タキソテール(一般名:ドセタキセル水和物)

微少感薬剤の中で最も有望

製造・販売元
アベティンス ファーマ株式会社
対象患者
  • 乳ガン
  • 非小細胞肺ガン
  • テキスト
  • 卵巣ガン
  • 胃ガン
  • 頭頸部ガン
用法
静脈内に点滴注射する。1回の点滴に要する時間は1時間。
有効率
後期第二相試験にける有効率(47.2%)乳ガン(21.3%)非小細胞肺ガン(23.8%)卵巣ガン(17.1%)胃ガン(20.6%)
副作用
  • 脱毛
  • 食欲不振
  • 全身倦怠感
コスト
79,910円
禁忌
重篤な骨髄抑制がある患者。感染症を合併している患者。発熱を有し、感染症の疑われる患者。タキソテールまたは、ポリソルベート80含有製剤に対して重篤な過敏症の既往歴がある患者。妊婦または妊娠の可能性のある患者。

タキソテールの紹介

タキソテールは、乳ガン、肺ガン、卵巣ガン、胃ガン、頭頸部ガンによく使われています。単剤でも30~40% の有効率があります。

手足のしぶれがでることがあるので注意する

骨髄抑制が非常に軽く、くり返し投与できることが利点です。一方で、長く使っていますと、手足のしびれなど末梢神経障害が出ることがあります。細かいものを触ったりとか、薄いものをめくったりすることや、キーボードを打つと指が痛いといった症状が出ることがあります。

そのほか、全身倦怠感が強くでることもあります。タキソテールは、「ポリソルベート80」という特別な溶剤にとけています。そのため、1000人に1人ほどの人が、それに対するアレルギー、またはタキソテールに対するショックをおこし、血圧が触れなくなったりすることがあります。

それらの症状を一度おこ患者さんには投与できなくなります。

点滴の時間はとくに時間の制限はありませんが、1時問半ほどかけてゆっくり投与することが多いです。併用する薬の代表例としては、乳ガンではハーセプチンとの併用が現在よく使われています。

肺ガンや卵巣ガンでは、カルボプラチンやプラトシンといった白金製剤、胃ガンでは単独で、頭頚部のガンではやはり白金製剤などで5-FUと併用されることが多いです。

投与中の日常生活

入浴でとくに気をつけることはありません。ただし、タキソテールは投与したときに血管から漏れると、血管の周囲に炎症をおこします。そのようなときには、あまり温めないほうがよい場合があります。

白血球減少が比較的少ないので、食事にはそれほど気をつける必要はありません。飲酒や喫煙も、とくに制限はありません。
手足のしびれなどの神経障害がくることがありますので、階段の上り下りやはげしい運動をするときには気をつけましょう。また串の運転でも、手足の先がしびれていますので、細かい作業をするような串の運転は避けたほうがいいことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です