免疫力を支えるミネラル類が豊富「海藻類」

海藻類は食物繊維が非常に多く、便の水分量やかさを増やして腸の掃除をしてくれます。便秘解消に役立つほか、エネルギーが低いので肥満も予防します。そのうえ、体の免疫機能を支えたり、そのパワーを高めるための栄養成分が豊富です。

セレンや亜鉛、ヨウ素などのミネラル類は、不足すると発がんの可能性が高まる成分も多く、これらは一部のがんへの抑制効果があることが実験でわかってきました。海藻類に特有のカロテン類の一種であるフコキサンチンには、強力な抗酸化作用があり、発がんを促すリスクから細胞を守る働きがあります。さらに、動物実験で腫瘍の増殖が抑えられたことが確認され、がん細胞の増殖速度の低下や停止させる効果によってがんを予防することが期待されています。

海藻といえばフコイダンですが、ガンを消滅へと導くフコイダンでも海藻類の強力な抗がん作用について紹介されています。

発がん物質のだけでなく塩分も排出する「きゅうり」

きゅうりは、95%が水分です。カリウムが豊富で、余分な塩分を排出させる働きをもっています。テルペン類のなかでも苦み成分のククルビタシンが多く、発がん物質を無毒化したり、抗腫瘍作用に貢献しています。

ポリフェノール類も含まれ、とくに線色の色素成分であるクロロフィルには、発がん物質を排出する働きがあるとされています。含まれる植物性ステロールによって、発がんを抑える効果や抗腫瘍作用が期待できます。

また、きゆうりにはビタミンCも含まれ、体内での発がん物質の生成を抑え、免疫システムを強化させる働きをもっています。ただし、ビタミンC を破壊するアスコルビナーゼという酵素も含まれていますので、酢やレモン、ドレッシングと組み合わせる食べ方がおすすめです。

がん細胞の増殖を抑制する「カリフラワー」

カリフラワーはブロッコリーから品種改良されたもので、アブラナ科のキャベツの仲間です。これらの野菜に共通して含まれる抗がん作用が期待できるイソテオシアネート、ポリフェノール類が豊富で、ビタミンC 、食物繊維を多く含んでいます。
イソチオシアネートはわさびやだいこんの辛み成分でもありますが、がん細胞を無毒化する強力な作用をもっています。カリフラワーは糖質も含むため、ほんのりとした甘味も特徴です。
また、イオウ化合物を含み、がん細胞の増殖を抑える働きがあるとされています。茎にも含まれているので捨てずに食べましょう。
カリフラワーに含まれるビタミンC は加熱しても壊れにくく、がん化を促すさまざまな物質から細胞を守る働きも期待できます。

発がん物質を解毒する「ブロッコリー」

ブロッコリーの先祖はキャベツで、アブラナ科の野菜です。キャベツ同様にイソチオシアネート、ステロール、インドールなど高いがん予防効果が期待される成分が豊富に含まれています。
また、スルフォラファンには、発がん物質を無毒化したり、それらを体外に排泄させる作用をもつ酵素を活性化する、といったがん抑制作用が発見されています。
この成分は茎にも多いので捨てずに食べましょう。ブロッコリーは、100g当たりのビタミンCが120mgと豊富で、レモン果汁8個分にも相当します。
また、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特徴もあります。ポリフェノールの一種であるケルセチン、βカロテン、ビタミンEといった抗酸化物質も多く、発がんを促す活性酸素の働きを抑えてくれる成分がたっぷり含まれています。

ブロッコリーにはコレステロールを下げる作用もあるので積極的にとりたい食品です。

コレステロールを下げる食品(ブロッコリー)

発がん物質を追い出し免疫力を高める「ピーマン」

各色のピーマンには色素成分であるβ -カロテンをはじめとするカロテン類が豊富です。これらは抽との相性がよく、妙め物などにすると吸収がよくなります。

とうがらしの伸問であるピーマンは、辛み成分であるカブサイシンが多く、発がんのリスクを高めてしまう活性酸素の働きを抑える抗酸化作用が強力です。苦み成分であるテルペン類は発がん物質を無害化する働きをもち、このふたつに高いがん予防効果が期待されています。
また、クロロフィルも含まれ、微生物を用いた実験で遺伝子が傷つくのを防ぐ効果や発がん物質を吸着して排出する働きが確認されています。ビタミンC も多く、体の免疫力そのものを高める効果ももっています。どちらも熟に弱いので、生食や妙め物など加熱時問が短いメニューがおすすめです。

加熱によりさらに効果がアップする「トマト」

トマトはβカロテンが多く、その強い抗酸化成分が細胞のがん化を防いでくれます。トマトの赤い色は豊富に含まれるリコピンによるものです。
リコピンは、カロテン類のなかでももっとも高い抗酸化カをもち、しかも一部のがんの抑制効果が認められています。また、がん細胞の増殖を抑えるシステムのじゃまをする活性酸素から細胞を守る働きももっています。

リコピンは熱を加えると吸収効率が高まるので、生のトマトを焼いたり、スープやシチューに入れるような加熱する料理に使うと効果がアップ。
トマトの旬でない時期には、完熟トマトで作った水煮やジュースを利用してもよいでしょう。ビタミンCも多く、免疫機能を強化し、抗酸化作用ももっています。できるだけ、色の濃い完熟したものを選ぶのがポイントです。

抗酸化ビタミンががんリスクを低下「かぼちゃ」

かぼちゃはββカロテンやビタミンC 、Eの宝庫。これらは抗酸化ビタミンと呼ばれ、体のがん化を促す活性酸素やストレス、免疫機能の低下といったさまざまながんのリスクに対抗するパワーが高い成分です。

カロテノイド全般が多く含まれますが、なかでもβカロテンが豊富。体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を健康に保ちます。また、近年、βカロテンも注目されるようになりましたがこちらも、動物実験で特定のがん細胞数を大幅に減少させたという報告が出ています。
さらに、細胞をがん化させる活性酸素の毒性を打ち消す効果も高いことも明らかになっています。黄色の色素成分には、カロテノイドの一種であるルティンが含まれ、細胞の老化やがん化を防いだり、一部のがんを抑制する働きがあります。

緑黄色野菜に豊富に含まれているルテイン

ルテインは黄色の色素で、緑黄色野菜や果物のほか人間の体にも含まれています。特に目の組織(黄斑部や水晶体)に多く含まれます。
目の機能を強化したり、目の病気を予防するのに役立つということで注目される成分ですが、とても強力な抗酸化作用があって、ガンの抑制などについても有効であることが、近年の研究でわかっています。

強い抗酸化成分力ロテンとリコピンがぎっしり「にんじん」

にんじんにたっぷり含まれているβカロテンは必要に応じて体内のビタミンAに変化し、皮膚や粘膜などの健康を保ち、がんを抑制するメカニズムを維持する働きをもっています。

そのほかのカロテン類も豊富に含まれており、それらは発がんの原因になる活性酸素を撃退する役割をもっています。一般的に使われる西洋にんじんのオレンジ色は、βカロテンがぎっしり含まれている証拠。

また、トマトと同じ赤色成分のリコピンも含まれ、色の赤い金時にんじんはリコピンの含有量が多くなっています。また、αカロテンも豊富で、βカロテン以上の抗酸化力をもつともいわれています。このほか、テルペン類や植物性ステロールといった発がんを抑制する作用が認められた成分も含まれています。

魚の焦げの害をなくしてくれる「大根おろし」

だいこんはアブラナ科の野菜で、辛み成分であるイオウ化合物やイソチオシアネート、メチルメルカブタンを豊富に含んでいます。
これらは切ったり、すりおろすことで酵素が働いて作られます。高い抗酸化カによって細胞のがん化やがんの発生を防ぐので、おろした場合は汁ごと食べるのがおすすめ。

消化酵素であるジアスターゼは、胃壁を守り、消化を助ける役割をもっています。このほか、だいこんおろしには、焼き魚などの焦げた部分に生じる発がん物質の作用を抑えるオキシターゼ酵素やビタミンCも含まれています。

発がんそのものの予防のほかに、体内での発がん物質の作用を抑えるという、ふたっの効果が期待できる食品です。菓の部分には、βカロテンやカルシウムがたっぷり含まれているので、妙めるなどしてぜひ活用しましょう。

ちなみに唐揚げやフライなどに添えられているレモンも同様の効果があります。

1日に1種類は食べたい大豆製品「大豆」

大豆は、植物性たんばく質が豊富。大豆特有の大豆サポニンは血中コレステロール値や中性脂肪値を下げるだけでなく、「抗変異原性」という細胞の突然変異を抑制する働きがあることがつきとめられ、発がんを抑える働きが期待されています。

また、大豆に含まれるポリフェノールの一種、イソフラボンは、骨粗鬆症の予防や更年期障害の予防、改善に効果があるとして注目されています。

また、女性ホルモンとよく似た作用を示すことから、一部のがんへの抑制効果があると考えられています。大豆には、豆腐や納豆、ゆば、豆乳など加工品が多くあります。

それぞれの健康効果はさまざまで、大豆そのものを食べた場合とは異なりますが、大豆サポニンは大豆加工品に多く含まれているので、毎日1種類は食べることがおすすめです。

大豆の様々な効能、効果はこちら。