メソトレキセート(一般名:メトトレキサート)

免疫抑制剤としてだけでなく抗ガン剤も古くから認められている

製造・販売元
武田薬品工業株式会社
対象患者
  • 急性白血病
  • 慢性リンパ性白血病
  • 慢性骨髄性白血病
  • 絨毛性疾患(絨毛ガン、破壊胞状奇胎、胞状奇胎)
  • CMF療法:乳ガン
  • メトトレキセート・ロイコボリン救助療法(肉腫(骨肉腫、軟部肉腫など)
  • 急性白血病の中枢神経系および睾丸への浸潤に対する寛解、悪性リンパ腫の中枢神経への浸潤に対する寛解
  • メトトレキセート・フルオロウラシル交代療法
  • 胃ガンに対するフルオラシル抗腫効果の増強
用法
静脈内、髄腔内または筋肉に注射する。また必要に応じて動脈内または腫瘍に注射。
有効率
単剤でおよそ20%
副作用
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 食欲不振
  • 脱毛
  • 白血球減少
  • 貧血
  • ALT(GPT)上昇
  • AST(GOT)上昇
コスト
1,066円
禁忌
  • メソトレキセートの成分に対し重篤な過敏症の既往歴がある
  • 肝障害
  • 腎障害
  • l胸水・腹水

メソトレキセートの紹介

メソトレキセートは最も古い抗ガン剤の1つで、急性白血病やリンパ性白血病などに使われる薬の1つです。

また、絨毛ガンといって、妊娠にともう「胞状奇胎」という腫瘍にともなって肺転移がおこりますが、そのような状態に使われている薬の1つです。また最近ではあまり使われなくなりましたが、乳ガンで「CMF療法」という弱い化学療法を行う場合の代表的な薬の1つでもあります。さらに、骨肉腫や軟部肉腫、ほかの肉腫などで現在も最も使われている薬の1つです。
胃ガンでは、メソトレキセートと5-FUをいっしょに使う場合があります。

短時間で点滴が可能

メソトレキセートは葉酸代謝、つまそりビタミンB6に関する核酸合成の阻害をするという機序が非常にきちんと解明されていますので、昔からずっと使われています。点滴が非常に短時問でできるという利点があります。
リンパ性疾患や絨毛性のガンなどには、標準的な治療の1つとして今後も使われていくと思います。

メソトレキセートを投与して、効果が強く出過ぎた場合や、口内炎が強く出た場合などには、メソトレキセートの効果を弱めるロイコポリンという薬を投与することがあります。これは「ロイコポリン救援療法」とよばれるものです。

吐き気や嘔吐、食欲不振や脱毛がおきますが、人によって個人差が非常にあります。肝障害や腎障害があると、メソトレキセートが肝臓で分解されにくくなったり、腎臓から排泄されにくくなったりします。そのため薬の効果が強く出る場合がありますから気をつけましょう。

投与中の日常生活

メソトレキセートを投与中は一般に、口内炎や下痢、粘膜障害がおきやすくなります。口腔内や肛門周囲などを清潔に保つように気をつけましょう。

食事については、刺激性の高いものや、口にしみたりする酸味の強いものはひかえましょう。下痢をしている場合、飲酒はひかえたほうがよいと思います。まれに肺の障害が出ることがありますので、喫煙量は減らしましょう。車の運転にはとくに気をつける必要はありません。粘膜障害や皮膚障害がある場合には、日光を浴びるのはひかえたほうがよいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です