頭頸部ガン」タグアーカイブ

プラトシン/ブリプラチン/ランダ(一般名:シスプラチン)

代表的な白金製剤の1つ。多くのガンに有効な薬

製造・販売元
  • 販売元(協和発酵株式会社)
  • 販売元(日本化薬株式会社)
対象患者
  • 睾丸腫瘍
  • 膀胱ガン
  • 腎盂・尿管腫瘍
  • 前立腺ガン
  • 頭頸部ガン
  • 非小細胞ガン
  • 食道ガン
  • 骨肉腫
用法
静脈に点滴注射する。1回の点滴に要する時間は1.5時間~2時間
有効率
30~60%
副作用
  • 急性腎不全
  • 汎血球減少などの骨髄抑制
  • 聴力低下
  • 難聴など
コスト
17,960
禁忌
  • 重篤な腎障害がある
  • プラトシンの成分または他の白金を含む薬剤に対して過敏症の既往歴がある
  • 妊婦または妊娠の可能性がある

プラトシン/ブリプラチン/ランダの紹介

この薬は、睾丸腫瘍や肺ガン、悪性リンパ種、神経芽細胞腫、胃胃ガンなどの代表的なガンで最も強く作用する薬です。

腎障害があると投与できない

この薬は腎臓から排泄されますので、重篤な腎障害がある場合には投与できません。薬を選ぶ場合に、腎障害がないことが基準になります。

尿素窒素やクレアチニンなどの物質の血中濃度ではかるだけでなく、24時間尿から尿中にクレアチニンがどれくらい出ているかを計算して「クレアチニン・クレアランス」という値を出します。その値がある程度以上ないと、この薬を投与できません。

どうしても投与する場合は、値によって投与量を計算して投与することになります。腎臓から排泄されますので、急性腎不全をおこすことがあります。それに注意をするために、点滴の水分量を多くすることが必要です。

この薬は、吐き気を最も強くおこす薬の1つです。そのため、静脈に点滴注射をする場合には、ある程度時間をかけて行うこと、またこの薬を点滴すおうとる前に必ず嘔吐を止める薬を点滴することが重要です。

有効率は非常に高く、この薬が入っていますと、30~40% 以上有効です。
最近ではこの薬が単剤で使われることは少なくなっています。胃ガンでは5-FUの併用、肺ガンでもこの薬以外に、カルボプラチンやフィルデシンなどの別の薬と併用したり、りしゆンパ腫の場合にはサイドシンやアラノシン、キロサイドといった薬と併用することが増えています。

投与中の日常生活

この薬は腎臓に負担をかけるために、脱水症にならないように気をつける必要があります。脱水症になると腎臓に行く血液量が減りますので、腎臓からこの薬の排泄が悪くなります。

この薬剤の血中濃度が高くなると効きすぎてしまいます。そのため、水分を多くとるということが重要です。重篤な腎障害がある場合には、この薬を投与してはいけません。

この薬が、たとえば1日しか投与されてはいけないものが3日も投与されたり、5日投与するという治療内容なのにそれ以上に長く投与されますと、
重篤な腎障害が出ます。その場合、気づいた時点で至急対応しないと、腎臓の機能が戻らなくなることがあります。

タキソテール(一般名:ドセタキセル水和物)

微少感薬剤の中で最も有望

製造・販売元
アベティンス ファーマ株式会社
対象患者
  • 乳ガン
  • 非小細胞肺ガン
  • テキスト
  • 卵巣ガン
  • 胃ガン
  • 頭頸部ガン
用法
静脈内に点滴注射する。1回の点滴に要する時間は1時間。
有効率
後期第二相試験にける有効率(47.2%)乳ガン(21.3%)非小細胞肺ガン(23.8%)卵巣ガン(17.1%)胃ガン(20.6%)
副作用
  • 脱毛
  • 食欲不振
  • 全身倦怠感
コスト
79,910円
禁忌
重篤な骨髄抑制がある患者。感染症を合併している患者。発熱を有し、感染症の疑われる患者。タキソテールまたは、ポリソルベート80含有製剤に対して重篤な過敏症の既往歴がある患者。妊婦または妊娠の可能性のある患者。

タキソテールの紹介

タキソテールは、乳ガン、肺ガン、卵巣ガン、胃ガン、頭頸部ガンによく使われています。単剤でも30~40% の有効率があります。

手足のしぶれがでることがあるので注意する

骨髄抑制が非常に軽く、くり返し投与できることが利点です。一方で、長く使っていますと、手足のしびれなど末梢神経障害が出ることがあります。細かいものを触ったりとか、薄いものをめくったりすることや、キーボードを打つと指が痛いといった症状が出ることがあります。

そのほか、全身倦怠感が強くでることもあります。タキソテールは、「ポリソルベート80」という特別な溶剤にとけています。そのため、1000人に1人ほどの人が、それに対するアレルギー、またはタキソテールに対するショックをおこし、血圧が触れなくなったりすることがあります。

それらの症状を一度おこ患者さんには投与できなくなります。

点滴の時間はとくに時間の制限はありませんが、1時問半ほどかけてゆっくり投与することが多いです。併用する薬の代表例としては、乳ガンではハーセプチンとの併用が現在よく使われています。

肺ガンや卵巣ガンでは、カルボプラチンやプラトシンといった白金製剤、胃ガンでは単独で、頭頚部のガンではやはり白金製剤などで5-FUと併用されることが多いです。

投与中の日常生活

入浴でとくに気をつけることはありません。ただし、タキソテールは投与したときに血管から漏れると、血管の周囲に炎症をおこします。そのようなときには、あまり温めないほうがよい場合があります。

白血球減少が比較的少ないので、食事にはそれほど気をつける必要はありません。飲酒や喫煙も、とくに制限はありません。
手足のしびれなどの神経障害がくることがありますので、階段の上り下りやはげしい運動をするときには気をつけましょう。また串の運転でも、手足の先がしびれていますので、細かい作業をするような串の運転は避けたほうがいいことがあります。

UFT(一般名:テガフール・ウラシル)

おだやかな経口抗ガン剤のひとつ

製造・販売元
大鵬薬品工業株式会社
対象患者
  • 頭頸部ガン
  • 胃ガン
  • 結腸・直腸ガン
  • 肝臓ガン
  • 胆嚢・胆管ガン
  • すい臓ガン
  • 肺ガン
  • 乳ガン
  • 膀胱ガン
  • 前立腺ガン
  • 子宮頸ガン
用法
カプセルまたは顆粒を服用する。
有効率
25.4%(胃ガン)、30.2%(乳ガン)、8.3%(結腸・直腸ガン)、31.0%(頭頸部ガン)など
副作用
  • 食欲不振
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 白血球減少
  • 血小板減少
  • 貧血
  • 肝障害
  • 色素沈着 など
コスト
1,018円
禁忌
  • UFTの成分に対し、重篤な過敏症の既往歴のある患者
  • テガフール、ギメラシル、オテラシルカリウム配合剤投与中の患者および投与中止後7日以内の患者

UFTの紹介

UFTは、結腸・直腸ガンや胃ガンの術後に、日本で最も多く使用されている薬の1つです。術後2週間以上が経過した時点から、術後の再発予防に使われることが多いです。外科の先生方が処方する薬の中で最も多い薬の1つで、毎日2~3回経口投与されます。

安全に長く使うことができる

副作用としては食欲不振や消化管の軽い障害が出ますが、比較的安く、長く使用することができます。また、UFTや5ーFUなどに共通する副作用として、それらの薬に対する過敏症がある患者さんには使用できません。

また長く使用している患者さんの一部に、手と足に色素沈着がおこる「手足症候群」という副作用が出ることがあります。将来的には、「UFT・ロイコポリン併用療法」というのが、代表例として最も使われるようになってくるでしょう。

これはUFTにロイコポリンという薬を併用する療法です。UFTは単剤での有効率は20% から30% と低いため、将来的にはロイコポリンと併用する、もしくはカンプトという薬と併用することが考えられています。またアメリカでは、オキサリプラチンという薬と併用する動いているということが考えられています。

投与中の日常生活

UFTは消化管での比較的軽い副作用があるだけで、日常生活でとくに気をつける点は少ないと思います。入浴や喫煙、車の運転には、とくに気をつける必要はありません。投与の初期に軽い悪心や吐き気がある場合、食事は刺激の少ないものにしたほうがいいと思います。
悪心や吐き気がある場合には、飲酒もひかえたほうが良いでしょう。手足症候群がおきた場合には、日光に過敏になることがありますので気をつけましょう。
手足症候群は5-FUでも副作用がでやすい症状です。

TS-1(一般名:デガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)

日本発の経口の胃ガンに対する抗ガン剤

製造・販売元
大鵬薬品工業株式会社
対象患者
  • 胃ガン
  • 頭頸部ガン
用法
カプセルを服用する。
有効率
46.5%(胃ガン)、34.1%(頭頸部ガン)
主な副作用
  • 白血球減少
  • 好中球減少
  • ヘモグロビン減少
  • 血小板減少
  • 食欲不振
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 口内炎
  • 色素沈着
  • 発疹
  • コスト
    917円
    禁忌
    TS-1の成分に対して重篤な過敏症の既往歴がある患者。重篤な骨髄抑制がある患者。重篤な腎障害がある患者。重篤な肝障害がある患者。ほかのフッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍剤を投与中の患者。フルトシンを投与中の患者。妊婦または妊娠している可能性のある婦人。

    TS-1の紹介

    TS-1は、日本発の経口の抗ガン剤です。胃ガンや頭頸部ガンに用いられていますが、乳ガンや大腸ガンにも保険の適用を拡大するための臨床試験が行われています。

    経口薬としては有効率が高い

    TS-1の成分自体は、5-FUと類似のものの合剤からできています。成分を2つ入れることによって作用を増強しようという試みから合成された薬の1つです。

    一般に、5-FUよりも白血球減少、好中球減少、血小板減少が強く出ることがあります。TS-1は、胃ガンや頭頸部ガンで35% から45% と、経口薬としては有効率が高いので、最近では注目されています。

    TS-1の短所として、肝障害が重篤に出る場合があります。そのため、黄痘のある症例や、肝障害がある場合には、投与が禁忌となります。現在は、ほかの薬と併用するのではなく、この薬だけで治療を行うのが代表的です。将来的には、カンプトやプラトシンなどのような強力な薬と併用して、胃ガンや大腸ガン、乳ガンなどでいっしょに使うとよいのではないかということで、臨床試験が計画されています。

    投与中の日常生活

    入浴については、とくに気をつけることはありません。TS-1を投与している間、口内炎や下痢、悪心、嘔吐がまれに出ることがあります。その場合には、食事を少し控え目にします。
    運動はとくに気をつけることはありませんが、急激にヘモグロビン減少がおきることがありますので、運動量には注意しましょう。
    車の運転、飲酒や喫煙にはとくに問題はありません。ただし肝障害がある場合には、飲酒ができなくなります。