ペラゾリン(一般名:ソブゾキサン)

リンパ腫の経口投与の代表

ベラゾリンは、悪性リンパ腫と成人T細胞性白血病、T細胞性リンパ腫の患者さんに用いられています。

製造・販売元
全薬工業株式会社
対象患者
  • 悪性リンパ腫
  • 成人T細胞白血病
  • T細胞リンパ腫
用法
細粒を服用
有効率
28.3%(悪性リンパ腫)、43.5%(成人T細胞性白血病)
副作用
  • 食欲不振
  • 悪心・嘔吐
  • 下痢
  • 口内炎
  • 脱毛
  • 白血球減少
  • 赤血球減少
  • 血小板減少など
コスト
736円
禁忌
  • 重篤な骨髄抑制がある
  • ペラゾリンに対する重篤な過敏症がある

ペラゾリンの紹介

ベラゾリンは、悪性リンパ腫と成人T細胞性白血病、T細胞性リンパ腫の患者さんに用いられています。

減量、増量を柔軟に行える

一般には400mgの細粒からできています。400mgからはじめて、およそ1200mgまで段階をおって徐々に増量したり、逆に副作用が強い場合には減量したりといったことが自由にできるという利点のある薬です。

ただしペラゾリンだけでは約30%くらいの有効率しかありません。ペラゾリンだけでは非常に効果が弱く、治癒をめざす薬ではありません。強い治療をしたあとで再発したた患者さんや、老齢のために強い治療ができない患者さん、もしくは入院治療を希望せずに、どうしても外来で治療しなければならないという患者さんに対して、好んで使われる場合があります。

日本では一般に、ペラゾリンとラステットという薬が、そのような患者さんによく使われています。両方の薬がどちらも効かなくなるということはなく、どちらかを先に投与して、その薬が効かなくなったら別のほうを投与するというように、一般的には使用します。

別の薬との併用は副作用がおこることがある

帯状疱疹の薬で、ゾビラツクスという薬があります。その薬といっしょにペラゾリンが投与されて重篤な骨髄抑制をおこし、亡くなった患者さんがいました。そのように別の薬が入っていると重篤な副作用が出る場合がありますので、併用している薬が何かと必ず問いたうえで投与するということが必要になっています。

ほかの抗ガン剤でも同じなのですが、ペラゾリンでは実際に亡くなった例がありましたので、とくに気をつけて投与することになっています。

一般に抗ウィルス薬がいっしょに人っていると核酸の合成障害がおきて、悪心や嘔吐が強いだけでなく、下痢や口内炎、脱毛も非常に強くおき、なおかつ白血球減少が非常に長い間つづきますので、気をつけて使用することが必要です。
ほかの薬と併用することは基本的に認められていませんが、これまでにラステットやスタラシドなどといった抗がん剤と併用すると、下痢が強く出たり、消化管出血がおきたという報告がありますので注意が必要です。

投与中の日常生活

投与した最初のころに、食欲不振や悪心、嘔吐が出る場合があります。少量ではじめる場合はとくに心配することはありません。最初のころは少量かせいとらはじめるか、投与する場合に制吐剤(吐き気どめ)をいっしょに投与するように気をつけることが必要です。入浴や車の運転、飲酒、喫煙、日光などについては、とくに気をつける必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です