょう。下痢をしている場合、飲酒はひかえたほうがよいと思います。まれに肺の障害が出ることがありますので、喫煙量は減らしましょう。車の運転にはとくに気をつける必要はありません。粘膜障害や皮膚障害がある場合には、日光を浴びるのはひかえたほうがよいと思います。

フィルデシン(一般名:塩酸ビンデシン)

オンコビンよりも末梢神経障害が少ない

製造・販売元
塩野義製薬株式会社
対象患者
  • 急性白血病(慢性骨髄性白血病の急性転化を含む)
  • 悪性リンパ腫
  • 肺ガン
  • 食道ガン
用法
静脈内に点滴注射する。ワンショットまたはゆっくり側注。
有効率
37.8%(急性リンパ性白血病)、29.4%)慢性骨髄性白血病の急性転化)、55.6%(非ホジキンリンパ腫)、14.3%(小細胞ガン)、55.6%(ホジキンリンパ腫)、15%(扁平上皮ガン)、15.4%(肺腺ガン)、16.2%(食道ガン)など
副作用
  • 白血球減少
  • ヘモグロビン減少
  • 血小板減少
  • 脱毛など
コスト
5,974円
禁忌
フィルデシンの成分に対して重篤な過敏症の既往歴のある患者。髄腔内には投与してはならない

薬剤名の紹介

フィルデシンの対象患者は、急性白血病と悪性リンパ腫ですが、肺ガンや食道ガンにも使われています。最近では代表的な悪性リンパ腫の治療薬として、ふたたび脚光を浴びています。

オンコビンよりも有効率は若干低い

フィルデシンはオンコピンという有名な薬の誘導体で、オンコピンよりも末梢神経障害が少ないということで開発をされています。
そのため、オンコピンを投与すると末梢神経障害が強く出る人には、この薬を使うほうが良いことがあります。

ただし、オンコピンよりも有効性は若干低くなります。末梢神経障害が強く出た患者さんのみに使われたり、もしくは仕事の関係から末梢神経障害がおきると都合が悪いような患者さんに使われる場合があります。
オンコピンの末梢神経障害の弱い薬の一つとして、今後も使われていくことになるでしょう。フィルデシンは血管から漏れると静脈炎をおこしますので、できるだけワンショットで投与するか、もしくは太い血管に入っていることを確かめてから、時間をかけて投与することが一般的です。

急性白血病ではステロイドホルモンやキロサイド、メソトレキセートといへいようったほかの強力な薬と併用します。

悪性リンパ腫では、アドリアシンエンドキサンなどといっしょに使われます。肺ガンでは、プラトシンなどといっしょに使われます。

一般に食道ガンや肺ガンでは、フィルデシンを使ったあとに放射線照射を併用する場合があります。フィルデシンもオンコピンと同様、髄腔内には絶対に投与してはいけません。またくり返し投与しますと、絶対ではありませんが末梢神経障害や消化管の麻痔がおこりますので、投与の日数は守らなければなりません。

投与中の日常生活

フィルデシンでは一般に、末梢神経障害は比較的少ないのですが、それ出た場合などは一人浴時に気をつけましょう。滑りやすくなったり、転びやすくなったりするからです。運動については、末梢神経障害の予防のためにしていたうが良いのですが、細かい運動は危険ですから控えましょう。車の運転、飲酒や喫煙には、とくに気をつけることはありません。

ファルモルビシン(一般名:塩酸エビルビシン)

老人にも使用可能な協力な薬剤

製造・販売元
協和発酵工業株式会社
対象患者
  • 急性白血病
  • 悪性リンパ腫
  • 乳ガン
  • 卵巣ガン
  • 胃ガン
  • 肝ガン
  • 尿路上皮ガン
用法
静脈内にゆっくり点滴注射する。肝ガンの場合には、肝動脈内に点滴注射する。膀胱ガンの場合は膀胱腔内に注入する。
有効率
23.5%(急性白血病)、64.3%(悪性リンパ腫)、38.6%(乳ガン)、58.4%(表在性膀胱ガン)など
副作用
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 白血球減少
  • 食欲不振
  • 脱毛
  • テキスト
  • 膀胱腔内注入では頻尿、排尿痛などの局所刺激症状

コスト
7,591円
禁忌
心機能異常またはその既往歴のある患者。ファルモルビシンに対して重篤な過敏症の既往歴のある患者。他のアントラサイクリン系薬などの心毒性を有する薬剤による治療が限界量に達している患者。

ファルモルビシンの紹介

ファルモルビシンは、アドリアシンの類似薬ということで開発されましたが、副作用のうちの心毒性が弱いということで選ばれる場合が多いようです。とくに老人例での白血病や悪性リンパ種によく使われています。

心毒性の危険が強い人に使われる

欧米、とくにヨーロッパでは乳ガンに対して、エンドキサン、アドリアシン、5-FUという薬を組み合わせた治療のほかに、心臓に毒性が少ないという理由から、むしろエンドキサン、ファルモルビシン、5-FUといった薬を使う「CEF療法」がよく行われています。

日本では残念ながら、投与量の一部までしか保険が適用されないために、まだ、普及が十分ではありません。血液系の腫瘍では、心毒性の危険がある人に、ファルモルビシンが使われています。アドリアシンと同じように、点滴のときに血管から漏れますと、強い静脈炎をおこしますので投与中に注意が必要です。

肝臓ガン、膀胱ガンなどで、肝動脈内や膀胱腔内に注入する場合には、時間をかけて行います。30分から60分程度時間をかけます。

静脈内に点滴注射をする場合には、ゆっくり時間をかけながらワンショットで投与をするか、もしくは30分程度時間をかけて点滴をする場合が多いです。最近、24時間かけてゆっくり投与するというような方法も考えられましたが、まだ一般的ではありません。長くかけたほうが副作用が少なく、吐き気が少ないという特徴があります。

与中の日常生活

白血球減少がある場合には入浴をひかえ、シャワーだけにしましょう。食事は、生野菜などの細菌がついている可能性があるものや、納豆、ヨーグルトといった菌が含まれているものは避け、加熱したものを食べましょう。

膀胱内にファルモルビシンを投与したときには、膀胱刺激があるので、人浴や運転、運動などをひかえましょう。。喫煙・飲酒に関する制限はありません。ただし、食欲不振が強い場合には飲酒をひかえましょう。

ノバントロン(一般名:塩酸ミトオキサントロン)

ドキソルビシン抵抗例にも使用可能

製造・販売元
武田薬品工業株式会社
対象患者
  • 急性白血病(慢性骨髄性白血病の急性転化を含む)
  • 悪性リンパ腫
  • 乳ガン
  • 肝細胞ガン
用法
静脈内にゆっくり投与
有効率
45%(急性白血病の単独療法)、40%(悪性リンパ腫の単独療法)、25%(乳ガンの単独療法)、15%(肝細胞ガンの単独療法)
副作用
  • 白血球減少
  • 血小板減少
  • 血色素減少
  • 悪心・嘔吐
  • 食欲不振
  • うっ血性心不全
コスト
52,0601円
禁忌
  • 心機能異常またはその既往歴のある患者
  • ノバントロンの成分に対し、重篤な過敏症の既往歴のある患者

ノバントロンの紹介

ノバントロンは、急性白血病でイダルビシンやダウノルビシン、リンパ腫でアドリアシン、乳ガンでファルモルビシンやアドリアシンを使用したあとに再発した方、もしくはそれらの薬にアレルギーがある方に第一選択薬として使われている強力な薬の1つです。肝細胞ガン対しては、一般に使われることが少なくなってきました。現在は、リンパ腫の治療薬としても注目を浴びてきています。

非常に強力な薬

ノバントロンは、投与してから3日以内に白血球減少や血小板減少がおこるという非常に強力な薬です。

逆にそれが特徴で、入院して治療し、なおかついつ副作用がでるかということがきちんと計算できる薬です。ノバントロンは静脈内にゆっくり投与することが必要です。心毒性が強いので、心臓の弱い方には投与できません。

また血管内から漏れると、静脈炎を強くおこします。そのとき組織の壊死などがおきますから、気をつけて投与しなければなりません。

有効率は非常に高く、これまで40% から45%が単独で認められています。併用する薬の代表例としては、キロサイドやエンドキサン、カルボプラチンといった薬があり、併用すると約60% の有効率を誇ります。

ゆっくり治療すれば外来でもできない治療ではありません。副作用としては、白血球減少と血小板減少が非常に強く出ます。また悪心、嘔吐も強いので、一般にはノバントロンを投与する前に制吐剤(吐き気どめ) を先に投与してから行います。
うっ血性心不全も出ることがありますので注意が必要です。心機能異常のある方には使うことはできません。

投与中の日常生活

投与中には白血球減少が必ずおきますので、入浴中は控えめにして、清潔を保つためにシャワーなどを頻繁にあびたほうがいいと思います。

食事については、生ものや火の通っていないものに気をつけましょう。納豆やヨーグルトなどが問題になります。この薬剤を投与中は、飲酒したいという気持ちはおきないと思いますげりが、下痢などがある場合には、飲酒をするとさらにひどくなりますので気をきつえんつけましょう。

喫煙はとくに気をつける必要はありません。運転もとくに気をつける必要はありねんまくません。皮膚粘膜障害が出る場合がありますので、その場合にはあまり日光を浴びないようにしたほうが良いと思います。

キロサイド(一般名:シタラビン)

白血病の特効薬として、また今後リンパ腫にも

製造・販売元
日本新薬株式会社
対象患者
  • 急性白血病
  • 消化器ガン
  • 肺ガン
  • 乳ガン
  • 女性器ガン
  • 膀胱腫瘍
用法
静脈内に点滴投与、またはワンショットで投与する。1回の点滴に要する時間は30分~1時間程度。膀胱腫瘍の場合は、膀胱内に注入する。
有効率
60.7%(急性白血病)、39.2%(消化器ガン)、72.7%(女性器ガン)、30.6%(膀胱腫瘍)など
副作用
  • 悪心
  • 食欲不振
  • 膀胱内注入の場合、白血球減少、膀胱刺激症状
コスト
4,125円
禁忌
キロサイドに対する重篤な過敏症の既往歴のある患者。

キロサイドの紹介

キロサイドは最も古くから使われている薬の1つで、1940年代から使用されています。急性白血病や肺ガン対して、代表的な薬の1つとして知られています。現在も中心的な薬の1つです。

急性白血病など60%の有効率

キロサイドは、静脈内に点滴投与またはワンショット(1回)で投与します。アメリカでは早くから認められていた、中等度もしくは大量の投与が、最近日本でも認められるようになり、有効率が高くなってきました。

とくに急性白血病や悪性リンパ腫では、60%以上の有効率を示します。

主な副作用としては、悪心、嘔吐などがあります。キロサイドを高濃度に入れますと、中枢神経系、とくに脳脊髄液中に約1% から0.1% 、キロサイドが分布することによって、嘔吐が強く出たりします。

一方で、頭の中にもキロサイドが行きますので、頭の中に病気がある場合でも効果があることがあります。また刺激性が比較的少ないので、脳脊髄液の中に直接、少量の薬を入れる場合があります。これは「髄腔内投与」といいます。

比較的コントロールしやすい薬

キロサイドは、点滴や注射をすると、すぐに血中濃度が上がるという利点があります。逆にいうと、ワンショットもしくは短時問で点滴した場合には、非常に短い時問で血中濃度が高くなります。濃度が低くなるのも早いです。

逆に24時問持続点滴をしますと、非常に長く有効性が保たれます。比較的コントロールがしやすい薬です。キロサイドは、ほかの薬と組み合わせることによって非常に効果を発揮します。併用する薬の代表例としては、急性白血病ではイダルビシンやダウノルビシン、急性リンパ性自血痛では、アドリアシン、リンパ腫では、プラトシンといった白金製剤といっしょに使われます。

血中に投与するものとしては、キロサイドは将来的にもこのまま残っていくでしょう。経口薬としては、スタラシドという薬がQOLを改善するためしに開発されています。また、脂肪にとける形にしたものが現在開発中です。
これは中枢神経に転移したガンや白血病に対して、有効率が非常に高くなっています。現在注目されている薬の1つで、デポサイトとよばれています。
投与中の日常生活
キロサイドの投与中、ほとんどの場合は入院生活をします。外来で点滴をする場合には、約2週間後に白血球減少が非常に強く出ますので、一般には食物や入浴などの制限があります。感染症に気をつけましょう。膀胱内注入の場合には、膀胱刺激症状がありますので、その後出血性膀胱炎や、膀胱炎の症状が出ることがあります。

エンドキサン(一般名:シクロホスファミド)

リンパ腫、乳ガン、婦人科ガンの中心的薬剤

製造・販売元
塩野義製薬
対象患者
  • 多発性骨髄腫
  • 悪性リンパ腫
  • 肺ガン
  • 乳ガン
  • 急性白血病
  • 真性多血症
  • 子宮頸ガン
  • 子宮体ガン
  • 卵巣ガン
  • 神経腫瘍(神経芽腫、網膜芽腫)
  • 用法
    静脈内に注射する。または錠剤の服用。
    有効率
    43.9%(多発性骨髄種)、58.1%(悪性リンパ腫)36.2%(乳ガン)、46.4%(卵巣ガン)
    副作用
    • 白血球減少
    • 悪心
    • 嘔吐
    • 脱毛など
    コスト
    1060円または1351円(注射薬)45.5~91円(経口薬)
    禁忌
    • ペンとスタンチンを投与中の患者
    • エンドキサンの成分に対し、重篤な過敏症の既往歴がある患者。

    エンドキサンの紹介

    エンドキサンは比較的古くから、多発性骨髄腫や悪性リンパ腫、肺ガン、乳ガンなどに対して、錠剤として経口投与を長くつづける薬の1つとして用いられてきました。また、おだやか免疫抑制剤の1つとしても、古くから用いられています。

    移植手術のあとや、膠原病、アレルギー疾患に対しても用いられてきましたが、現在ではたくさんの量を静脈内に点滴注射して、抗ガン剤として使うことも多くなっています。とくに悪性リンパ腫の「CHOP療法」、乳ガン「CAF療法」もしくは「CEF療法」の中心薬として用いられています。

    安全かつ効果が最も期待される薬の1つ

    エンドキサンは安全でかつ効果が最も期待される薬の1つです。

    また最近では、骨髄移植をする場合に大量に投与すると非常に顕著な効果を示し、また2週間後に白血球数が確実に回復してくるということが分かっています。

    多発性骨髄腫の治療では、最近は、アルケランにかわられつつあります。しかし今でもまだ中心的な薬の1つとして用いられています。子宮頚ガンや子宮体ガン、卵巣ガンに対しては、白金製剤にくらべると使用することが少し減ってきました。

    主な副作用としては、白血球減少、悪心、嘔吐、脱毛があります。また、注射で大量に投与する場合に、副作用として出血性膀胱炎が出ることがあります。錠剤を経口投与する場合には、この副作用が出ることはありません。

    投与中は水分をたくさんとることが必要

    注射で大量に投与する場合には、尿量がきちんと出るように点滴を多くする必要があります。そうしないと、尿中での薬の濃度が高くなることがあります。濃度が高いと膀胱の刺激症状が強くなり、出血性膀胱炎をおこすことが分かっています。
    そのため、エンドキサンの投与中は、水分をできるだけたくさんとることを心がけることが、投与中の日常生活で必要になります。ベントスタチンなど、作用機序が似ているほかの抗ガン剤をいっしょに使うと、副作用が非常に強く出ることが知られています。そのため、ほかに何の薬を投与されているかということは必ずチェックしなければいけないことになっています。

    投与中の日常生活

    入院治療の場合や、外来でも大量の投与を受けている場合には次のようなことに気をつけましょう。入浴は比較的軽めにしましょう。

    白血球減少がおきている場合、食事では生ものや火が通っていないものには気をつける必要があります。納豆やヨーグルトなどは避けましょう。運転はとくに気をつける必要はありません。飲酒はあまり飲みすぎないようにしたほうが良いと思います。

    非常にまれに肺の障害がおききることがありますので、喫煙量は減らしたほうが良いと思います。また投与中に日光の過敏症がおきることがありますので気をつけましょう。